お茶のつぼ市|ブログ

お茶のつぼ市|ブログ

「和食ブーム」 抹茶パウダー・業務用抹茶はつぼ市

syokuji_eye

つぼ市の抹茶パウダー、製菓用抹茶は業界トップクラスの衛生管理のもと製造されています。

つぼ市の抹茶パウダーはこちら

 

 

今、「和食」がブームだ。
2013年に「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されたことをきっかけに、世界的な関心を高めている。
近年、訪日外国人が右肩上がりで増え続けているのは、

この「和食」を食べることを旅のひとつの目的にしているからだ。

 

今回は日本にとって唯一無二の「和食」について話をしようと思う。

 

「和食」とは、日本でなじみの深い食材を用い、
日本の風土の中で独自に発達した料理 であり、日本風の食事を「和食」と呼ぶ。
日本には四季があり、それぞれの旬にあった新鮮な食材を使うことで、食べるだけではない、

自然と調和した季節感をも楽しむことができる。

 

ヘルシーなのも理由にひとつだ。
一汁三菜を基本とする食事形式は理想的な栄養バランスを保っている。
また「旨み」という日本の食文化の中で生まれた味覚が、
肥満防止や長寿に一役かっていると言われている。

 

このように魅力的な要素がたくさんある「和食」だが、
遺産として登録された言葉のとおり、日常のものではない、
過去のものになってしまう可能性を大いに潜めている。

 

現在、日本の食生活は、欧米化が進み、結果、米の消費量が年々減少傾向にある。
また家族構成や地域などの生活環境の変化などにより、大勢で食卓を囲むことも少なくなってきた。
便利なものが増え、昆布や鰹から出汁をとらなくても、十分おいしいものが食べられる世の中だ。

 

今、「和食」がブームだからこそ、こういった現状に向き合う必要があるのではないか。
お茶も「和食」と密接な関係にあるもの、日本独自の文化から生まれたものを
これからも生活の中で感じ、大切にしていかなければいけないと思う。

 

つぼ市の抹茶パウダーはこちら

 

茶寮 つぼ市製茶本舗の情報はこちらから

→ 茶寮つぼ市製茶本舗 堺本館

→ 茶寮つぼ市製茶本舗 浅草店

 


堺衆文化の会
こども食堂プロジェクト