お茶のつぼ市|ブログ

お茶のつぼ市|ブログ

「お茶のおもしろ話」  抹茶パウダー・製菓用抹茶はつぼ市

matcha-hana_eye

つぼ市の抹茶パウダー、業務用抹茶は茶鑑定士が厳選した確かな品質のものをお届けします。

つぼ市の抹茶パウダーはこちら

 

こんにちは!つぼ市の西野です。
さて、今回は本当か嘘か分かりませんが、お茶にまつわるおもしろいお話を2~3ご紹介したいと思います。

 

まずは、鎌倉幕府の三代将軍源実朝は朝から頭が痛かったそうです。
禅僧の栄西は中国から持ち帰ったお茶を「体にいいですよ」と言って将軍に献上しました。
将軍がお茶を飲むと頭痛が治ってしまったそうです。
将軍のお褒めあずかり、その後お茶を飲む習慣が日本で定着していったそうです。

 

しかし、この時将軍はお酒の飲みすぎによるただの二日酔いで、お茶が二日酔いに効いただけという話です。

 

次に、お茶が高級な遊びになったのは戦国武将が茶道具を収集し、
千利休が洗練された作法を紹介するようになってからです。
本能寺の変で死んだ織田信長ですが、なぜ信長がそのとき本能寺に居たのでしょう。
本能寺でいったい何をしていたのでしょうか?

 

答えは「お茶会をしていた」。
全国から集めた茶道具を見せびらかして喜んでいた。
天下人の信長といえども戦の最中ににお茶会をしていては油断して命を取られても仕方がない。

 

どうでしたか?誠しやかなお話でしょう。

 

つぼ市の抹茶パウダーはこちら

 

茶寮 つぼ市製茶本舗の情報はこちらから

→ 茶寮つぼ市製茶本舗 堺本館

→ 茶寮つぼ市製茶本舗 浅草店


堺衆文化の会
こども食堂プロジェクト