お茶のつぼ市|ブログ

お茶のつぼ市|ブログ

「八十八夜」  抹茶パウダー・製菓用抹茶はつぼ市

chaba_eye

つぼ市の抹茶パウダー、業務用抹茶は茶鑑定士が厳選した確かな品質のものをお届けします。

つぼ市の抹茶パウダーはこちら

 

こんにちは!西野です。
気持ちの良い季節になりましたね。
今回はまさしく5月2日、八十八夜についてお話したいと思います。

 

「茶摘み」という歌をみなさんご存知ですよね?
「夏も近づく八十八夜~」という歌いだしの唱歌です。
八十八夜というのは立春から数えて88日目、文字通りの八十八夜です。

 

「米」という漢字を分解すると八十八になることから、
農業に携わる人にとっては大変重要な日とされてきました。
歌の歌詞にもあるように、まさしく「野にも山にも若葉が茂る」頃です。
若葉が茂るという歌詞からも分かるように春から夏に移る時期に当たり、
八十八夜を迎えたら夏の準備を始めます。

 

昔は八十八夜を目安に種まきなどをしていたそうです。
現在においても農家では、霜よけのよしずを取り払ったり、
苗代の籾巻きを始めるというような慣わしを行っているところもあるようです。
また、農作業の開始を祝うだけでなく、瀬戸内海では豊漁の続く時期としての
「漁の目安」とされたり、沖縄ではトビウオ漁の開始の時期ともされていたそうです。

 

このように、農業だけでなく、漁業においても重要な節目とされてきました。
さて、この八十八夜前後はお茶屋にとっても大変忙しい時期で、
年間のお茶の仕入れや新茶販売で多忙を極めます。

 

つぼ市の抹茶パウダーはこちら

 

茶寮 つぼ市製茶本舗の情報はこちらから

→ 茶寮つぼ市製茶本舗 堺本館

→ 茶寮つぼ市製茶本舗 浅草店


堺衆文化の会
こども食堂プロジェクト