お茶のつぼ市|ブログ

お茶のつぼ市|ブログ

「「あがり」の語源」 抹茶パウダー・製菓用抹茶はつぼ市

sushi_eye

つぼ市の抹茶パウダー、業務用抹茶は茶鑑定士が厳選した確かな品質のものをお届けします。

つぼ市の抹茶パウダーはこちら

 

 

製造部の三宅です。
お寿司屋さんではお茶のことを「あがり」って言いますよね。
いったいどうしてお寿司屋さんだけ「あがり」って言うのでしょうか。
今回は「あがり」の語源について少し調べてみました。

 

いくつか説があるみたいですが、その中のひとつをご紹介したいと思います。
寿司屋ではお茶のことを「あがり(上がり)」と言う。
本当は一番最後に出されるお茶のことだが、なぜあがりと言うのか。

 

この語源となっているのは寿司屋ではなく江戸時代の遊郭にある。
花柳界、遊郭では客が出入りする際にはお茶を出していた。
一番最初に出すお茶のことを「お出花」、一番最後に出すお茶を「上がり花」と呼んでいた。

 

お茶は「引く」ことに通じ、商売人はこれを避け、同時に華やかさの1つとして言い換えていたと考えられる。
ちなみに寿司屋で使われる湯飲みは大きい。
屋台の寿司屋が主流だった頃、お茶を入れる手間を省くために大きくなっている。

 

またお茶は普通のものより熱く入れられている。
これには冷めにくいと同時に、寿司を食べた後、口の中の脂分を落とすという目的がある。

 

つぼ市の抹茶パウダーはこちら

 

茶寮 つぼ市製茶本舗の情報はこちらから

→ 茶寮つぼ市製茶本舗 堺本館

→ 茶寮つぼ市製茶本舗 浅草店


堺衆文化の会
こども食堂プロジェクト