堺市シティプロモーション

利休の一期一会料理

堺茶の湯条例で話題のお茶、「どうぞお召し上がり」ください。

堺が育んだ喫茶文化。つぼ市製茶本舗のお茶を使った、食べる“お茶の料理”と“おもてなし”をお楽しみ下さい。
堺市シティプロモーション

利休の
一期一会料理

堺茶の湯条例で話題のお茶、「どうぞお召し上がり」ください。

堺が育んだ喫茶文化。つぼ市製茶本舗のお茶を使った、食べる“お茶の料理”と“おもてなし”をお楽しみ下さい。
9cd65d1f76511db8346527b629ed8e9a_m.jpg img20190115131710085755.jpg img20190131133838149762.jpg _07c5731.jpg cafe_14.jpg img20190221125633852025.jpg

利休の一期一会料理とは

堺は、町衆の喫茶文化を育んだ千利休のふる里
国際貿易を担った時代から綿々と受け継がれるお茶の文化が漂う街

堺は、千利休(せんのりきゅう)のふる里として有名ですが、中世では世界の貿易都市であり、千利休だけでなく、他にも優れた茶人である、今井宗久(いまい そうきゅう)、津田宗及(つだそうぎゅう)、山上宗二(やまのうえそうじ)らが活躍した舞台です。
彼らがこの堺の地で育んだ“喫茶文化”こそが、今では当たり前となった、万人が楽しめるお茶文化の始まりであり、新しい形の「人と人とのコミュニケーション」の一つとなりました。
 
堺には、この茶の湯を楽しむ文化が連綿と受け継がれており、現代でも様々な茶会やお茶を楽しむ催しが行われています。2018年10月1日には、堺茶の湯まちづくり条例も制定されました。
 
今回、利休が残したといわれる言葉“一期”を解釈し、創業嘉永三年(1850年)の老舗、つぼ市製茶本舗のお茶を使用した料理を各店に創作してもらい、お茶の新しい一面を“食べるお茶”という形で表現しました。
 
また、その“一期”と“食べるお茶”を茶人たちの活躍した堺の地で楽しむことで、より一層お茶を楽しんで頂こうと企画した料理です。

千利休

堺市博物館蔵

二人の天下人、信長と秀吉に仕えた茶道千家流の始祖、千利休。
彼の生家は、戦国時代の和泉国・堺の商家「魚屋(ととや)」という豪商の家でした。

父は高尚な商人。その当時の堺は、戦国時代にも関わらず大名に支配されない、商人が自治をおこなう小さな独立都市でした。
当時の商人は、優れたビジネスマンでもあり、優れた文化人でもありました。
利休は、茶の湯の世界に、禅思想から「不足の美」(不完全だからこそ美しい)という考えを採り込み、“侘び”(枯淡)を求めました。
 
秋に庭を掃除していた利休は、落ち葉をきれいに掃き終えると、最後に集めた落ち葉からひとつかみとり、バラバラと庭に撒きました。
「せっかく履いたのにどうして?」と人が尋ねると「秋の庭には、少しくらいの落ち葉があるほうが自然で良いものです」と答えた逸話が語られています。

天皇から「利休」の号を賜った(それまでは宗易)ほど、権力の中枢にいた人が求めた“侘び”(枯淡)とは、どんなものだったのか、利休のふる里「堺」で感じてみるのも一興ではないでしょうか。

一期一会

千利休が説いたとされる茶の湯の心得「路地ヘ入ルヨリ出ヅルマデ、一期ニ一度ノ会ノヤウニ、亭主ヲ敬ヒ畏ベシ(山上宗二記より)」。
「一期一会」の言葉とは、江戸幕府の大老で茶人の井伊直弼が、利休の生涯を良く体得し著書(茶湯一会集)に残した言葉です。

その中では「何度も同じ人と茶会で同席することがあっても、この茶会は一生に一度の茶会だから、二度と同じ時に戻ることはできない。
だから心を尽くさなくてはならない」
と述べています。 
親子、夫婦、友達同士でも、この日1日が一期一会。
共に過ごすこの1日が一生に一度の機会。
そんな大切な日に、利休の一期一会料理を堪能するのはいかがでしょうか。

堺と喫茶文化

 

時は遡ること戦国時代。日本各地が戦地となり、争いが絶えない時代。
数多くの武将が闊歩するなか、堺は自治都市として繁栄しており、それは国際貿易で莫大な利益を生み出した堺の商人達によって実現しました。
そんな商人達に広まった「茶の湯」は、時の権力者、織田信長、豊臣秀吉たちを巻き込み、江戸時代を通して「茶道」へと変化していきました。

大茶人を訪ね ~堺のお寺~

天慶院

南宗寺にある天慶院は千利休との関係が深く、堺の菩提寺で、「全堺詳志(ぜんかいしょうし)」によれば「利休、堺住居ノ時、此庵ノ檀家ナリ」と明記されており、千家初期の菩提所と考えられています。利休の高弟である山上宗二の供養塔もあり、大茶人達を偲ぶことができます。
また、武野紹鴎好み茶室「大黒庵」は、円窓や貴人口(腰をかがめずに出入りできる)を設けた貴重な茶室。一般公開されておらず、春と秋の限定公開のみ。
 

妙法寺

境内には千利休最初の茶の師匠、北向道陳の墓碑があります。北向道陳は千利休の「侘び茶」にも少なからぬ影響を与えているとされています。祥月命日にあたる毎年118日に「道陳忌茶会」を催しています。
 

