お茶のつぼ市|ブログ

お茶のつぼ市|ブログ

「松尾芭蕉とお茶」  抹茶パウダー・製菓用抹茶はつぼ市

chaba_eye

つぼ市の抹茶パウダー、業務用抹茶は茶鑑定士が厳選した確かな品質のものをお届けします。

つぼ市の抹茶パウダーはこちら

 

こんにちは つぼ市の西野です。
さて、今回は松尾芭蕉とお茶について書いてみたいと思います。

 

駿河の国と言えばお茶ですよね!
広沢虎三の浪曲に、「旅ゆけば駿河の国に茶の香り」と言う一節が有りますが、
この文句は、松尾芭蕉の有名な俳句の「駿河路や はなたちばなも 茶のにをひ」を題材にしております。

 

元禄7年(1694)、松尾芭蕉は江戸をたって東海道を京に向かいます。
しかし途中で大井川の川止めに遭い、島田で4泊しました。
その時、友人への手紙に添えて贈ったのがこの俳句だと言われています。

 

意味は、「さすが駿河は茶の産地である。香りの強いたちばなさえも茶の香りにはかなわない」という事です。
さて、この茶の香りと言うのは新茶の香りだと解釈しておりますが、
松尾芭蕉がこの句を詠んだのは旧暦の5月中頃でした。
太陽暦に換算すると6月初め頃になります。
新茶の時期はすでに終わっています。

 

ではたちばなの香りすら圧倒するという茶の香りとはいったいどんな匂いだってのでしょうか。
この時代は、ほとんどが生葉を釜で炒り、筵の上で揉んでから天日干しをしておりました。
お茶を炒るので、非常に香ばしく、いい香りがします。
松尾芭蕉がかいだ茶の匂いは、釜炒り茶の強い炒り香であったと推測されます。

 

つぼ市の抹茶パウダーはこちら

 

 

茶寮 つぼ市製茶本舗の情報はこちらから

→ 茶寮つぼ市製茶本舗 堺本館

→ 茶寮つぼ市製茶本舗 浅草店

 


堺衆文化の会
こども食堂プロジェクト