お茶のつぼ市|新着情報

認定NPO法人「児童虐待防止協会」のサポート活動

2019/08/29

認定NPO法人「児童虐待防止協会」のサポート活動

つぼ市製茶本舗では、認定NPO法人「児童虐待防止協会」のサポート活動をさせて頂いております。
協会の“虐待から子どもを救い、親を援助する”という趣旨に深く賛同し、継続した広報支援団体として協力しております。(協会ホームページhttp://www.apca.jp/

育児で悩まれているお母さんが、日頃の生活の中で“すぐに目に留まる様に”と、お茶パッケージに、「子どもの虐待ホットライン(相談電話番号)」を記載し、また商品をお買上げ頂いた金額の一部を協会に寄付するという支援活動です。

つぼ市が掲げる“お茶と、人と、人と。”— 安らぎの生活の中でお茶を飲んでほしい。
これを実現するために、もし不安を抱えたままのお母さんが、お茶をいれてもひと息つけるはずがない。子どもたちが笑顔になることはない。
そんなお母さんと子どもの不安を、すこしでも軽減できるようにと、つぼ市と協会が話し合い、お茶パッケージに掲載しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


堺衆文化の会
こども食堂プロジェクト

お茶のつぼ市|販売店舗のご案内

「茶寮つぼ市製茶本舗 NODATE(のだて)」がOPENします!

3月22日の「日本食糧新聞」に、3月に新発売のつぼ市の商品「野菜パンケーキミックス」と、つぼ市の和カフェである茶寮の「茶寮つぼ市製茶本舗 NODATE」の記事が掲載されました。

 

「野菜パンケーキミックス」は、ママの愛情シリーズとして、ママの“食べさせたい”と、お子様の“食べたい”を両立させた、栄養も摂れる安心安全のパンケーキミックスです。

 

また、「茶寮つぼ市製茶本舗 NODATE」は、「無印良品イオンモール堺北花田」(大阪府堺市)に、茶寮つぼ市製茶本舗のこだわりが詰まった、本格お茶カフェメニューを手軽に楽しめるカフェブースとしてを2月27日、オープンしました。

 

このつぼ市新トピックス2点が掲載されました。

 

 

一部の記事は日本食糧新聞Web版でも読んでいただけます。(全文は日本食糧新聞の会員のみ)

 

■野菜パンケーキミックス

https://news.nissyoku.co.jp/news/fujibayashi20210308031137665

 

■茶寮つぼ市製茶本舗 NODATE

https://news.nissyoku.co.jp/news/fujibayashi20210308031604128

 

___________________

 

堺市にキャンパスを構える大阪府立大学。

同大学のノベルティ商品として、辰巳砂(たつみさご)学長自ら厳選された

「特選抹茶」と、堺の世界遺産、百舌鳥・古市古墳群を応援する、

「煎茶・ほうじ茶のティーバッグ」が誕生しました。

 

お茶を嗜まれる学長が、千利休のふるさとである堺にゆかりのあるお茶と、

世界遺産の百舌鳥古墳群をモチーフとした、オリジナルノベルティを企画

されたことがきっかけで、今回、つぼ市とコラボレーションすることとなりました。

 

※本品は非売品です。

 

 

大阪府立大学の詳細は コチラ

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

___________________

 

 

茶寮つぼ市製茶本舗 NODATE(のだて)が、無印良品AEONモール堺北花田にOPENします。

2月27日(土)、無印良品のリニューアルオープンに際して、フードコート内につぼ市の店が登場します!

是非、ご来店ください。

 

 

 

詳細は下記サイトへ

http://ryohin-keikaku.jp/news/2021_0219.html

_____________________________________

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

——————————————————————————————————-

 

つぼ市のことがSENSHU Heartland of Japan のサイトに掲載されました。

このサイトは、KIX泉州観光局が観光客に泉州の魅力を紹介しているサイトです。

大阪の南部に位置する泉州地方は、都市部に比べていくぶんゆるやかに生活しています。

この為、観光客はとてもたくさんのことを楽しむことができ、

SENSHU Hartland of Japanは、様々なアトラクションを紹介しています。

また、サイト内には「お茶」のことや、「つぼ市と茶寮」の記事も掲載されています。

是非、ご覧ください。(英語版になります)

トップページ: https://visitsenshu.com/

お茶の記事: https://visitsenshu.com/about_senshu/8stories/tea

茶寮の記事: https://visitsenshu.com/sightseeing/gourmet_food_wine/traditional-roots-of-tea-ceremony-in-sakai

 

 

Our article was published on the website SENSHU Heartland of Japan.

This site that introduces the charm of Senshu for visitors by KIX Senshu tourism bureau.

Although Senshu is south part of Osaka, life is a little more relaxed compared to the big city.

Visitors can enjoy so many things and SENSHU Hartland of Japan introduce various attractions of Senshu.

In this site also posted article ”Tea” and ”Tsuboichi Saryo”.

URL: https://visitsenshu.com/

Tea article: https://visitsenshu.com/about_senshu/8stories/tea

Saryou article: https://visitsenshu.com/sightseeing/gourmet_food_wine/traditional-roots-of-tea-ceremony-in-sakai

 

————————————————–

 

 

あべのハルカス近鉄本店のタワー 館地1階 、

「あべのフード・シティ」洋菓子・和菓子売場にて、

近鉄本店 の人気 ショップ とつぼ市製茶本舗がコラボした

特別なスイーツが登場です!!

 

各 ショップ 様がそれぞれの個性を発揮され、

ひと クラス上の味と香りで、つぼ市自慢の「香利休のほうじ茶」を

チョコレートと合わせてくださいました!

 

どのスイーツも 、一番摘みの浅煎りが特徴の「香利休のほうじ茶」の

新しい味わいを見事に表現して下さってい ま す!!

是非、この機会をお見逃しなく。

 

※各 ショップ 様で販売期間は異なりますのでご注意ください。

 

___________________

あべのハルカス近鉄本店

タワー館地1階菓子売場

 

〒545-8545

大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43

電話(06)6624-1111(代表)

 

営業時間:午前10時~午後8時

※営業時間は変更になる場合がございます。

___________________

日頃よりご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

茶寮つぼ市製茶本舗 なんば店は、
現状のコロナ感染拡大を考慮し、また、政府の緊急事態宣言発令に伴い

1/23(土)〜2/7(日)の間、カフェのみ臨時休業いたします。

カフェ再開までご迷惑をおかけしますが、
お客様が安心してゆったりお過ごし頂けるサービスをご提供できるよう、
スタッフ一同しっかり準備してまいります。
再開しましたら、皆さまの御来店心よりお待ち申し上げます。

引き続き、物販は営業いたしております。
物販 11時〜19時

1月12日、毎日放送のお昼の番組「ちちんぷいぷい」で
茶寮つぼ市製茶本舗の堺本館が取り上げられました。


千利休のふるさと大阪・堺をピックアップされた
「ニュースな街の☆印」のコーナーで、
“千利休出身の堺で味わえるグルメ”として、
茶寮で人気の茶粥セットを取り上げていただきました。

紹介された「お茶料理と茶粥の一期一会セット」は、
茶人・千利休にちなんだお茶の街・堺だから楽しめるお茶料理。
お茶をふんだんに使用したつぼ市特製の食事セットで、
茶粥には香り高いほうじ茶を使用しています。
また、茶粥だけがお茶を使用した料理ではなく、お茶の葉の佃煮や
味付けにお茶を使った野菜の煮物や魚等、お茶の料理を存分に味わえます。

レポーターの方も様々な料理に使われている、やさしいお茶のアクセントを楽しまれ、
最後には「お茶料理、たいへんけっこうなお点前でした」と
コメントくださりました!!

—————————————-

雑誌「RETRIEVER(レトリーバー)」はその名の通り、レトリーバー犬種と暮らす愛犬家向けの専門誌です。

今月発売の2021年1月号にて、つぼ市製茶本舗の新ブランドカフェ『TSUBOICHI TEA PLACE』が紹介されました。

愛犬と楽しむ海沿い公園の特集で、泉南ロングパークがとりあげられており、ワンちゃん同伴可能な店舗の一つとして掲載されています。

色々なアクティビティがあり、お散歩コースとしても人気の同パークは数々のフォトジェニックな風景が楽しめることでも最近話題です。

『TSUBOICHI TEA PLACE』では、ワンちゃん同伴はもちろん、皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、表紙のレトちゃん可愛いですね♡


 

 

 

11月30日、泉大津税務署長が来社され表敬くださいました。

また、第二工場へも表敬訪問と工場見学され、
最先端のお茶の設備を大変興味深く見学されました。
 

優良申告法人とは、税務署が5年に一度の税務調査で、
適正な申告と納税がされ、経営内容が優良で問題ないとする法人のことです。
各税務署毎に認定され、一定期間、一定金額以上の法人税を
期限内に納付している等の要件を充たしている他、
税務署管内の法人のごく僅かしか認められていません。

今後も優良申告法人として適正な申告・納税を行い、
社会に貢献する企業として努力していきます。

—————————————-

 




広報さかいの特集「あなたらしく秋を楽しもう!」と題した、

堺市の秋のイベント情報をまとめたページに、

10月24日(土)に当社社長 谷本順一が登壇する

さかい利晶の杜の「利休時代の堺町衆の喫茶」の対談のことが掲載されています。

堺茶の湯まちづくり条例が施行されて二年。

堺市ではお茶にまつわるイベントが多数開催されるようです。

是非、千利休をはじめとする堺とお茶の喫茶文化に触れてみてください。

 

 

2020年9月16日、大阪日日新聞の地域紹介面「ワイド大阪ing」にオープンしたばかりの茶寮の新店舗『Tsuboichi tea place』が掲載されました。

今夏開業したばかりの泉南りんくう公園(ロングパーク)。
老舗の茶舗ながら、若い世代の方々にもお茶の魅力を実感いただきたいと多種多様なお茶を使ったスイーツやドリンクを展開しています。
お店の前は全長約2kmのビーチに遊歩道・様々なアクティビティや施設があり、これからの季節はお散歩するにもとても雰囲気がいいですよ!
インスタグラムはこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

公益社団法人 納税協会連合会が発行している「納税月報」。
企業紹介するインタビュー「めざせ!オンリーワン」にて、当社社長のインタビューが掲載されます。

お茶の歴史と奥深さ、また、新しいお茶のあり方から「おもてなし」について掲載されています。

納税協会公式サイトはコチラ

—————————————-


—————————————-

10月24日(土)、さかい利晶の杜で開催される「利休時代の堺町衆の喫茶」と題した対談に
当社社長 谷本順一が登壇します。


大阪・堺のお茶にまつわるお話の企画で、利休時代に堺の人たちはどんな「茶の湯」を楽しんでいたのか。
当時の茶碗などを見ながら、堺の喫茶文化について堺市博物館学芸員 木村栄美氏と対談します。

10月4日(日)は、堺市博物館学芸員 矢内一麿氏の講演会です。

さかい利晶の杜へ参加費・申込みが必要です。
申込書は、本社工場直売所と茶寮つぼ市製茶本舗の堺本館にも設置していますのでご利用ください。

—————————————-

—————————————-

お茶の本物の味を自由な形で発信する新カフェブランド
「TSUBOICHI TEA PLACE(ツボイチティープレイス)」の第一号店を
大阪府「泉南ロングパーク」に2020年9月16日にオープン致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
■未来にお茶の文化を残したい、現代へ向けて喫茶の楽しみ方を提案する新ブランド
ペットボトルのお茶が一般化し、急須で淹れる上質な茶葉の消費量が減少しつつある今、
本物のお茶の味が忘れ去られていきつつあることに強い危機感を抱いております。
そこで、急須になじみのない若い世代の方々にもお茶の魅力を伝えられる新ブランドを立ち上げました。

