お茶のつぼ市|ブログ

お茶のつぼ市|ブログ

「お茶を世界に」 抹茶パウダー・業務用抹茶はつぼ市

つぼ市の抹茶パウダー、製菓用抹茶は業界トップクラスの衛生管理のもと製造されています。

つぼ市の抹茶パウダーはこちら

 

先日、日本とEUとの経済連携協定(EPA)が大枠で合意に至った。
新聞などでも大きく取り上げられ、これが実現すれば、主な輸入品であるワインやチーズが
今よりも安く手に入るようになり、より他国の文化を味わえる機会が増えることとなる。
最終的には日EU間の貿易品目のうち99%で関税が撤廃と説明されており、
欧州産チーズについては、一部品目で低関税の特別輸入枠を新設し、
15年かけて関税を撤廃していくという。

 

このように関税をとっぱらうことで、自由貿易が広がるわけだが、
逆に懸念も広がっている。
そもそも関税とは平たく言うと、自国の製品を守るための仕組みなので、
競争がある製品については外国製品との競争に負けるという可能性もあり、
その業界にとっては歓迎できるというものではない。

 

ではお茶業界はどうかというと、現在EU圏に対しては3.2%の関税がかかる。
関税が撤廃されれば、日本食ブームもあり、今後、輸出量が増えることが期待される。
一方で、EUでは茶に対する残留農薬の規制が日本とは異なり、
このような規制見直しを求めていくことが課題といえる。
いずれにしても世界は近づいてきている。

 

営業部の野村でした。

 

つぼ市の抹茶パウダーはこちら

 

茶寮 つぼ市製茶本舗の情報はこちらから

→ 茶寮つぼ市製茶本舗 堺本館

→ 茶寮つぼ市製茶本舗 浅草店


堺衆文化の会
こども食堂プロジェクト