お茶のつぼ市|ブログ

お茶のつぼ市|ブログ

「日本の喫茶文化」  抹茶パウダー・業務用抹茶はつぼ市

hyosi-eye

つぼ市の抹茶パウダー、製菓用抹茶は業界トップクラスの衛生管理のもと製造されています。

つぼ市の抹茶パウダーはこちら

 

皆さんこんにちは。
総務部の日比野です。毎日暑い日が続いています。
本格的な暑さはこれからです。しっかり食べて、忘れず水分補給。
頑張って夏を乗り切りましょう。

 

私が日本茶インストラクターになった年に、
日本茶インストラクター協会の関西ブロック全体の講習会に参加した事がありました。
日本茶の歴史の講義を受けた時に、
講師の先生が「日本の喫茶文化は約400年ごとに3回新しくなっている。
ひょっとして東京オリンピックの頃に4回目の新しい喫茶文化が出てくるかも…」と
話されていたのがとても印象に残りました。

 

一度目が平安時代、西暦800年代初め。
二度目が鎌倉時代、西暦1100年代末期。
三度目が江戸時代、西暦1600年代後半。
(詳細は、以前このブログで営業部の徳尾野が書いていますので、そちらをご覧下さい。)

 

西暦2000年過ぎの現在、本当に新しい喫茶文化が出てくるかもしれないし、
出てこないかもしれません。
今後どうなっていくのか、しっかり見届けたいと思います。
東京オリンピックの時には、美味しい日本茶をいろんな国の人に飲んでもらいたいです。
もちろん日本の人にも。

 

つぼ市の抹茶パウダーはこちら

 

茶寮 つぼ市製茶本舗の情報はこちらから

→ 茶寮つぼ市製茶本舗 堺本館

→ 茶寮つぼ市製茶本舗 浅草店


堺衆文化の会
こども食堂プロジェクト