■「見掛け倒し」とは言わせない、「本物の味」にコミットしたメニュー
昨今、様々なインスタ映えを狙ったお茶のカフェメニューが増えてきていますが、
TSUBOICHI TEA PLCEがご提供する商品は、
一に「本物の味」
二に「美味しさ」
三に「お写真を撮りたくなる素敵さ」を軸に開発いたしました。
そのため、製茶問屋の本気を感じていただけるような、
お茶の美味しさ・楽しさ・素晴らしさが感じられる、
まさにお茶が主役のカフェメニューとなっております。
淹れ方についてもお茶の専門知識を生かし、
茶筅や茶器をこれまでの形式や伝統にとらわれない使い方をすることで、
より現代のくらしに寄り添った新しいお茶の淹れ方にてご提供いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■夕日100選の1つ、絶景を望む店内でお茶を存分に楽しんで
TSUBOICHI TEA PLACEがオープンする泉南ロングパークは、
日本の夕日100選にも選出されている夕日がきれいな海岸に位置します。
その海岸の絶景を窓から一望できる店内は開放的で、
季節を問わず海外のビーチのような雰囲気を味わいながらカフェタイムをお楽しみ頂けます。
※泉南ロングパーク公式HPはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様のご来店お待ちしております。

店舗名/TSUBOICHI TEA PLACE りんくう店
(ツボイチ ティープレイス)
所在地/大阪府泉南市りんくう南浜3-201 泉南りんくう公園内
時 間/13:00~19:00
定休日/不定休

9月11日(金)に、エルおおさかで行われる「適職発見交流会」は、「人を癒すいいにおいのお仕事編」としたセミナーと体験会です。

近年の脳科学により、いい香りや好きな香りを嗅ぐことが、脳や身体に良い効果があるのでは、と期待されています。
今回の適職発見交流会は、嗅覚を刺激する「いいにおいのお仕事」特集。
人を癒す「いいにおい」は、それを生み出す職場で働く人にとってどんな効果をもたらすのか考えます。

このオープニングトークで、当社社長である茶審査技術六段の谷本順一が、“お茶”と“香り”の関係について話します。

詳細はこちらをご確認ください。

——————————————–

先日の産経新聞の記事を紹介させていただきます。
緑茶の飲用習慣と糖尿病発症リスクとの関連を九州大の二宮利治教授(衛生・公衆衛生学)が調査されたことが記事になっています。
 
「緑茶を1日2杯以上飲む人は、糖尿病発症リスクが低いことが最近の研究で分かってきた」と、精度の高いデータを元に裏付けされています。
是非、ご一読ください。
記事はこちら

-----------------------------------------

 

今年も沢山の方々に飲んで頂いたつぼの新茶。

新型コロナウイルスの影響で、例年にない新茶販売となりましたが、とても好評をいただき感謝しております。

 

そんな中、新茶のお礼とつぼ市創業170周年を祝福くださるお葉書を頂戴したので紹介させていただきます。

—————————————-

「友人からつぼ市さんの新茶が届き、とても嬉しかったです。

つぼ市さん、創業170周年おめでとうございます。

利休さんの伝統心を込めた一滴に想い深く堪能します。」

—————————————-

 

と、メッセージと一緒に、茶寮堺本館の夜景を、巧みな筆使いで描いてくださいました。

夕暮れ刻の堺本館独特の暖かさを表現してくれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからも、お客様にお茶を通じて「安らぎ」や「和」を提供できるように邁進してまいります。

(絵は本人様の許可を得て掲載しております)

 

令和弐年、つぼ市製茶本舗は創業から一七〇周年を迎えました。

この特別な周年記念において皆様につぼ市の茶鑑定士が厳選した日本最高品位のお茶をお届けします。

令和元年十月二十日、「第四八回大阪優良茶品評会」で内質と外観において二〇〇点満点を獲得し、「農林水産大臣賞」を受賞したお茶です。

※令和元年の日本一とは「大阪優良茶品評会 金印の部 優勝 農林水産大臣賞 受賞茶」を表現しています。

 

静岡県西部の遠州、周智郡で育てられた品種“やぶきた”の一芯二葉を丁寧に手摘みした、真に無上茶です。

またと飲むことの出来ない、この誉あるお茶をお楽しみください。

 

(詳細は下記URLご確認ください。)

https://www.rikyu-club.com/html/page197.html

 

 

 

現在、茶寮堺本館・なんば店ともに営業を再開しております。

営業時間に関しましては、茶寮ページ下部の各店舗営業時間のご確認ください。

 

茶寮ページはこちら。

→ http://www.tsuboichi.co.jp/saryo

 

 

 

 

 

 

 

アートホテル大阪ベイタワー、「スカイビュッフェ 51」にて、創業170周年を迎える「つぼ市製茶本舗」とのコラボレーション企画として「MATCHA FAIR & SUPER MEAT FESTIVAL」を開催されます。

 

つぼ市製茶本舗のこだわった抹茶を使用したスイーツや、ピザやパスタなどの目にも鮮やかな抹茶を使った料理が提供されております。

 

安心・安全にご利用いただけるよう「新型コロナウイルス感染防止に対する取り組み」も実施されています。

 

(詳細は下記URLご確認ください。)

https://www.osaka-baytower.com/news/2020/20200601_matchafair_supermeatfestival/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様各位

 

この度の新型コロナウイルス感染症拡大により影響を受けられている皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
このような状況下の為、例年五月末・六月初めに開催していました、新茶販売イベント「お茶の子彩祭」は、新型コロナウイルスの感染症拡大防止の為、中止します。
「お茶の子彩祭」を楽しみにしていただいておりましたお客様には、ご不便・ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

 

また、安全に催事が出来る見通しが立ってから、「お茶の子彩祭」に代わる催しが開催できればと考えております。
その際は、改めてご案内申し上げる所存です。

 

何とぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 

新型コロナウイルスが未だ終息されず、不安な日々が続く中、

つぼ市製茶本舗として何かできることはないかと考え、

私たちの生活を最前線で支えてくださっている

「医療従事者の方々」「スーパーで働く方々」に、

つぼ市のお茶とお菓子をメッセージを添えて送らせていただきました!

 

微力ではありますが、お茶で健康を応援できるように

今後も何かできればと思っています!!

待ちに待った、新茶の季節。

日本人になじみのある日本茶の中でも、「新茶」には

特別な魅力があることをご存じだろうか。

実は、新茶は一年に4~5回ほど収穫されるお茶の中でも、

旨みや香りが一番美味しく、「縁起物」でもあるお茶なのだ。

 

今回は新茶の魅力を探るべく、千利休のふるさと、

大阪府堺市にて創業した170年続く老舗、

「つぼ市製茶本舗」副社長の谷本康一郎氏(茶審査技術六段)に話を聞いた。

また、後半では同社のお茶のこだわりもご紹介している。

 

記事はこちら

————————————-

 

 

平素より茶寮つぼ市製茶本舗をご愛顧いただきありがとうございます。

 

茶寮の営業再開に関しては、日本政府の方針に基づき決定いたします。

緊急事態宣言が施行されている間は、基本的に

両店ともに休業いたします。

再開の際は、改めてお知らせいたします。

 

 

なお、本社業務は通常通り行っておりますので

商品のご購入については本社工場と通販をご利用いただけます。

 

フリーダイヤル

→ 0120-61-7187 (平日9:00~17:00)

 

オンラインショップ

→ www.rikyu-club.com/

 

ご迷惑をおかけしますが

何卒ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

お客様にお会いできる日が一日でも早く訪れることを

従業員一同心より願っております。

 

 

 

つぼ市製茶本舗の本社所在地である高石市。
つぼ市では、高石市の商工会議所青年部様の企画「高石おうちじかん」に賛同し応援いたします!
 
「高石の飲食店が新型コロナウイルスの影響で来店が減っている中、
テイクアウトやデリバリー、オンラインショップ等を、
商工会議所が中心にSNSやチラシ配布等で応援します!」という企画です。
 
この企画意図に、つぼ市製茶本舗も賛同し、「直売所」と「オンラインショップ」を掲載頂きました。
今後もインスタグラムやfacebook、リーフレット等で紹介されます。
「#高石おうちじかん」や「#高石おうちごはん」等で検索いただけます。
 
また、この繋がりで、高石商工会議所 青年部様に、
つぼ市の「抹茶サブレ」をお菓子として付けてもらうように提案し、採用いただきました。
 
サブレは前方後円墳型がモチーフにしており、
一番摘みの抹茶をたっぷり使って焼き上げたサックサクの食感を楽しめるサブレです。
 
是非、SNSでの「フォロー」「いいね」「シェア」等していただき、
情報共有のご協力いただければと思います。
 
●高石おうちじかん公式サイト

———————————————————-
 


 

政府の緊急事態宣言の発令に伴いまして、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、茶寮堺本館、及びなんば店は下記期間休業させていただきます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓

 

200408茶寮つぼ市製茶本舗休業のお知らせ

新型コロナウイルス感染症の罹患・被害・影響をうけた方々・皆様に心よりお見舞い申し上げます。
また日夜、行政をはじめ医療従事者の皆様等、感染防止にご尽力されている皆様に、深謝申し上げます。

茶寮つぼ市製茶本舗 なんば店も営業継続を検討してまいりましたが、お客様の安全、感染拡大防止への社会的責任、全従業員の安全の確保を第一に考え、4月4日(土)よりカフェの営業を休止致します。
物販はご利用いただけますのでお気軽にお問合せください。
営業時間/10:00~20:0
電話/06-6645-1850

お客様及び関係者の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

お茶の効能・効用の科学とは奥深いもので、確立されていないことがまだまだあります。

しかしお茶は飲み続けることで、きっと私たちの体調を自然と整えたり、健康の維持に一役買ってくれています。

 

このようなお茶の効用を分かりやすくまとめた冊子を紹介します。

日本最大のお茶の産地である静岡県の社団法人静岡県茶業会議所がまとめた「~知らなきゃソンするお茶のこと~ 10のひみつ」です。

 

この中で、お茶は理想的な機能性食品であるとし、「ウイルス感染を防ぐ」として、インフルエンザや風邪の予防対策に茶カテキンが作用する様子や、

血糖上昇を防ぐメカニズムなどを図やイラストを交えて分かりやすく紹介されています。

(※冊子内の「ウイルス感染を防ぐ」の内容は、新型コロナウイルスに対して、学術的に解説しているものではありません)

 

お茶を頻繁に飲んで、健康長寿な世の中になるように、つぼ市製茶本舗でもお茶の普及に努めます。

 

●~知らなきゃソンするお茶のこと~ 10のひみつ 全24ページ

社団法人静岡県茶業会議所 2012茶学術研究会編

PDFはこちら

http://shizuoka-cha.com/files/9114/4178/2051/10secrets_of_green_tea.pdf

 

 

 

2020年2月18日(火)、四天王寺小学校で「お茶の淹れ方教室」を行いました。当社、谷本社長が行っている、“茶育”の一つである小学校でのお茶授業です。

「急須のお茶は手間がかかる」という理由で、急須を持たない家庭が増えており、
スーパーやコンビニなどの手軽なペットボトル茶の消費が増えています。

しかし、つぼ市では急須でじっくり淹れたお茶には、ただ単に飲んで味わうだけでなく、
人と人とのつながり、家族の会話やコミュニケーションを作れると考えています。

こういった考え・行動を、子どもの頃から親しめるようにと、
授業の一つ“茶育”として学んでもらいました。

皆で急須を使い、味を均等に出す回し注ぎも上手に淹れてくれました。

2020年2月26日(水)日経MJの「無重力は手に入る!?」という特集で
茶寮つぼ市製茶本舗の「無重力かき氷」が取り上げられました。

以前よりぐっと身近に感じられる宇宙体験として、
浮くような軽さを“体現・堪能”できる“もの”や“こと”を記事にされています。

食の無重力として、口に入れた瞬間に溶けて、あたかも重さを感じなくなる品々として、
堺の老舗刀鍛冶の刃物を使ったかき氷機を使っていることを紹介し、
かき氷を食べたお客様の感想も掲載されております。
是非、ご一読ください。

 

 

いつも茶寮つぼ市製茶本舗を御贔屓いただき

まことにありがとうございます。
茶寮からお客様にお出ししました年賀状に記載の
茶寮なんば店の営業日に誤記載がありました。

1/1(木)休業日とするべきところ、通常営業と記載されております。
大変申し訳ございませんが元旦はなんば店は休業日となっております。
何卒よろしくお願い申し上げます。

〈なんば店の年末年始日程〉
12/31(水)18時閉店
1/1 (木)休業日
1/2 (金)~通常通り営業

2020年につぼ市製茶本舗は170周年を迎えます。
この特別な周年記念に向けて、皆様につぼ市の茶鑑定士が厳選したお茶をお届けするべく、最高級のお茶を準備致しました。

令和元年度「第48回大阪優良茶品評会」で、内質と外観において200点満点を獲得し、農林水産大臣賞を受賞したお茶です。
静岡西部の遠州で生産された、“やぶきた”で、丁寧に手摘みされた、真に優良茶です。

皆様が、驚かれ、喜び、美味しいと楽しんでいただけるお茶をお届け出来ると思っておりますので、いましばらくお待ちください!!

