お茶のつぼ市|ブログ

お茶のつぼ市|ブログ

「茶の湯入門」  抹茶パウダー・業務用抹茶はつぼ市

okeiko_eye

つぼ市の抹茶パウダー、ほうじ茶パウダー、製菓用抹茶は業界トップクラスの衛生管理のもと製造されています。

つぼ市の抹茶パウダーはこちら

 

こんにちは。営業部の野村です。2017年最後の更新です。

 

月に一度、お茶のお稽古させて頂いてる縁もあり、
先生より生玉神社で開かれる茶会の手伝いに呼んで頂きました。
着物に袴、それに足袋、普段したことがない服装に身を包み、いざお手伝いです。
この日の私に与えられた役割は「お運び」というものでした。

 

茶会の席に20人以上のお客がいらっしゃるときは、
亭主が一人で全員のお茶を振舞うことは時間と手間が大変なため、
正客、次客のお茶は亭主が点て、三客以下は水屋で点てたお茶を持ち出して
差し上げます。

 

この際に、水屋からお茶を運び出す役割を「お運び」といいます。
今回は一度に約40名というお客を広間に通しての茶会のため、
お運びはフル稼働です。
事前にお稽古をつけて頂きましたが、
慣れない着物、慣れない環境、そして極度の緊張で、失敗の連続でした。
歩き方、座り方、おじぎ、立ち方、他のお運びの方の動きを見ながら
真似してみるものの、ぎこちなさはそうそうなくなるものではありません。

 

うまくいかないことだらけで、くじけそうになりましたが、
回数をこなすことで、少しずつ立ち振る舞えるようになりました。

 

お運びひとつとっても型があり、反復して身体で覚え、
これを積み重ねることで、精神が育つのだと感じました。
茶の湯のお稽古は「形より入り心に至る」というそうです。

 

茶の湯はとても奥が深く、日本文化を知るうえで非常におもしろいものです。

 

立礼という椅子に座って開かれる茶会もあります。
いっしょに茶の湯に入門してみませんか?

 

つぼ市の抹茶パウダーはこちら

 

茶寮 つぼ市製茶本舗の情報はこちらから

→ 茶寮つぼ市製茶本舗 堺本館

→ 茶寮つぼ市製茶本舗 浅草店


堺衆文化の会
こども食堂プロジェクト