̂‚ڎsb̎T

お茶のいれ方

・煎茶
一般的に、80℃~90℃ぐらいのお湯を使います。一度沸騰させたお湯を、冷めた湯のみに注ぐと、温度が下がるので、1、2回ひと休みさせたお湯を注ぐと渋みや苦味の少ないまろやかな味を楽しめます。
茶葉の量はお茶の種類によって違いますが、1人分は3g(軽く大さじ1杯)ぐらいの茶葉で、150~200mlぐらいのお湯が目安です。5人分ほどいれていただくときは、10g(大さじ2杯)ぐらいの茶葉に400~500mlぐらいのお湯で1~2分ほど出すのが目安です。

 

・玉露
玉露は旨みをよりしっかりと出すために、低い温度でじっくりと出すのが大切です。お湯の温度は60℃以下(人肌ぐらいに冷ましておくのがベスト)または氷水でいれても旨みがしっかりと出ます。茶葉の量は6g(山盛り大さじ1杯)ほどで50~70mlぐらいのお湯で2~3分ほど出すのが目安です。

 

・ほうじ茶・玄米茶・番茶
ほうじ茶・玄米茶・番茶は香りをしっかりと出すために沸きたてのお湯を使うのがオススメです。
茶葉は多めに使うほうが美味しくいれやすいので、大さじ1杯分ぐらい(茶葉が大きいので山盛りすくう)の茶葉で200mlぐらいのお湯で30秒~1分ほどが目安です。5人分ほどいれていただく時は、15g(大さじ3杯)ぐらいの茶葉に600~700mlぐらいのお湯で出すのが目安です。


堺衆文化の会
こども食堂プロジェクト