12月15日(日)、大阪信愛学院短期大学にて、

「日本セーフティプロモーション学会 第13回学術大会」が開催されます。

 

この会で、当社社長であり、堺衆文化の会の会長でもある谷本が、

「お茶の来た道とお茶の事」と題した特別講演を行います。

 

参加希望の方は、茶寮に設置しているチラシの裏面が

会の申込書になっているのでご利用ください。

 

会期/2019年12月14(土)、15(日)

(谷本の講演は15日のみ)

会場/大阪信愛学院短期大学 鶴見キャンパス

大阪市鶴見区鶴見6-2-28 アクセスはこちら→www.osaka-shinai.jp/access/

 

【10月24日(木)~27日(日)開催中!!】

旅の総合イベントとして2014年に開催をスタートした「ツーリズムEXPOジャパン」。

世界100ヵ国以上の国と地域、日本全国の観光地が集結する、

年に一度の世界最大級の旅の祭典につぼ市製茶本舗が初出店しています。

 

世界文化遺産に登録された百舌鳥・古市古墳群にちなんだ古墳関連商品、

クールJAPAN賞をいただいた「本格抹茶ドリンク 一期一会」、

茶師がアイスに合うお茶を厳選して作り上げた抹茶アイスとほうじ茶アイス

などをブースで展示しております。


既に、ホテルや観光施設のお客様にご採用いただいた実績のある商品もございます。

関西ならではの企画やテーマで、旅のリアル体験ができ、色華やかな民族衣装やご当地グルメ、世界各国の最新の旅情報が入手できるほか、本場のステージパフォーマンスもあり、一緒に踊って、触れて、世界一周気分が楽しめる、そんなわくわくイベント!

10月26日(土)・27日(日)は一般の方も入場できます。

イベントの詳細は こちら


この機会に是非、3号館 J5-014大阪商工会議所にあるつぼ市のブースにお立ち寄り下さい。

令和元年9月7日、静岡で開催された「第66回全国茶審査技術競技大会」。

本大会で、六段に昇段した、営業部課長の平松です。

 

「ありがとうございます。日頃からお茶に対して関わってきた証と、

目標であった六段に認定されたという喜びがありますが、

さらなる上の目標を目指すことと、これからもお客様に

美味しいお茶を届けるために、日々努力したいと思います」

 

本日、第一ホテル東京で開催された、

日本食糧新聞社の地域食品産業貢献賞の贈呈式に出席しました。

地域食品産業貢献賞は、2013年に日本食糧新聞の創刊70周年を記念して創設された賞で、
地方創生や地域活性化を下支えする活動や商品を通して、
地域の食品産業を支える優秀な企業の功績をたたえられています。

詳しくは、日本食糧新聞社をご覧ください。

 




  

認定NPO法人「児童虐待防止協会」のサポート活動

つぼ市製茶本舗では、認定NPO法人「児童虐待防止協会」のサポート活動をさせて頂いております。
協会の“虐待から子どもを救い、親を援助する”という趣旨に深く賛同し、継続した広報支援団体として協力しております。(協会ホームページhttp://www.apca.jp/

育児で悩まれているお母さんが、日頃の生活の中で“すぐに目に留まる様に”と、お茶パッケージに、「子どもの虐待ホットライン(相談電話番号)」を記載し、また商品をお買上げ頂いた金額の一部を協会に寄付するという支援活動です。

つぼ市が掲げる“お茶と、人と、人と。”— 安らぎの生活の中でお茶を飲んでほしい。
これを実現するために、もし不安を抱えたままのお母さんが、お茶をいれてもひと息つけるはずがない。子どもたちが笑顔になることはない。
そんなお母さんと子どもの不安を、すこしでも軽減できるようにと、つぼ市と協会が話し合い、お茶パッケージに掲載しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月6日(火)堺市産業振興センターにて、

当社社長の谷本順一が「食と堺学~お茶の来た道と堺の喫茶~」と題して
講演いたしました。
主催者/堺市教育委員会、会名/教職員教育研究講演会
百舌鳥・古市古墳群が世界遺産に登録されたことにより、世界中から堺を始とする南大阪が注目され、また昨年、堺茶の湯まちづくり条例が施行され市全体でも“お茶と堺”に一層関心が強まっている中での講演でした。
喫茶史の視点から、当時のお茶の飲み方や、堺でお茶が飲まれていた形跡を史跡の視点から紹介し、現代のお茶のあり方・飲み方を“茶育”として提唱しました。


日本食糧新聞社が全国的な活躍がある企業の中で、特に地域の経済、社会に貢献し、地域の食品業界の地位向上に寄与、今後の発展に勇気を与えている範となる企業を顕彰しているこの賞を頂きました。

私達、つぼ市製茶本舗は、1850年、利休のふる郷である堺で創業。
169年来堺の喫茶文化の継承、伝承を「世の中のやすらぎと和」の提供とともに行ってきました。
人類が造った世界最高の飲み物である日本の本物のお茶の良さを、地域に寄り添いながら紹介し、また持続可能なお茶の飲み方や歴史を茶育として取り組んでいます。

 
 


 

茶寮つぼ市製茶本舗 浅草店 閉店のお知らせ

 

いつもご愛顧いただき、ありがとうございます。

 

「茶寮つぼ市製茶本舗 浅草店」は、2019年6月30日をもちまして

閉店いたしました。

開店以来、皆様から賜りましたご支援とご厚情に心より感謝申し上げます。

 

これまで、お茶を通じてお客様と同じ時間を共有できたことを大変嬉しく思っております。

そして、このたびの閉店にあたりご不便をおかけすることをお詫び申し上げます。

 

引き続き、喫茶店として大阪の堺本館、なんば店で楽しんでいただけます。

また、ご愛飲いただいていたお茶のご購入は、オンラインショップをご利用いただけます。

www.rikyu-club.com

 

今後もつぼ市製茶本舗をよろしくお願いいたします。

 

 

6月15日(土)、関西大学校友会堺支部総会にて、

当社社長の谷本順一が「利休時代の喫茶」として講演いたしました。

 

グローバル化が進み世界が均一(フラット)化する中、

日本の特徴あるもの、日本人のアイデデンティーと言っていいものはお茶です。

堺は昔から渡来文化と切っても切れない。利休時代も同じ。

今迄の国際文化に裏打ちされた優れた堺の習慣。

急須を使った伝統ある喫茶文化をこれからの人にも継承してもらいたいものです。

 

 

6月8日(土)に大阪堺市の三国ヶ丘高校で開催された同期会にて、

当社社長の谷本順一が「利休時代の堺喫茶と急須の大発見」とした

講演を行いました。

皆様、堺に縁が深く、谷本の話に熱心に耳を傾けられていました。

とりわけ歴史的な証拠に基づく話に興味をもたれていたようで、

講演後も「初めて聞いた話もあった」と感想をくださいました。

 

 

 

2019年4月14日(日)、非公開の寺院 天慶院で、千利休の高弟であり、大茶人、山上宗二の遺徳を偲ぶ会を開催しました。
天慶院は千利休の菩提寺であり、武野紹鴎好み茶室『大黒庵』を有する由緒ある寺院。
今回は、講師に京都国立博物館の学芸部の福士先生にお越しいただき、「伊藤若冲と京阪の画家達」として講演頂きました。

 

 

 

2019年4月6日(土)放送の

NHK『ウィークエンド関西』の「西日本の旅」コーナーで

茶寮つぼ市製茶本舗 堺本館が取材されました。

 

堺の刃物を使って削ったふわふわ氷で作る濃厚抹茶かき氷を

紹介していただいています。

 

映像はこちらから、ご覧いただけます。

→ http://www.nhk.or.jp/osaka-blog/weekend/317760.html

 

 

 

 

毎年行われている食の祭典『FOODEX』。(3月5日~3月8日開催)
【美食女子グランプリ】において
「老舗お茶屋のほうじ茶ラテの素」
ドリンク部門で【金賞】、【バイヤー特別賞】、
ママの愛部門で【銀賞】の
3つの賞を獲得しました!

受賞ページはこちら

 

本年も千利休の菩提寺である堺の天慶院において

堺衆文化の会主催で利休の高弟 山上宗二の429年忌を

執り行います。

小野禅師の講話や京都国立博物館の福士先生の講演も予定しております。

是非お越しください。

 

【開催日・時間】2019年4月14日(日)PM1:00~4:00

 

【開催場所】天慶院 堺市堺区南旅篭町東3丁1-2(南宗寺内)

 

【内 容】

PM1:00~2:30

●呈茶

PM2:30~4:00

●本源院・天慶院小野禅師の法要

●講演「若冲と京坂の画家達」講師:京都国立博物館 学芸部 福士雄也先生

●本源院・天慶院小野禅師の講話

 

【参加費】1,200円(一人)

 

【問合せ先】つぼ市製茶本舗 0120-61-7187

(受付時間:平日 9:00~17:00)

※申し訳ありませんがご予約は承っておりません。

※呈茶の際は椅子席もございますが椅子のご予約は承ることができません。

 

詳細はこちら

 

2019年1月21日(月)の日本経済新聞 夕刊の「ここに技あり」というコーナーで

つぼ市製茶本舗のお茶作りが取り上げられました。

 

製茶技術の中で一番大切なのは合組というブレンド作業であること、

合組技術を支える茶鑑定士がつぼ市には何人もいることなどが書かれています。

 

この記事は、1/21(月)17:15~ TV大阪の「やさしいニュース」の内容とリンクしており

つぼ市の製茶工場や茶鑑定の様子などが社長のインタビューとともに放映されました。

日本経済新聞の記事、TV大阪の番組内容ともに下記のLINKからご覧いただけます。

是非、ご一読ください。

 

LINK先はこちら → https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40183220Y9A110C1AA2P00/

 

京阪神で暮らすアクティブな女性に向け、グルメ、ファッション、ビューティを柱とした情報を発信している雑誌SAVVY。

11月22日発行の1月号は「あんこのおやつ」で、その中の「ぜんざい」の「変わり種」編で 「茶寮つぼ市製茶本舗」の“つぼ入り栗ぜんざい”が紹介されました。

一人前に国産栗を7個も使用し、栗本来の甘さ・風味を損なうことなく仕上げた栗好きにはたまらない一品。是非ご賞味ください。

 

先月10月12日(15:45~)、芦屋市立山手小学校において弊社社長が芦屋市教育研究部会(食育)の「日本茶についての研修」の講師をつとめました。
[講演の様子]


昨今の健康ブームにのり、サイクリング関連品も数多く出回る中、エルマガジンのムック本として『サイクリングを楽しむ本(関西版)』が発刊され、「いま走りたいサイクリングコース10選」中の【堺・古墳巡礼コース】中に休憩スポットとして「茶寮・堺本館」が掲載されました。

堺市では、レンタサイクルも充実していて、地形的にも割と平坦なので、あちこち見て回るには自転車がとても便利です。

堺市へお越しの際はぜひ、茶寮にも足をお運びください。

 

 

いつも茶寮つぼ市製茶本舗をご利用いただきありがとうございます。

大変ご好評いただいている栗メニューですが、度重なる大型台風の直撃、日照りと干ばつ(高温障害)、収穫時期の雨(日照不足)などの影響で収穫量が大変少なく、京丹波栗の仕入れが今年は終了しております。

引き続きおいしい栗メニューを味わっていただくため、国内産の栗を各種検討いたしまして、今年は熊本県産の和栗を採用致しました。
コクのある京丹波栗に対し、熊本県産の和栗は上品な甘みと栗本来のしっかりとした薫りが特徴で、つぼ市が自信を持ってお届けできるお味です。

何卒ご理解頂き、引き続き栗メニューをお楽しみいただけますと幸いです。

10月末まで、産経新聞に「関西経営者列伝」と題して、

計4回の連載で、当社、谷本のインタビューが掲載されました。

下記デジタル版でもご覧いただけるので、是非ご一読ください。

 

 

第一章 家業つないだ祖父の薫陶

https://www.sankei.com/west/news/181004/wst1810040036-n2.html

 

 

第二章 試行錯誤の技能継承

https://www.sankei.com/west/news/181015/wst1810150040-n1.html

 

 

第三章 光明となった師の教え

https://www.sankei.com/economy/news/181018/ecn1810180015-n1.html

 

 

最終章 大阪・難波から世界をめざす

https://www.sankei.com/west/news/181025/wst1810250023-n1.html

経理・総務の仕事が丸ごとわかる月刊誌「経理ウーマン」の10月号の読者プレゼントに

つぼ市製茶本舗の新商品「老舗お茶屋のほうじ茶ラテの素」を協賛しました。

(応募締め切りは終了しました)

 

「茶寮つぼ市製茶本舗 なんば店」が本日17日、オープンします!!

