お茶のつぼ市|ブログ

お茶のつぼ市|ブログ

「茶殻の利用」  業務用抹茶はつぼ市

つぼ市の製菓用抹茶、抹茶パウダーは業界トップクラスの衛生管理のもと製造されています。

 

こんにちは。総務部の日比野です。
今回は茶殻の利用について書かせていただこうと思います。

 

まず思いつくのが茶殻を使ったお掃除です。
今は畳のある家が少なくなってきていますが、1970年代、私が子供の頃、
祖母は掃除機を使わずに水気がなくなるまで絞った茶殻を畳にまき、
箒で掃いていつもお掃除していました。
夏休みや春休みなど小学校が長期のお休みの時には、
私も畳に茶殻をまいてお掃除のお手伝いをした思い出があります。

 

水気を含んだ茶殻に埃が吸着し、お茶に含まれるカテキンに抗菌作用があるので、
畳も汚れにくくなるのだと思います。
数十年前にはカテキンという単語もカテキンの効果・効能も現在のように知られていなかったのに… おばあちゃん、さすが!です。

 

それから、「食べる」です。
昨年、日本茶インストラクター協会の大阪支部の皆さんと
京都の宇治田原に行った時にお料理教室があり、
教えていただいた「茶殻で作るふりかけ」のレシピをご紹介させていただこうと思います。
とても簡単に作れます。

 

玉露や上級煎茶など柔らかいお茶っぱを使いましょう。
<材料>
茶殻40g(茶葉10g分位) ちりめんじゃこ10g いりごま3g 酒大さじ1.5
しょうゆ大さじ1弱 みりん大さじ1弱 
<作り方>
①茶殻はスプーン等で押してよく絞っておく(←これポイントです)
②いりごま以外の材料を小鍋に入れ、焦げないように炒り煮にする。
③水気がなくなったら、いりごまを混ぜて出来上がり
 ※あたたかい白ご飯にのせたり、オニギリにしたり…とてもおいしいですよ。食べ過ぎに注意です!

茶寮 つぼ市製茶本舗の情報はこちらから

→ 茶寮つぼ市製茶本舗 堺本館

→ 茶寮つぼ市製茶本舗 浅草店


堺衆文化の会
こども食堂プロジェクト