お茶のつぼ市|ブログ

お茶のつぼ市|ブログ

「ええ!そんなん混ぜるんですか!」  製菓用抹茶はつぼ市

おいしく

つぼ市の抹茶パウダー、業務用抹茶は茶鑑定士が厳選した確かな品質のものをお届けします。
つぼ市の抹茶パウダーはこちら

 

製造部の三宅です。

 

日本の伝統文化とも言える緑茶ですが、
日本では、茶葉を急須で入れる緑茶「リーフ茶」を飲む人が減っています。
一方、海外 では抹茶をはじめ、緑茶がブームで、
アメリカでは特に健康志向の高い消費者の間で人気があります。

 

そんな中、台湾では緑茶を使う変わったドリンクが人気です。
気になるそのドリンクは「ヤクルト緑茶」と言われ、
その名と通り乳製品乳酸菌飲料のヤクルトと緑茶を混ぜ合わせたドリンクですが、
有名ドリンク店「50嵐」を始めとした色々なお店で売られており、
あまりの人気ぶりから商品化されて、
今では台湾のコンビニやスーパーなどにも並んでいます。

 

このヤクルトと緑茶という非常に奇妙な組み合わせのこのドリンクは
いったいどんな味がするのでしょう。

 

作り方はとっても簡単なので実際に作って飲んでみました。

 

【材料】
・緑茶:250ml
・ヤクルト1本
・ガムシロップ(好みで適量)

 

この三つを混ぜるだけなんですが、いくつか注意点があります。
使用する緑茶によって、美味くなったり不味くなったりと全く味が変わりますので、
ポイントとして、甘みのあるまろやかな緑茶を使ってください。
渋みの強い緑茶では不味く感じてしまったりします。

 

そこで今回使った緑茶は、つぼ市の製品で売れに売れている、
【おいしく出せる緑茶ティーパック】です。
国産茶100%使用 1袋で40リットル分と経済的
水出しでも簡単においしい緑茶が作れます。

 

まず緑茶とヤクルトを混ぜて飲んでみました。
何とも言えない奇妙な味・・・うっ・・マズイ

 

次にガムシロップを一つ入れて味を確かめながらもう一つ追加してみると・・・
おおっ!すっきり爽やかな乳製品に大変身!これならイケル!

 

普通に美味しいと思いましたし、これなら日本人の口にも合うかもしれません。
爽やか系なので、朝飲むとすっきりしそうです。
何より健康面で見ても、乳酸菌と緑茶という組み合わせは最強ですね。

 

気になった方はどうぞお試しくださいませ!

 

つぼ市の抹茶パウダーはこちら

 

茶寮 つぼ市製茶本舗の情報はこちらから

→ 茶寮つぼ市製茶本舗 堺本館

→ 茶寮つぼ市製茶本舗 浅草店

 


堺衆文化の会
こども食堂プロジェクト