~市中の山居~
都会の喧騒をはなれ、安らぎと和の空間でお茶を一服いただく…
茶寮つぼ市製茶本舗のコンセプトです。

つぼ市がこだわり続けているお茶を、この時代、もっとたくさんの方に楽しんでもらいたい…
その一つの答えが、茶寮として、茶の香る安らぎの和の空間で、お茶の豊かな味わいを楽しむ。ということでした。

大阪の南海電鉄なんば駅という、関西国際空港からも便利な立地で、駅直結のビル「スカイオ」の5階になります。
提供するお茶は「煎茶」「ほうじ茶」「玉露」「抹茶」と、全てつぼ市の一押しを揃えており、お茶テイストのスイーツも、お茶に合うお菓子やお茶請けも、お茶と同じく茶匠がこだわりぬいたものです。
また、新たになんば店では、今までの茶寮にはない
・テイクアウトメニュー
・お茶の使った料理
・お茶のお酒
等を取り扱います!

是非、新しい「茶寮つぼ市製茶本舗 なんば店」をよろしくお願いします。

茶寮つぼ市製茶本舗特設ページ
店舗の詳細はこちらをご覧ください。
Facebook 茶寮つぼ市製茶本舗ページ
Facebookページを毎週更新中です。茶寮の最新情報にアクセスしてください!

海外のLGBTなど性的少数者向けの旅行業者やメディア関係者が

先月初旬に大阪市や堺市の各所を視察に訪れ、「茶寮つぼ市製茶本舗」では

かき氷や抹茶を楽しまれました。(朝日新聞デジタル版と9月17日の誌面

にて掲載されました)

8月6日(月)、堺市内の食育ご担当者様に向けた教育研究講演会において、弊社社長が「食と堺学」をテーマに講演いたしました。

ご清聴ありがとうございました。

 


 

 

 

 

2018年7月8日(日) 11:00~15:00

「堺の昔を偲んで」

第二回 左海大黒会 会記

 

 

千利休のふる里、堺市。

お茶を通じて市民に茶の湯の精神の理解を深めていただき、「おもてなし」の意識を高めていただくため、8月の「堺茶の湯まちづくり条例」制定に向けて様々な取り組みを行っています。

6月9日(土)には、茶の湯を生かしたまちづくりに向けた意見交換会が開催されました。弊社社長も出席いたしました。

 

 

 

 

 

 

NATTS7月号に掲載されたなんばスカイオ(10月グランドオープン)の特集記事の中で

茶寮つぼ市製茶本舗 なんば店が紹介されました。

 

関西のおでかけ情報誌「関西ウォーカー」の特別編集”一冊まるごと抹茶特集”

5月31日発売され、その中で”茶寮 つぼ市製茶本舗”の 利休抹茶金時(かき氷)・利休抹茶パフェ が掲載されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年10月に開業予定の「なんばスカイオ」(南海本線なんば駅直結)。

訪日外国人向け(インバウンド)の大型複合施設です。

 

5階商業フロアには「伝統・文化の体験工房 ほんまもん」と銘打ち、

地産品や伝統工芸品やフードホールなど12店が展開予定で、

弊社「茶寮-つぼ市製茶本舗」も入店いたします。

お客様のお好み・ご注文に応じて煎茶のブレンドを披露する予定です。


6月6日にはプレスリリースが行われ、弊社社長が壺の中で合組みしたお茶を

煎茶道美風流師範の資格を持つスタッフが、煎茶道のお点前で記者の皆様に

ふるまいました。


 

プレスリリースの様子

 

 

産経新聞(6月8日付)に掲載されました。↓

いつも 茶寮つぼ市製茶本舗 浅草店を
ご愛顧いただきありがとうございます。

 

浅草店 休業日のお知らせです。

 

●6月18日(月)まるごとにっぽん休館日

 

19日(火)から、通常通り営業いたします。

ご迷惑をおかけしますが,よろしくお願いいたします。

 

 

2018年4月8日(日) 山上宗二の428年忌が天慶院(南宗寺)にてとり行われました。
天慶院 小野禅師の法要と講話。
上海師範大学特約研究員 森村健一先生による講演「利休の急須」。
お抹茶とお菓子がふるまわれ、日本のお茶文化にどっぷり浸る昼下がりとなりました。

 

会場の床には、普段、滅多に見ることの出来ない「江月宋玩 消息」が掛けられ、
参加された方々は興味深く鑑賞されていました。

 

「春季堺文化財特別公開」の最終日ということもあり
各会場を視察されていた竹山市長も立ち寄られ、激励のお言葉をいただきました。

 

いつも 茶寮つぼ市製茶本舗 浅草店を
ご愛顧いただきありがとうございます。

 

浅草店 休業日のお知らせです。

 

●2月19日(月)まるごとにっぽん休館日

●2月20日(火)つぼ市のみ店舗改装のため休業

 

2日間、ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

 

2月21日(水)より、改装後の新しくなった店舗で
気持ちも新たにお客さまをお迎えいたしますので
是非お越しいただきますようお願いいたします。

 

平成29年10月 5日(木)より全5回の「堺学シリーズ講演会」(於:大阪府立大学中百舌鳥キャンパス)が開催されました。
堺の歴史・文化・地場産業など、様々な論者による講演が行われ、つぼ市の谷本順一社長が11月9日に「日本喫茶の変遷と堺の喫茶-堺発掘の大発見―」と題し、講演した記録も含め出版されます。

 


講演の様子

11月16日・17日に 大阪大学 産業科学研究所(茨木市) において開催された第14回日本カテキン学会において、弊社社長が『日本喫茶史における堺発掘の大発見―淹茶のはじまり』と題し、現在の煎茶の飲用方法である淹茶を始めたのは京都ではなく堺であったことを検証した結果を発表しました。

 

※日本カテキン学会は、カテキンを研究する農学・薬学・栄養学・医学などの広範囲の研究者がネットワークを形成し、カテキンの機能に関する科学的基盤を共有するとともに、その研究成果を社会に還元することを主旨として平成16年に発足し、日本のカテキン研究の発展に寄与してきた学会です。

講演の様子

 大阪・御堂筋沿いの北御堂(大阪市中央区本町4)で9月28日、寺を気軽に楽しむイベント「本町広縁(ひろえん)」が開催されました。
会場入り口にて、僧侶の方が茶のもてなしを行い、来場者の方に「茶寮 つぼ市製茶本舗」の水出し煎茶やほうじ茶と茶菓子を特設カウンター席で味わっていただきました。
「敷居が高い印象のある寺へ、もっと気軽に立ち寄ってほしい」という目的で企画した同イベントは今回が初めて。この日は10代から50代まで幅広い年代の方が北御堂へ立ち寄られました。
ほかにも、会場内では念珠作り体験コーナーや墨と半紙に日頃の思いや気持ちをしたためるコーナーも設置され、来場者はそれぞれの体験を楽しんでいました。
このほか、「北御堂探検ショートツアー」も行われ、参加者は同所内にある親鸞聖人と蓮如上人の銅像や釈尊の一生を描いた壁画「無明と寂光」の解説や僧侶の法話に耳を傾けていました。
次回は12月18日を予定しています。
                                                                        
                                                                        

イベント詳細は下記URLへ
船場経済新聞URL:
ヤフーニュースURL:

 

9月12日付けの「産経新聞」において「茶寮」と「南海パーラー」が共同開発した “ほうじ茶メニュー” について取り上げられました。

メニューは、ほうじ茶アイスを使ったパフェやチーズケーキなど、5種類があり、いずれもほうじ茶の豊かな香りとほろ苦さが特徴となっています。

 

 

 

 

―――日本一の茶審査技術者を決める大会―――

去る9月6日、東京で開催された「第64回全国茶審査技術競技会」

品質管理部の田村健さんが新たに五段を取得

これで、つぼ市製茶本舗には二段1名、五段1名、六段1名、七段1名の4名、

有段者がいることになりました!

皆これからも修練を重ね挑戦を続けるとのことです!

大阪府立大学中百舌鳥キャンパスにおいて、5回にわたって開催される「堺学シリーズ講演会」。

堺の歴史、文化、地場産業など、どなたでも興味深く学べる講演会になっています。

その第3回目(2017年11月9日(木))に、茶鑑定士六段の弊社社長が登壇する予定です。

「日本喫茶の変遷と堺の喫茶-堺発掘の大発見―」と題し、日本ではいつからお茶が飲まれ、どのように喫茶法が変わっていったか、お茶の実務家としての経験を踏まえ、堺の森村健一先生が書かれた論文をもとに喫茶史を覆す大胆な発表をします。その中で堺人として大切なことをお茶を通じて気づいていただきたいと思っております。

 

-----------------------------------------

堺学シリーズ講演会 第3回

開催日:2017年11月9日(木)

場 所:大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス Uホール白鷺

(〒599-8531 大阪府堺市中区学園町1-1)

・地下鉄御堂筋線「なかもず」駅下車、5番出口すぐ左折、徒歩20分

・JR阪和線「三国ヶ丘」駅下車、バス15分「府立大学前」下車

・南海高野線「白鷺」駅下車、徒歩15分

*公共交通機関をご利用ください。

お車でお越しになられましても、

学内には入れません。

定 員:600名(入場無料・申込み不要)

問合先:大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス

上方文化研究センター内「堺学シリーズ講演会」係

TEL:072-252-1161(代)4387

E-mail:sakaigaku@ao.osakahu-u.ac.jp

(事務員が不定期の出勤の為、お問い合わせはメールでお願いします。)

 

 

 

名古屋鉄道が発行している沿線や各地の情報を発信する雑誌「Wind」。
9月号の「ゆるり見聞録」コーナーにおいて、南海電鉄と名鉄のコラボ企画で[ハニワ課長のさかい最高きっぷ]を使ったプランが提案され、堺市の名所や史跡とともに『茶寮 つぼ市製茶本舗』が紹介されました。



                                                                  

2017年10月22日(日)、堺市堺区にある天慶院にて、左海大茶盛式が開催されます。

大茶盛式とは、利休の菩提寺である天慶院で堺の大茶人たちを偲んで行う法要と茶会です。

法要後に直径40センチもある大茶碗を使って、皆でおいしいお抹茶を楽しくいただきます。

作法等にとらわれないお茶会ですので、皆様お誘いあわせの上、是非ご参加ください。

【詳細を下記にてご確認ください】


8月5日(土)の「大阪日日新聞」に、南海本線 難波駅の駅ナカカフェ「南海パーラー」において、「つぼ市製茶本舗」と「南海エフディサービス」様の共同開発による“ほうじ茶パフェ”や“抹茶ロールケーキ”など、5品のスイーツが販売されていることが掲載されました。

帝塚山大学 食物科の学生さんたちが、茶寮つぼ市製茶本舗とのコラボメニュー開発プロジェクトとして、たくさんのお茶を使った絶品メニューを考えてくださいました!

