お茶のつぼ市|ブログ

お茶のつぼ市|ブログ

「冬の飲み物」  抹茶パウダー・製菓用抹茶はつぼ市

otyaire_eye

つぼ市の抹茶パウダー、業務用抹茶は茶鑑定士が厳選した確かな品質のものをお届けします。

つぼ市の抹茶パウダーはこちら

 

こんにちは、営業部の谷本美花です。
寒くなってきましたね。毎年思うのですが
「ちょうどいい気候だわー」と言いたくなる日々って本当に短い!!
(考えてみれば済んでいる場所によっては全く共感を呼ばない話題ですが・・)

 

私が育った東京も、今住んでいる大阪もだいたい暑すぎるか寒すぎるか雨かという感じで、
「あー!日本住みにくい!私はなぜハワイに生まれなかったのか。
そしてなぜロシアの人は地獄のような気候にあのしっぽ付きのふわふわの帽子だけを心の支えに頑張れるのか。」
と答えようもない疑問と毎年戦っています。

 

私の寒さ対策3種の神器といえば、①ゆたんぽ②貼るホッカイロ③ユニクロのヒートテックです。
この3つがあるのとないのでは冬の生活の質に格段の差がでます。
でも実はこの3つって全て「体を外側から温める」タイプのものですよね。
年を取るにつれ、体は中から温めるべきと気づきはじめ、
最近は「温かいものを飲む」ことの大切さをかみしめています。

 

あったかくてほっとする飲み物・・・・心も身体もほっこりする飲み物といえば・・・そうお茶!

 

でも煎茶をおいしく淹れるには「湯冷まし」が必要といわれていて、
熱湯で淹れるのは間違っている気がするし・・・というお声をたまにお客様に頂きます。
確かにお茶に含まれる苦みや渋みの成分は湯温が80度を超えたあたりから出始めますので、
上級煎茶を熱湯で淹れるのはおすすめしません。

 

しかし!安心してください。熱湯でもおいしく淹れられるお茶って実はたくさんあるんです。

 

・お茶の茎の部分を集めた「茎茶」(白折れ・上折れとも呼ばれます)
・・・茎の部分なので葉よりも苦渋み成分がふくまれておらず、熱湯でもおいしく飲めます。
・ほうじ茶・・・ほうじ茶の淹れ方は「熱湯30秒」たった5文字で淹れ方を説明できてしまうお茶。リラックス成分も含まれています。
そのほかにも番茶、中国茶、紅茶など、熱湯で淹れられるおいしいお茶は枚挙に暇がありません。

 

つぼ市の抹茶パウダーはこちら

 

茶寮 つぼ市製茶本舗の情報はこちらから

→ 茶寮つぼ市製茶本舗 堺本館

→ 茶寮つぼ市製茶本舗 浅草店


堺衆文化の会
こども食堂プロジェクト