お茶のつぼ市|ブログ

お茶のつぼ市|ブログ

新茶の季節です!

shincha

つぼ市の製菓用抹茶は業界トップクラスの衛生管理のもと製造されています。

 

こんにちは。つぼ市製茶の平松です。

 

みなさん今年も新茶を飲みましたか?八十八夜頃(2016年は5月1日)に摘んだ新茶を飲むと長生きすると言われていて、新茶は不老長寿の縁起物として古くから重宝されてきたといいます。この時期の新茶は若々しい香りと旨みたっぷりの格別な味わいです。お茶メーカーにとってこの季節は、1年で最も気合の入る季節です。

 

4月から仕入担当は茶産地に仕入れに向かい、来年の新茶時期までお客様にお届けするお茶を年間分仕入れます。常に安定した品質でお客様に喜んでいただけるよう1日に何十、何百のお茶を鑑定し仕入を行っております。仕入担当が入札したお茶を弊社の工場にて仕上げをしております。特に焙煎という火を入れる工程においては江戸時代より引き継がれた職人技です。弊社ではお茶の味わいや香りを最大限に引き出す後火仕上げを行っており、火入れ職人がその日の気温や湿度に応じて火を入れお届けします。

 

いっぱいのお茶を通じて一人でも多くの方に安らぎや和を感じて頂けるよう頑張って参ります。

 

茶寮 つぼ市製茶本舗の情報はこちらから

→ 茶寮つぼ市製茶本舗 堺本館

→ 茶寮つぼ市製茶本舗 浅草店

 


堺衆文化の会
こども食堂プロジェクト