試食会では社長の舌も大満足のレベルの高いメニューを計16品味わわせていただきました。

採用に向けて社内で協議してまいります!

 

平成二十九年六月二十四日 左海大黒庵 会記

第一回左海大黒会 報告

 

 

  
   
いつも茶寮つぼ市製茶本舗堺本館をご利用いただきありがとうございます。
   
茶寮のかき氷は手作りの蜜を使用しておりますので、
蜜がなくなり次第カフェの受付を終了させて頂く場合がございます。
   
ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解ご協力頂けますよう
どうぞよろしくお願い申し上げます。
  

“お茶でいつもとちょっと違うひと時を―”

お茶の専門家がその季節ごとのお茶の楽しみ方をレクチャーし、

ちょっぴりプレミアムな時間を演出する恒例の「アフタヌーンcha」。

6月25日(日)、『さかい利晶の杜』において、“(湿気払いの)アフタヌーンcha”を行いました。

今回のテーマはお家でも楽しめる『水出しの「和の紅茶」を使ったノンアルカクテルを作ろう!』です。

参加者の皆様、和気あいあいと色あざやかでスッキリおいしいティーカクテルを作られていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関西で生活する方の日常生活に役立つ情報を発信し続ける雑誌

『関西ウォーカー』の 6月20日号において、抹茶好きライターさんが選ぶ

“抹茶かき氷特濃ランキング”で、茶寮つぼ市製茶本舗の「抹茶かき氷」が2位

選ばれました。

連日暑い日が続いていますが、じっくりと旨みを引き出した抹茶蜜がたっぷり、

ふわふわで優しくお口で溶ける「つぼ市特製のかき氷」をぜひご賞味ください。

 

 

主婦の情報誌『女性セブン』7月13日号(2017年6月29日発売)において、
「食のプロ」たちによる ”夏のお取り寄せ” 特集で、美容家の君島十和子さんの
おすすめとして、つぼ市の「利休抹茶あいすくりーむ」が掲載されました。

茶室でお抹茶を服すような味わいの「利休抹茶あいすくりーむ」、
夏のおくりものにいかがですか?

2017年5月17日(水)の産経新聞の夕刊の「グルメNavi 」
特集コーナー[関西カフェめぐり]で、『茶寮』が紹介されました。

堺市在住の作家、蓮見恭子さんが生まれ育った堺の
旧市街地を舞台にした小説『シマイチ古道具商』には、
実在するものをモデルにした物事が多く登場します。

築300年の町屋を改装した「さかい茶寮」もその一つです。

(2017年5月16日「朝日新聞」記事より)

記事によると、登場する「さかい茶寮」

『茶寮 つぼ市製茶本舗 堺本館』がモデルとなっているようです。

「かきごおりすと」(2017年5月10日発刊)は、
「かき氷」を楽しみ、食べ歩く為に作られたガイドブックで、

『茶寮』のかき氷も紹介されています。

 

今年も利休の高弟の大茶人 山上宗二の遺徳を偲ぶ会を開催いたします。
(主催「堺衆文化の会」(会長:つぼ市製茶本舗 代表取締役 谷本順一))

 

千利休の菩提寺である天慶院で行う法要とお茶文化を学ぶ集いに
皆さま、是非ご参加ください。

 


【開催日】2017年4月11日(火)午後2時~4時
【開催場所】堺市堺区南旅篭町東3丁1-2(南宗寺内)

天慶院(山上宗二供養塔・武野紹鴎好み茶室大黒庵)

【内 容】本源院・天慶院小野禅師の『法要・講話・呈茶』

講演:影山 純夫先生 (八幡市立松花堂庭園・美術館 学芸顧問

神戸大学名誉教授)

『山上宗二記の新研究』

【参加費】1,200円

【申込み】事前の申込不要。直接会場にお越しください。

先着100名様

【問合せ】つぼ市製茶本舗 0120-61-7187

(受付時間 平日9:00~17:00)

【主 催】堺衆文化の会

【後 援】堺市

【協 力】(一社)つぼ市・(一財)小谷城郷土館

 

 

 

 

 

質の高い遊びを探しているアクティブシニアのための

雑誌『おとなのエルマガジン』“日帰り歩く旅”(2017年3月17日発売)

[与謝野晶子と旧き佳き堺を歩く]の中で休憩時におすすめの

“立寄り処”として「茶寮」が紹介されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「婦人画報」4月号は、日本列島各地で開催されている

展覧会や美術展などを特集しています。

堺市の大仙公園内の茶室「黄梅庵」で3月19日~4月9日まで開催される

花道家・片桐功敦さんの作品のパネル写真と片桐さんの茶花で展示した、

「堺・花彷茫」~花で辿った堺ルネサンスの日々~とともに、

展覧会後の立寄り処として『茶寮つぼ市製茶本舗』が

紹介されています。

 

各地に密着した情報雑誌の堺市版、
『堺市Walker』が2月24日に発売しました。

堺の各地の名店紹介コーナーで、「茶寮 つぼ市製茶本舗」が

紹介されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、昨年3月にオープンした「イオン堺鉄砲町店」において

つぼ市の“利休抹茶あいすくりーむ”が販売されていることも掲載されています。

 

 

雑誌「婦人画報」3月号に、利休作『韮山竹花入(花器)』(つぼ市製茶本舗所蔵)が

堺市出身の片桐功敦(かたぎりあつのぶ)さん-花道みささぎ流家元-のエッセイと共に

掲載されました。

利休は亡くなる前年に名竹の産地「韮山」でこの花器を作ったとされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平素より、茶寮つぼ市製茶本舗浅草店をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら、都合により下記の日時、貸し切り営業となります。

 

2月7日(火)13:30~16:30

 

ご迷惑をお掛けし、誠に恐縮ではございますが、
何卒よろしくお願いいたします。

雑誌「Mart」3月号(2017年1月28日発売)の
カルディコーヒーファーム様の新商品のコーナーで
つぼ市の『ママの愛情♡こども青汁』が紹介されました。

 
年末年始の営業時間について、茶寮つぼ市製茶本舗は下記のとおりの営業となります。

 

◆茶寮つぼ市製茶本舗 堺本館
 
年末
12月30日(金)
物販 10:30〜15:00
カフェ11:00〜15:00
(ラストオーダー14:30)
 
 
年始
1月4日(水)
物販10:30〜18:00
カフェ11:00〜18:00
(ラストオーダー17:30)
 
12月は火曜日も営業、
12月31日(土)〜1月3日(火)は休業いたします。
 
 

 
◆茶寮つぼ市製茶本舗 浅草店
 
年末年始も休まず営業いたします。

 
 
 
 

 
  
 
 

 
 
 
 

お歳暮やお年賀の御進物にお困りの際にはぜひお越しくださいませ。

 

11月27日(日)の読売新聞に、河口彗海の生誕150年を記念して堺市が取り組んでいる事業についての記事が掲載されました。

彗海は堺市生まれで、日本人として初めて鎖国中のチベットに潜入し、貴重な仏教資料を持帰り、チベット研究の進展に大きく貢献した学僧です。

記事には  つぼ市製茶本舗が、今回の彗海フェアに合わせ、「生姜豆乳チャイ」を開発したこと、また、12月4日(日)、堺区の茶寮にて彗海ゆかりの品などを特別展示することも紹介されています。

 

 

各地の”うまいもん”を地域ごとにまとめた雑誌の堺版「堺食本」

「茶寮・堺本館」が掲載されました。

堺で歴史ある老舗・銘店を探訪するというテーマで

嘉永三年から続く「つぼ市製茶本舗」が戦火に追われ

堺を離れて、平成25年、元の堺に満を持して『茶寮』

オープンさせたという話などが紹介されています。

 

 

詳細な地図を見ながら各地を楽しむガイドブック
「歩く地図-大阪散歩」(2016年11月1日発刊)に
阪堺電車など堺の名所とともに
「茶寮-つぼ市製茶本舗」が掲載されています。

“市中の山居”をテーマにしたたたずまい、
プロが淹れるお茶とお茶を活かしたスイーツなどを楽しめる
和カフェとして紹介されています。
                                                                       
                                                                       

 

「ぴあ」から発行されている大人のための

観光案内雑誌『大人の小旅行』。

2016年9月15日発売の関西版に

「阪堺電車(チン電)沿線の堺の名品をめぐる」と題し、

「茶寮-堺本館」のスイーツ、ギフトなどが紹介されました。

 

2016年9月22日発売の雑誌『Hanako』(No.1118)に、
つぼ市製茶本舗「茶寮-浅草店」が掲載されました。

深みのある宇治抹茶を贅沢に使用したかき氷、パフェなどの
スイーツが紹介されました。

 

 

去る9月10日、静岡県で開催された「第63回全国茶審査技術競技会」で

製造部の池田工場長が七段に昇段。

初挑戦の営業部の平松課長が二段を取得しました!

 

つぼ市では長い間、社長が取得している六段が最高段位でしたが

今回の大会で最高段位が一段上がりました。

 

二人は、これからも修練を重ね挑戦を続けるとのこと。

来年の大会が今から楽しみです。

 

 

 

 

地域密着の穴場情報など多数掲載する

人気の雑誌『関西ウォーカー』16号(8月9日発売)

関西てみやげ特集で つぼ市の「宇治抹茶あんみつ」が掲載されました。

 

さらに、新設された編集部企画のツアー「まちあるきスイーツ巡りツアー」

の中の高石のこだわりあふれるとっておきスイーツが味わえるツアーに

つぼ市「茶寮」が登場しました。

 

女性のための情報雑誌「Hanako」の別冊  ” 絶品!大阪ベストグルメ” (2016年8月1日発売)の
ドリンク特集で 「茶寮」の 特選利休の詩 が掲載されました。

 

 

肉好きの肉好きによる肉の情報サイト『肉メディア』。
その中で、
「肉が恋するかき氷」(後編) と題し、

最近の焼肉屋さんのシメはアイスクリームではなく、
かき氷がトレンドだとのことで、つぼ市茶寮のかき氷が
掲載されました。

詳細: コチラをクリック

あの町この街の あんなところ(ココドコ)、こんな人(ダレソレ)、おいしいもの(ゴチソウ)などなど、ぱっと見では分かりにくい、その町の魅力的な顔を紹介し、お部屋探しが楽しくなる街の総合メディアサイト、ハイカラ不動産。
そのページに『つぼ市製茶本舗』が掲載されました。
詳しい内容は下記のバナーをクリックしてください。↓
                                                                

    ゴチソウ


 

 

ご好評いただいております茶寮のかき氷ですが、蜜と氷の量に限りがございますため
ラストオーダーのお時間より早く終了することがございます。
大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
  
かき氷以外のメニューも多数ご用意しておりますので、是非お試し下さい。
  
今後とも「茶寮つぼ市製茶本舗」をどうぞよろしくお願いいたします。

7月15日発売の雑誌
『関西の私鉄・JRで行くお得きっぷの旅』(京阪神エルマガジン社) に
「茶寮」のかき氷が掲載されました。
                                                         
                                                         

 

かき氷の食べ比べを堪能できるイベント『KANSAI かき氷コレクション』。

つぼ市 「茶寮」のかき氷も出品することになりました

LマガジンのWEBサイトにイベントの告知が詳しく掲載されているのですが、

その中でつぼ市は「濃厚な抹茶シロップで有名なお茶の老舗」

紹介されています。

詳細は下記リンクをクリックしてください。

↓   ↓   ↓

かき氷好きが選ぶ名店、神戸に集結

今年もかき氷の季節がやってきました。
そんな中、エリア情報誌 『関西ウォーカー』(6月8日発売)に
茶寮の利休抹茶金時が  “イチオシの一杯” として、
大きく掲載されました

氷を削る刃や、絶妙な甘さのあんこなど、こだわり抜いた一品です。
毎シーズン行列になるほどの 茶寮のかき氷、ぜひご賞味くださいませ。

                                                                    
                                                                    

月刊H&Bリテイルはヘルスビジネスマガジン社が毎月発行している健康・美容・くらしに関する

商品の情報誌です。

6月号の「特集 ドラッグストアで売るべき商品」の中で『ママの愛情♡こども青汁』が

“ママ目線にこだわったお茶屋さんの青汁”として紹介されました。

 