妙國寺

日本唯一の蘇鉄の枯山水庭園が有名な妙國寺。境内の大蘇鉄は国指定の天然記念物。千利休寄贈の「瓢箪型手水鉢」や「六地蔵灯篭」を観ることができます。

img-1.jpg img-2.jpg img-3.jpg img-4.jpg img-5.jpg img-6.jpg img-7.jpg img-8.jpg

利休の一期一会料理

茶寮 つぼ市製茶本舗
堺本館
 
ホテル・アゴーラ リージェンシー堺
オールデイダイニング&ラウンジ
ザ・ループ
すし半
深井店

茶寮つぼ市製茶本舗
堺本館

利休のふる里、堺に嘉永三年創業
本物のお茶のおもてなしを

百六十有余年という長きにわたり、お茶を作り続けてきた「つぼ市製茶本舗」が、“お茶と和”を提案する和カフェ「茶寮つぼ市製茶本舗」。
利休が活躍した時代、堺は、堺町衆と呼ばれる商人の町でした、そのような風土の中で、時代を超えてのれんを守り続ける事ができたのも、ひたむきにお茶づくりに専念してきたからだと確信しております。
そんなつぼ市が用意する食べるお茶の代表格「茶粥」で、懐かしくも新しい味をお楽しみください。

img20190304140412127344.jpg img20190131134826437401.jpg 20181205_fb_ski.jpg _o1c4905.jpg _u0a7182.jpg _o1c4930.jpg img20190131134400021999.jpg   
 
利休プレミアム煎茶粥セット
(土・日・祝のみの提供となります)

 
店舗情報

ご注意

※利休の一期一会料理「利休プレミアム煎茶粥セット」は、土・日・祝のみの提供となります。

※料理内容は、予告なく変更する場合があります。

所在地

〒590-0934 大阪府堺市堺区九間町東1丁1-2

電話

072-227-7809

営業時間

物販/ 10:3018:00
喫茶/11:00~18:00(ラストオーダー17:30)

URL

http://www.tsuboichi.co.jp/saryo

定休日

火曜、年末年始( 1231日、 11日、 12日)
※火曜が祝祭日の場合は通常通り営業いたします


ホテル・アゴーラ リージェンシー堺
オールデイダイニング&ラウンジ ザ・ループ

洗練されたホテルの味を気軽に楽しめるオールデイダイニング。

千利休の郷でありお茶の街でもある「堺」。
堺のランドマークホテルとしてご宿泊されるゲストへ食を通して堺らしさを体験いただきたいとの思いから、朝食ビュッフェのメニューとしてお茶を使ったアイテムをご用意いたしました。
国内各地から堺を訪れるゲストのみならず、海外からのお客様に対して堺らしさを、お茶を使った朝食メニューに変えて伝えていきます。

img20181217161855201719.jpg img20181217161854274606.jpg img20190221130522985938.jpg img20181217161852281845.jpg img20190221130522971653.jpg   
緑茶のシロップゼリー
緑茶のライスプディング
 
抹茶のロールパン
 

 
店舗情報

ご注意

※利休の一期一会料理は、朝食ビュッフェ(6:30~10:00)のみの提供となります。

※料理内容は、予告なく変更する場合があります。

所在地

〒590-0985 大阪府堺市堺区戎島町4-45-1 ホテル・アゴーラ リージェンシー堺 1F

電話

072-224-1121(代表)

営業時間

6302200L.O.2130
◎朝食ビュッフェ 6:30~10:00

URL

http://www.agoraregency-sakai.com/restaurant/theloop/index.html

定休日

年中無休
※メニュー内容は季節により変更になる場合がございます。
※席数は170席 全席禁煙


すし半
深井店

四季折々の素材を使った和食料理をご提供しております。

和食鍋処すし半は関西に13店舗。利休の愛した堺にも 40年近くお店を構えております。ものの始まりなんでも「堺」で、今までありそうでなかったお茶の楽しみ方や美味しさを 和食を通じて すし半深井店より発信していきます。

img20190107131229445864.jpg img20190107131233027426.jpg   

お茶の葉彩々膳
(〆はお茶漬けで)

魚の蒸し物

煎茶と季節の魚を一緒に蒸したヘルシーな一品です。
茶葉の美味しさを丸ごとお楽しみください。

玉露の佃煮

煎茶の中でも高級な玉露を佃煮にしました。玉露のうまみと深いコクが味わえる贅沢な佃煮です。 茶葉丸ごとだから、たくさんの栄養成分を摂取できます。ダイエットや美容効果・アンチエイジングにすぐれたお茶を丸ごと美味しくお召し上がりください。

茶天ぷら

天ぷらの衣にお茶の葉を混ぜて、さっくりと仕上げました。(天ぷらなしも選べます)お茶の香りがほのかに広がります。おススメは抹茶塩で。

小鉢
季節の皿
茶碗蒸し
ごはん

玉露の佃煮と五色あられをトッピングして、〆にちょっと贅沢なお茶漬けをどうぞ!

漬物
汁物・お茶漬け用煎茶

 

鯛と玉露のにぎり寿司膳

玉露佃煮の軍艦と鯛のにぎり

玉露佃煮と鯛のにぎりのコラボレーション。和がたくさん詰まったお寿司。

茶天ぷら

天ぷらの衣にお茶の葉を混ぜて、さっくりと仕上げました。お茶の香りがほのかに広がります。おススメは抹茶塩で。

そば小鍋
季節の小鉢
茶碗蒸し 

  店舗情報

ご注意

※料理内容は、予告なく変更する場合があります。

所在地

〒599-8273 堺市中区深井清水町3793

電話

072-279-5592

営業時間

月〜金:11:00〜15:30/17:00〜23:00

土日祝:11:00〜23:00

URL

https://www.sushihan.co.jp

定休日

年中無休


堺市シティプロモーション認定事業

この利休の一期一会料理プロジェクトは、堺市シティプロモーション認定事業です。