お茶のつぼ市|ブログ

お茶のつぼ市|ブログ

「山上宗二」  抹茶パウダー・製菓用抹茶はつぼ市

soji-_eye

つぼ市の抹茶パウダー、業務用抹茶は茶鑑定士が厳選した確かな品質のものをお届けします。

つぼ市の抹茶パウダーはこちら

 

こんにちは。
営業部の徳尾野です。

 

皆さん、山上宗二という人をご存知でしょうか?
宗二は、利休の一番弟子で約20年間、利休に師事したと言われています。
利休の教えを書物に著した「山上宗二記」は、
後の世に利休の言葉や考えを伝える大変貴重な書物だそうです。
皆さんもよくご存知の「一期一会」という言葉。
これは、山上宗二記の中の記述を元にして出来た言葉だとのこと。
(実際に、この四字熟語を初めて使ったのは桜田門外の変で名を知られる井伊直弼だとか)

 

茶人として、とても優秀だった宗二ですが、口が悪く、その口が災いして秀吉の怒りを買い、
耳と鼻を削がれた上に首を切られるという凄惨な最期を遂げました。

 

後の世に利休の精神を伝えるという大きな功績を残したにも関わらず、
長い間、誰にも供養されないままだった宗二に弊社の前会長が注目し、
2007年に利休ゆかりの寺、南宗寺の天慶院に供養塔を寄贈しました。

 

それ以来、毎年、宗二の命日である4/11前後には天慶院で「山上宗二忌」を行っています。
法要をとり行い、彼の業績に思いをはせて茶文化についての講演を聴き、
最後に皆でお抹茶をいただくという、堺がお茶文化に深い関わりがあることを感じさせるイベントです。

 

つぼ市は毎年、このイベントに協力しており、私もここ数年、お手伝いさせていただいています。
講演は正直なところ、勉強不足の私にはチンプンカンプンですが、
お抹茶をいただく時のほんわりした雰囲気がとても好きです。
服装や作法にはこだわらず、とてもリラックスして
皆が笑顔でお抹茶をいただける時間です。
今年も60人以上の方が一同に会してお茶を楽しんでおられました。

 

開催前にはつぼ市のHPの新着情報で案内しますので、
皆さんも来年は是非、ご参加ください。

 

つぼ市の抹茶パウダーはこちら

 

茶寮 つぼ市製茶本舗の情報はこちらから
→ 茶寮つぼ市製茶本舗 堺本館
→ 茶寮つぼ市製茶本舗 浅草店


堺衆文化の会
こども食堂プロジェクト