 

商業人の業界紙である『商業界』2016年7月号で特集記事「SC(ショッピングセンター)が大歓迎する実力派 地域専門店」として【茶寮・つぼ市製茶本舗】が紹介されました。

昨年末、茶寮2号店が東京浅草の商業施設「まるごとにっぽん館」とともにオープンし、堺の老舗茶屋としてチャレンジしている様子が掲載されています。

 

平成28年3月27日(日)に行われた
大阪府茶業青年団主催 第59回茶審査技術競技大会において
つぼ市製茶本舗 工場長の池田 祥人が優勝、
営業部の平松 太陽が5位入賞(日本茶業新聞社賞)を果たしました。

二人とも後日行われる全国大会に出場し好成績を目指します。

今年で41回目を数える「FOODEX JAPAN」は、アジア最大級の食品・飲料専門展示会です。

あまたある展示品の中で、つぼ市製茶本舗の「ママの愛情♡こども青汁」が

FOODEX美食女子※ ママの愛グランプリを受賞しました。

※FOODEX美食女子とは、モデルやフードコーディネーター、栄養士など、

食に対する意識の高い20代~40代の女性たち約50名で構成される

FOODEX JAPANの公式組織です。その中で、ママの愛グランプリは小学生以下の

お子様を持ちの約20名のお母様とそのお子様が審査し、決定されます。

 

初日の3月8日に、授賞式が執り行われました。

 

つぼ市の「女性栄養士」「女性日本茶インストラクター」がタッグを組み、

ママの「飲ませたい」とこどもの「飲みたい」を両立する飲みやすい味、

1歳から家族みんなで楽しめる安心素材、飲み続けられるカロリーと値段、

そして楽しいパッケージに、とことんママ目線、女性目線でこだわった商品です。

 

 

 

 

 

 

堺の茶寮でゆったり、朝のティーパーティーはいかがですか?
お茶の淹れ方教室や、この日のために特別にご用意した
「特選 利休の詩」の茶粥、つぼ市厳選のスイーツ、食べ放題メニューもございます。

 

先着ペア13組様(26名)限定です。
お申込みは茶寮店頭にて、お待ちしております。

 

開催日時 2016年3月24日(木)
10時30分~13時30分(L.O)
料金 3,500円(税抜)

 

 

2月19日に第16回 堺市景観賞 表彰式が執り行われ
竹山市長から表彰状を授与していただきました。
 
「歴史的建造物部門」で賞をいただいた茶寮 堺本館をこれからも
 大切に守ってまいります。
 
 

 

「堺市景観賞」とは堺のまちなみに調和した魅力ある建造物や工作物、広告物を選び、

その所有者や製造者を良好なまちなみや景観形成に貢献している者として

表彰するものです。

いくつか部門がある中で、茶寮 堺本館は[歴史的建造物部門]で賞をいただきました。

詳細は2月1日発行の 広報さかい 3面掲載されています。

 

日本経済新聞[2016年1月12日(火)(夕刊)]、”食ナビ”コーナーで、

「茶の湯」息づく堺の和菓子 の特集記事内において、『茶寮』が紹介されました。

 

 

1月13日放送、日本テレビ系「ZIP!」で、

弊社新店である、茶寮つぼ市製茶本舗浅草店

および、店舗の入っているビルである、「まるごとにっぽん」が紹介されました。
その中でも、カフェで提供している煎茶セットとして

弊社の看板商品「特選 利休の詩」を召し上がっていただきました。

 

番組をご覧になった皆様には、ぜひ一度お店にまで足を運んで頂きたいと思っておりますが、
弊社のオンラインショップ、「利休倶楽部」からでも
商品をお買い求めいただくことができます

「特選 利休の詩」の紹介ページはこちらから

http://www.rikyu-club.com/html/page11.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他にも、つぼ市自慢の商品が多数ございますので、

オンラインショップ「利休倶楽部」をぜひご利用ください。

http://www.rikyu-club.com/

 

 



12月21日付けの日本食糧新聞で
「匠利休 深蒸し茶シリーズ」が紹介されました。



2015年12月21日の日本経済新聞で
つぼ市の新商品「利休抹茶しょうが湯」が紹介されました。


2015年12月16日の日本経済新聞 近畿のページに
茶寮 浅草店の記事が掲載されました。



本格抹茶ペットボトル「一期一会」が
おみやげグランプリ2016 のフード・ドリンク部門で「クールジャパン賞」を受賞しました。

106社174商品の中から選ばれた栄えある賞です。

東京ドームで開催される<ふるさと祭り東京2016>(2016年1月8日~17日)で
他の入賞商品とともに展示・販売されます。

※おみやげグランプリとは…
   日本のおみやげを通して日本の魅力を海外に伝え、日本の来訪を促進することを
   目的にした「魅力ある日本のおみやげコンテスト」。

    主催:ふるさと祭り東京実行委員会(㈱フジテレビジョン、㈱文化放送、㈱東京ドーム)
    後援:国土交通省観光庁他





グリー株式会社が運営する暮らしをデザインする
住まいのビジュアルプラットホーム「LIMIA(リミア)」に
茶寮 浅草店が掲載されました。

掲載サイトはこちら → http://limia.jp/idea/5725/



「茶寮 つぼ市製茶本舗 浅草店」が店舗を構える「まるごとにっぽん」の
オープニング記念企画「ニッポニア・ニッポン」の呈茶イベントで
つぼ市の抹茶『堺の昔』が使われています。

「ニッポニア・ニッポン」は講談社「モーニング」連載中、山田芳裕『へうげもの』スピンオフ企画 。
主人公・古田織部のDNAを受け継ぐ激陶者集団へうげ十作たちの作品展示販売に加え、
茶の湯・和酒・雅楽など連日イベント盛り沢山な企画です。

つぼ市も1月6日・7日の二日間、呈茶イベントを行います。

皆様、是非お立ち寄りください。



【激陶者集団へうげ十作展 ニッポニア・ニッポン】
 会期:2015年12月25日(金)~2016年1月7日(木)
     10:00~20:00(会期中無休)
 場所:まるごとにっぽん3階

【つぼ市製茶本舗による呈茶イベント】
開催日時:2016年1月6日(水)・7日(木)
開催場所:fusumart茶室(ライブステージ)
無料・予約不要(つぼ市で商品をご購入の方も無料となります。)

堺に「茶寮 つぼ市製茶本舗」を開業してから2年。
おかげさまで、このたび縁あって浅草に2店舗目を出店いたしました。

12月17日(木)に開業した「まるごとにっぽん」という商業施設の2階に
堺の店と同じく「市中の山居」というコンセプトで店を構えさせていただいております。

「まるごとにっぽん」は47都道府県の「てまひまかけた本物の逸品」や
「全国の隠れた名品」を次世代に伝えて行くことをテーマに作られた施設です。

「ものの始まり何でも堺」と言われた町で創業し、育てていただいたつぼ市は
浅草の町でも「ホンモノ」を提供しつづけ、堺創業の名に恥じぬ店にしてまいります。

茶寮経営という新しい事業に踏み出してからわずか2年で
2店舗目を開業させていただくことができたのは
ひとえにご支援くださいました皆様のお力によるものと
心から感謝しております。

ありがとうございます。

浅草店も堺本館に引き続き、より一層のご愛顧を賜りますよう
何卒お願申し上げます。

【茶寮 つぼ市製茶本舗 浅草店】
住所:〒110-0032 東京都台東区浅草2-6-7  まるごとにっぽん2階
    つくばエクスプレス「浅草」駅より徒歩2分
    東武スカイツリーライン
    東京メトロ銀座線
    都営浅草線  「浅草」駅より徒歩8分

TEL:03-3841-0155
営業時間:10:00~20:00(喫茶はラストオーダー19:30)
定休日:年中無休

地図はコチラから → http://www.tsuboichi.co.jp/saryo#asakusa

 

「OSAKAキラ女☆計画」とは、これからの女性の生き方・働き方を

研究する大阪府の事業としてスタートした、

「若年女性のための「しごとラボ」推進事業」において

実施しているプロジェクトです。

 

女性が安心して働きやすい魅力的な企業として、『つぼ市製茶本舗』が

インタビューを受け、特集ページも組まれました!

↓↓こちらのリンクへアクセス!↓↓

http://kirajo.jp/feature/

 

 

年末年始の営業について、茶寮つぼ市製茶本舗は、

販売・喫茶ともに12月30日まで通常通り営業をさせていただきます。

また12月中は、本来定休日である火曜日も休まず、12月は全日営業いたします

また、年始については1月3日、日曜日から通常営業を開始いたします。

お歳暮やお年賀の御進物にお困りの際にはぜひお越しくださいませ。

 

※12月1日から翌年1月4日までの茶寮休業日

12月31日(木)~1月2日(土)

以上

 

来る12月7日はわが町堺が育んだ詩人、与謝野晶子の137回目の誕生日です。

晶子の生誕の地・堺では彼女の愛と自由の精神、生き方に学び、

2008年から生家跡一帯を中心に芸術祭を開催しています。

第8回である今年、茶寮 つぼ市製茶本舗もこの祭典に参加することになりました。
                                                                                                                            

【テーマ】 与謝野晶子と13の茶会                                                                                           

【期 間】 11月21日(土)~12月7日(月)

茶寮でどんな茶会が開かれるかは

来て、見て、体験してお確かめください。

たくさんの方のご来店をお待ちしています!!

『茶寮』はこの秋で開店2周年を迎えることとなりました!

日ごろのご愛顧への感謝の気持ちをこめて、様々な企画をご用意して

あなたのお越しをお待ちしております。

1996年から続く大人のための首都圏散策マガジン「散歩の達人」の

ムック本である『女子旅行 絶景部』(9/11発売)に【茶寮】が掲載されました。

                                                                                                                 

  

チンチン電車に乗って堺をめぐる中で、ひと休みした

「お茶のプロによる香りと味を楽しむ」お店として紹介されています。
                                                                                                     
                                                                                             

スイーツのメーカーである「株式会社モンテール」と

「株式会社つぼ市製茶本舗」の茶鑑定士六段が選定した抹茶から生まれた新作スイーツ

『薫る抹茶プリン』の販売が全国(北海道と沖縄を除く)で始まりました。

厳選された「つぼ市こだわりの抹茶」の風味を活かした

薫り豊かなプリンをお楽しみください。

 

 

8月21日(金)、関西テレビ「よ~いドン!」の人気コーナープロが教える「本日のオススメ3」にて、

フードライター・団田芳子さんのオススメ 「手土産にピッタリ!絶品スイーツ」の一つに

つぼ市製茶本舗の【抹茶あんみつ】が紹介されました。

 

【Hanako】特別編集版”大阪遊び!”と題された本誌の

かき氷特集ページに茶寮の『利休抹茶金時』が掲載されました。

 

 

Hanako_kiji

 

堺市ウォーカー”堺ジモト飯”特別編集版(8月7日発売)に、

ジモト出身有名人オススメ店の中で、女優の谷村美月さんが

茶寮の抹茶かき氷をオススメしてくださいました!

 

sakaiwalker_kiji

 
また、堺駅の周辺のグルメスポット特集にも
             「茶寮」のスイーツ
が掲載されています!
 
 
sakaiwalker_kiji2

8月7日、夕方の17:13からの番組「ニュースリアル」において、

〝関西ウォーカー編集部が選ぶ 大阪のかき氷ベスト3″

第3位「お茶屋の宇治金時」として、茶寮のかき氷が紹介されました。

kakikoori_ujimatchakintoki

TVO_ujimatcha

夏まっ盛りですが、「関西ウォーカー8月超特大号」(7/29発売)に
つぼ市の抹茶あんみつが手土産特集のコーナーにて
【グランプリ商品】として掲載されました。

 

また「News Walker」のページでは、

10月24日(土)、11月7日(日)に予定されている『高石ディスカバリーツアー』の

コースに つぼ市製茶本舗が含まれていることも紹介されています。

walker_kiji1walker_kiji

 

 

 

誠に勝手ながら8月6日(木)は
茶寮 つぼ市製茶本舗を臨時休業とさせて頂きます。
皆様、お間違えのないよう
何卒宜しくお願い申し上げます。

7月11日、読売新聞(地域面) [ふるさとの逸品]において
つぼ市製茶本舗の『抹茶あいすくりーむ』が紹介されました。

お茶屋として自信をもって誕生させた逸品、
抹茶あいすくりーむ。
是非一度、賞味ください。

読売抹茶あいす

平成27年7月11日(土)ソフィア・堺において、
子どもたちの科学への興味関心を高め、堺のまちへの
誇りと愛着を深めることをねらいとして、「堺科学教育フェスタ」が開催され、
「つぼ市製茶本舗」からも 『抹茶の化学~最新の伝統~』 と題し、
30分×2回、小学生対象のワークショップを開催しました。
 内容は、
 ・抹茶の作り方 
 ・栄養分
 ・保存方法
 ・新しい抹茶ドリンクの飲み方を紹介 などなど。
                                                         

  その後、実際に当店の抹茶ドリンク「一期一会」を飲んでいただきました。
                                                                
                                                                

                                                               

2015年7月6日、日経「MJ」の[探訪・繁盛店]のコーナーで
『茶寮』が紹介されました。
古い町屋をリノベーションし、千利休生誕の地、堺でカフェを
誕生させた経緯などが紹介されています。

MJ茶寮記事

「生活協同組合コープこうべ」が刊行している雑誌
「コープステーション」8月号(7月10日発売)にて、
各地のローカル線沿線を巡る特集で、阪堺電車
取り上げられ、つぼ市製茶本舗 『茶寮』が紹介されました。

                                                                   

アメリカ、シアトル出身のこだわりポップコーンの『POP!グルメポップコーン』からつぼ市特選抹茶つぼ市最高級ほうじ茶粉を贅沢にまとったポップコーンが2015年6月18日、表参道店のみでの限定発売となりました!                          

つぼ市抹茶の優しい甘さと、香り高い最高級ほうじ茶のほのかな苦み絶妙なバランスです。
                                                                                                                              
『POP!グルメポップコーン』のコーンは契約農家から取り寄せている遺伝子組み換えをしていない安全で美味しい3種類を使用。
フレーバーごとに大きさ、形、特徴により最適なものをチョイスしています。また、化学調味料・保存料不使用。フレーバーはオールナチュラルにこだわり、全て自社で一から作られるため、安心で体に優しい、上質な香りと味わいを実現しています。

 

2015年6月3日発売の『関西ウォーカー』にて、

2015年、ニューウェーブかき氷101品の中でも

厳選20品の中の一つとして『茶寮』の宇治金時かき氷が

紹介されました!

表紙にも登場しています♪ ↓↓↓

 

蔵で熟成させた最高級抹茶みつ氷を

ぜひご賞味ください。

 

当社の『ごぼう茶』がたまごクラブ4月号付録「母乳育児実践ブック」の中で

読者の方の体験談とともに掲載されました。

 

 

 

 

 

 

ノンカフェインで血液の循環をよくし、母乳の出をよくする飲み物として紹介されました。

『つぼ市のごぼう茶』はコチラをチェック!

 

堺市警察様につぼ市の煎茶ティーバッグを

提供させていただいたところ

2月の防犯イベントでチラシと一緒に

配布してくださいました。

 

ゆっくりお茶を飲みながら

防犯について考える時間を

持っていただけたらと思います。

 

 

 

 

 

2014年10月、堺と東南アジア諸国連合(ASEAN)の

交流を図る第6回アセアンウィークが開催され、

「茶寮」も各国メディアの取材を受け、

日本の伝統であるお茶の魅力を紹介しました。

取材を受ける様子などがアセアンウィーク事業の記録集に

掲載されました。

 

このたび、茶寮つぼ市製茶本舗では、

これまでのトーストのモーニングメニューに代わり、

香利休ほうじを使用した茶粥のセットメニューを開始致しました。

毎日限定10食となっておりますが、

1.000円のお値段以上に、皆さまに満足していただけるような

盛りだくさんのメニューとなっておりますので、

ぜひ一度お召し上がりください。

 

※【お詫びとお断り】

1月9日発行のフリーペーパー「ぱど」(南大阪版03堺中央エリア版)

にて、茶寮が掲載されましたが、その際に限定10食であることを

記載せずに「香利休茶粥セット」を紹介してしまいました。

野菜等の生鮮商品を多く使用するため、他メニュー同様に用意すること

が出来ないものとなっております。

この度は、お客様にご迷惑おかけしてしまい、申し訳ございません。

何とぞご理解の程、よろしくお願いいたします。

 


《メニュー紹介》

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~こだわりの香利休茶粥セット~ 税込1,080円

つぼ市の美味しいお茶「香利休ほうじ茶」を使用した香り高い茶粥に、

こんがりと焼いたお餅をトッピングしました。

お野菜の旨みをしっかり感じていただけるよう、化学調味料などは

一切使用せずに仕上げた、こだわりの野菜たっぷりのあんかけや、

自家製浅漬けと一緒にお楽しみくださいませ。

 

ドリンクは

・煎茶 (特選利休の詩)

・ほうじ茶(香利休ほうじ茶)

・紅茶

デザートは

・抹茶ぷりん (写真左)

・白玉ぜんざい (写真中央)

・利休抹茶あいすくりーむ (写真右)

のうちから、1つずつお選びください。

 

皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

 

 

平成26年11月17日(月)、泉大津税務署より優良申告法人として表敬を受けました。

                                                              

優良申告法人とは、税務署が5年に一度の税務調査で、適正な申告と納税がされ、

かつ経営内容が優良で問題ないとして表敬する法人のことです。

各税務署毎に認定され、一定期間、一定金額以上の法人税を期限内納付、

税務調査でも問題なし等といった要件のほか、所轄税務署管内の法人数の

一定割合しか認められていません。                                                                                

                                                           

今後も優良申告法人として適正な申告・納税を行い、

社会に貢献する企業として努力をしていく所存でおります。

平素より、茶寮つぼ市製茶本舗を御愛顧承り、まことにありがとうございます。

 

このたび茶寮は、11月に開店1周年を迎えます。その記念に、

11月1日㈯ から 5日㈬ の期間中 (※4日㈫は定休日) は、

感謝期間と致しまして、ご飲食・お買い物を含め、税込2,000円以上、

お求めくださったお客様に、感謝の気持ちを込めて

茶寮で使用できる、「お茶券」を1枚プレゼントさせていただきます。

 

また、茶寮人気商品である「利休餅」を、抹茶餡からほうじ茶餡に変えた、

「利休餅・ほうじ」も、11月1日より2個入りのみ販売致します。

なお、感謝期間中は、通常の1割引での販売になります。

 

是非、期間中お誘い合わせの上ご来店くださいませ。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

10月9日発売の『電車旅』(LマガジンMOOK)に

「茶寮」が掲載されました。

飛行機や車の旅にはない、

“電車旅”の魅力を再発見できる一冊です。

 

今回の特集は、【老舗の味×阪堺電車】。

 

大阪唯一の路面電車である阪堺電車の

神明町駅より徒歩わずか1分の所にある

「茶寮 つぼ市製茶本舗」は

「心ゆくまで抹茶を堪能」できるお店として紹介されています。

 

 

つぼ市がPeach Aviation株式会社とタイアップし、

「茶寮」が「peach cafe(ピーチカフェ)」の一つになりました!

 

 

茶寮では peach搭乗者限定メニューとして、

『濃厚白桃の抹茶しぐれ』が登場!

白桃ピューレのとろける甘みと適度な酸味が

抹茶のほろ苦さと見事に溶け合った一品。

ぜひご賞味ください♪

 

 

Richer11月号(10/4発売)に

茶寮 つぼ市製茶本舗 が紹介され、

抹茶パフェやぜんざいなど、

食材にこだわった甘味や

お土産にぴったりな小箱シリーズなどが

取り上げられました。

 

 

【ぴあ関西】発行の『堺食本』

(2014年9月26日発売)の

カフェ・スイーツ特集にて、

「茶寮」(堺市堺区九間町東)

が掲載されました。

 

 

 

 

 

 

 

9月22日付の日経MJ誌の新商品コーナーにて

本格抹茶ドリンク「利休一期一会」が紹介されました。

                                                                                          

 

9月13日(土)22:00~22:54に放送された

「ひと・まち紀行」 テーマ:大阪 天王寺・堺 で

つぼ市が取りあげられました。

                                                                                            

千利休の時代から堺に流れる『おもてなし』の心を伝える

堺創業のお茶屋として紹介していただきました。

 

9月13日(土)に放送される「ひと・まち紀行」(BS-TBS)のテーマは

「大阪 天王寺・堺」。

                                                                                            

昨年、阪堺電車沿いに茶寮をオープンしたつぼ市にも

「話を聞きたい」とのお声がかかり、取材していただきました。

                                                                                          

つぼ市が、実は160年以上前に堺で創業したお茶屋であること、

第二次世界大戦で店舗が焼け高石市に移転したものの、

ずっと、創業の地 堺にもう一度、店を持ちたいと思い続けていたこと、

ようやく、昨年、茶寮をオープンし、想いを遂げたことなどを

社長がお話させていただいたところ、興味深く思っていただいたようです。

                                                                                          

土曜の夜のひととき、写真家の目で見た天王寺、堺の町の歴史や

そこに生きる人々の様子を是非、ご覧ください。

                                                                                           

【放送日】2014年9月13日(土) 10:00~10:54

【番組名】 「ひと まち・紀行」 BS-TBS

  ← 番組内容はこちらから…

 

 

 

                                                                                           

 

去る9月6日(土)に行われた「第61回 全国茶審査技術競技大会」において

つぼ市製茶本舗の工場長 池田 祥人が個人戦で第5位受賞、

段位も昨年、初挑戦で獲得した二段から一気に六段に昇段しました!

                                                           

これで、つぼ市には既に六段を取得している社長と合わせて2名の茶鑑定士六段が

在籍することになりました。

                                                                                            

お茶のプロフェッショナルである茶鑑定士2名が厳選した原料で

作り上げているつぼ市のお茶を是非、ご賞味ください!

                                                                                           

   

                                                                                            

      

                                                                                     

 

関西ウォーカー(9/2発売)の

「今、大ブーム!秋の観光列車の旅」の記事の中で

茶寮 つぼ市製茶本舗が取りあげられました。

                                                         

 

8月31日(日)の産経新聞の朝刊で

つぼ市の「利休抹茶あいすくりーむ」が取りあげられました。

                                                                                            

                                                                                        

『大阪産(もん) アイデアの源流』というコーナーで

「利休抹茶あいすくりーむ」が作られたいきさつが紹介されています。

 

Richer 8月号に「茶寮 つぼ市製茶本舗」が取りあげられ

かき氷が「濃厚抹茶のかき氷」として紹介されました。

台風11号が接近しております。 そのため、2014年8月10日(日)は、午前9時の時点で大阪府堺市に暴風警報が発令されていた場合、営業を中止させていただきます。
警報が解除され、営業を再開する場合は、Facebookにてお知らせいたします。
ご了承いただきますよう、お願い致します。

We offer you an elementary program about how to serve and enjoy Matcha for children. It is a valuable time for children to experience the manner, and taste of Matcha under the instruction by the professionals.

During the program, parents can stay and enjoy the time in our Cafe.

Feel free to participate in our Matcha school!

Date
7 August,2014 10:30-11:30
Place
Cafe in Tea House Tsuboichi (1F)
Quota
10 persons
Fee
1,500 yen (tax included)
Inquiry
Tea House Tsuboichi TEL 072-261-7181 (10:30-18:00)

In July 5, 6, and 7, we hold a special event related with Japanese traditional Star Festival (Tanabata).

In these days, we hold events as below;

  • Saryo is open until 20:00 (Last order in 19:30).
  • Get dressed in Yukata and visit Saryo, and we present a special goods! (*presents for customers who wear Yukata, and order / purchase items in Saryo in these 3 days)
  • The special display for the Star Festival in our garden.

Feel free to visit Saryo and enjoy the summer nights!

date
5 July(Sat.) – 7 July (Mon.)
*Open until 20:00 (Last order in 19:30 in Cafe)
Inquiry
*+81 72-227-7809 10:30 – 18:00
・Facebook page (in Japanese) :

お抹茶がお好きなお子様、茶道に興味があるお子様、夏休みの思い出作りに・・・お抹茶の作法を趣のある町屋で体験してみませんか? 

お子様が教室にご参加中、親御様には
喫茶でゆっくりお待ちいただけます。

是非お気軽にご参加下さいませ!

日時
2014年 8月7日(木) 10:30~11:30
開催場所
茶寮 つぼ市製茶本舗 1階客席
定員
10名
費用
1,500円(税込)
お問合せ先
・072-227-7809 (茶寮)10:30~18:00
※お申し込みは、お電話、もしくは店頭にて承ります。
子どもお抹茶教室 のご案内(PDF)はこちら

堺の顔ともいえる〝住吉さん” 住吉大社の祭礼に合わせ、茶寮の開店時間を延長いたします! 

お祭りを楽しんだあとは、普段見られない夏仕立てのお庭のライトアップ・おいしいお茶とスイーツを堪能しながら、涼しい店内で くつろいだひとときを過ごしてみませんか?

皆さまのご来店、心よりお待ちしております。

イベント開催期間
2014年7月31日(木), 8月1日(金)
イベント期間中の営業時間
10:30~20:00 (ラストオーダー 19:30)
店頭でのイベント
期間限定で、夏のお庭をライトアップいたします!
浴衣でご来店いただき、ご飲食・お買いもの下さった方に、特別プレゼントをお渡しいたします!
お問合せ先
TEL 072-227-7809 (茶寮)10:30~18:00、火曜定休日

池田泉州銀行グループ・株式会社自然総研 様 の会員制情報誌「トイロカルチャー(2014年8月号)」にて、弊社茶寮が掲載されました。

「市中の山居」という茶寮のコンセプトや、メニューに込めたこだわりについて、ご掲載いただいております。

今後とも、弊社茶寮、ひいてはつぼ市のお茶をご愛顧賜りますよう、よろしくお願いいたします。

茶寮つぼ市製茶本舗特設ページ
店舗の詳細はこちらをご覧ください。
Facebook 茶寮つぼ市製茶本舗ページ
Facebookページを毎週更新中です。茶寮の最新情報にアクセスしてください!

町屋を改装した 落ち着いた雰囲気のお店で、私たちといっしょに働いてみませんか?

経験は不問・お茶が好きな方は大歓迎!募集に関するお問い合わせは、茶寮(TEL 072-261-7181)までお気軽におたずねください。

ご応募お待ちしております。

募集要項(PDF)はこちら)

募集内容
ホール・物販・キッチン業務など。
時間
10:30 – 18:30 のうち、3~8時間勤務。
時給
850円~ (昇給あり)
備考
  • お茶が好きな方、大歓迎です!
  • 土・日を含む週2~3日勤務出来る方を募集しています。
  • 経験は問いませんので、まずはお気軽にお問合せ下さい!
お問合せ先
TEL 072-227-7809 (茶寮)10:30~18:00、火曜定休日

 

7月14日(月) 堺市で「本格抹茶ドリンク 利休一期一会」の

プレスリリースを行いました。

報道各社が参加される中、社長が「利休一期一会」開発に込めた思いと

商品特徴を語り、翌日(7月15日)の日本経済新聞と産経新聞にその時の記事が

掲載されました。

                                                                                           

                                                                                                                                       

 

つぼ市製茶本舗は、7月1日(火)「本格抹茶ドリンク 利休一期一会」を

発売しました。

抹茶そのものの風味を損なわないために、飲む直前に抹茶を溶かす事にこだわり

キャップに抹茶が密閉された状態で収納できる特殊キャップを採用したペットボトルです。

                                                                     

多くの人に楽しんでいただけるように、茶室で味わう本格抹茶でありながら

苦みをおさえて爽やかな飲み口になるように調整した抹茶を使いました。

                                                          

創業の地・堺が庶民の抹茶文化発祥の地であることをアピールする商品を

世に出したいという思いのもとに開発した「利休一期一会」。

利休の名に恥じぬように水色、香り、味ともに抹茶の風味を活かした

抹茶100%の無添加ドリンクをよろしくお願いします。

                                                          

「本格抹茶ドリンク 利休一期一会」

330ml  希望小売価格:250円(税抜)

茶寮店頭にて、「七夕浴衣祭り」を開催します。

期間中は、午後8時まで営業します。また、浴衣でご飲食・お買いものいただいたお客様にはささやかなプレゼントがございます!

また、お店の庭を活かした七夕ならではの飾りつけにもご期待ください。皆様お誘いあわせの上、遊びにいらしてください!

日時
2014年7月5日(土)・7月6日(日)・7月7日(月)
※期間中、19:30ラストオーダー・20:00閉店で営業。
お問合せ先
・072-227-7809 (茶寮)10:30~18:00
・茶寮 つぼ市製茶本舗 Facebookページ→

この度弊社は、「大阪府食の安全安心顕彰制度」において、大阪府知事賞を受賞いたしました。

「大阪府食の安全安心顕彰制度」は、大阪府が実施する制度で、食の安全安心につながる取組を活性化することを目的に、食の安全安心の確保に優れた取組をした事業者・消費者を顕彰するものです。5月20日、[関西]外食ビジネスウィーク2014(インテックス大阪、5月20日-22日)内にて、第2回表彰式が行われ、7団体が大阪府知事賞の表彰を受けました。

ISO9001などの認証取得をはじめとした弊社の衛生管理・品質管理に対する取組み、また「お茶の淹れ方教室」の開催を通じた食育活動の取組みを高く評価いただき、今回の受賞の運びとなりました。

今回の表彰に感謝の意を表します。これからも、お茶を通じてお客様にやすらぎと和を提供するため、たゆまず歩んでまいりますので、変わらぬご愛顧のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

Tea House is open in the Holiday week in May.

We are also open on the Tuesdays as follows:
29 April , 5 May.

Tea House Tsuboichi starts the first tea of this year at 1 May.

The first tea is picked around the “Hachi-ju-hachi ya”(88th day counted from Risshun day). It is said that the first tea maintains your health and happiness for a year. We are conscientious about selecting umami-rich tea leaves, and processing the leaves.

Enjoy the fresh taste and flavour of the tea.

We hold a special semminar “Rikyu-Juku” at Tea House on tea and meals. In this semminar, Mr. Kazuhiko Tei(cooking expert), and Mr. Yozo Tanimoto(previous president of Tsuboichi, tea expert) discuss the topics.

After the semminar, you can enjoy a tea party with Mr. Tei and Mr. Tanimoto and the listeners.

Date
14 June, 2014 (Sat.) 14:00~16:00
Place
Tea House Tsuboichi (2F)
Fee
\3,000- (tax included, tea and sweets are served in this fee.)
Quota
20 persons (Reservation required ,order of arrival)
Reservation / Inquiry
*Head Office = 0120-61-7187(Toll free) 9:00~17:00
*Tea House = 072-227-7809 10:30~18:00

 

平成26年3月15日に開催された「南海ヘルシーハイキング 堺の魅力満喫めぐり」
(南海電鉄主催、堺市後援、池田泉州銀行協賛)で、
池田泉州銀行様が行う呈茶のサービスに、
つぼ市の煎茶「特上 利休の詩」と「利休抹茶ぽるぼろん」
お使いいただきました。

 

「本当においしいお茶」をふるまいたい!という池田泉州銀行のご担当者様の熱い思いを受け、
弊社も「誰でも、何百人もの方々においしいお茶を淹れることができる」ためには
どうすれば良いのかを試行錯誤し、微力ながらお手伝いさせていただきました。

 

当日は池田泉州銀行 堺西支店様の店舗前で、
和服姿の女性職員の方々が淹れたてのお茶をハイキング参加者の皆様に振る舞われました。

 

イベントについての詳細はこちら

 

 

4月11日(金)、堺人であり茶の湯を大成させた千利休の高弟であった

大茶人山上宗二の遺徳を偲ぶ会を開催いたします。

皆様方のご参加をお待ちしております。

 

 

【主催】堺衆文化の会 (会長:つぼ市製茶本舗会長 谷本陽蔵)

 

【開催日・時間】2014年4月11日(金)午後2時から5時まで

 

【開催場所】堺市堺区南旅籠町東3丁1-2(南宗寺内)

天慶院(山上宗二共養塔・茶室大黒庵)

 

【内容】

「本源院・天慶院小野禅師の法要」

「点茶」

「堺の歴史・茶文化について谷本陽蔵先生の講演」

 

【参加費】2000円

 

【懇親会】会終了後において開催します。堺区中之町東1丁の

チンチン電車沿い『源べい』(美々卯のとなり)午後5時30分から

会費:1人 4000円

 

【申込み】事前の申込み不要。直接、会場にお越しください。

 

【問合先】森村(090-5015-4941)

 

 

 

 

 

3月10日(月)、「おはよう朝日です」(朝日放送 月~金6:45~8:00)で

「茶寮 つぼ市製茶本舗」が取り上げられました。

 

『堺トラムで巡るちょっと贅沢な大人旅』というコーナーで

阪堺電車沿線のお店の一つとして、茶寮を紹介していただきました。

 

取材時は、お店に来られたレポーターの阪本智子さんに

利休抹茶あいすくりーむが

「2013年度グルメ女子が選ぶ!大阪発お取り寄せランキングイベント」で

グランプリを取ったことをご紹介いただき、

召し上がった感想もお話いただきました。

 

また、その後、スタジオでも出演者の皆さんが

利休抹茶あいすくりーむを召し上がって下さり

味や香りについてコメントしていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年3月4日(火)、TV番組「スーパーニュースアンカー(関西テレビ放送・17:48 – 18:00)」の特集にて、弊社茶寮 つぼ市製茶本舗 が取り上げられました。

「堺の老舗は味で勝負 新旧の融合で新魅力!」と題し阪堺電車(チンチン電車) 沿線の店舗が紹介される中で、歴史ある古民家を改装した空間づくりと、「利休抹茶あいすくりーむ」「利休餅パイ」など、お茶屋こだわりのカフェメニューをご紹介いただきました。

お店の場所は、阪堺電車(チンチン電車)で約25分・神明町駅前すぐです(下りホーム)。

茶寮 つぼ市製茶本舗について、詳細はこちらをご覧ください。

 

2014年2月4日(火)の午前中、茶寮 つぼ市製茶本舗に内閣府副大臣 西村康稔様、
他3名の方がお越しになられました。

 

来店の目的は「地域資源を活かした町おこし、町づくりの視察」とのこと。
築数百年の町家をリノベーションしてカフェ兼店舗として開業したつぼ市の茶寮は、
古い町並みの美観を守りながら新たなビジネスに挑戦した一つの例として取り上げられたようです。

 

茶寮をご案内した後、西村副大臣と弊社社長で「地域に根付いた文化や資源を強みとして

活かしながら 持続可能なビジネスモデルを作っていく」ことについて、

忌憚の無い意見を交わす機会を得ました。

 

「民間の立場として何が出来るのか?国はどのような支援ができるのか?」

 

これまでの「まず補助金ありき」の支援では、充分な効果が得られないのではないか?
それよりも、地域との共生をベースにしたビジネスモデルを作ろうと努力した結果、
成果が認められた企業に対して何らかの「補助」や「支援」を与えるという仕組みを

作っていただいた方が 企業のモチベーションを高めるのではないかという弊社社長の提案に、

西村副大臣も共感を示してくださいました。

 

 

最後に3月に行われる「堺七まち町家会」の「堺七まち ひな飾りめぐり」の話をしたところ、
後日、秘書官の方を通じて今後のまちづくりイベントに利用してはどうかと、
中小企業庁の「まちづくり補助金/にぎわい補助金」をご紹介いただきました。

 

国の行政の中でも地域の文化を守りながら生きて行こうとしている企業に対して注目し、
評価してくださっている方がおられることを知り、今後、なお一層、茶寮を成功事例にすべく精進していく決意を新たにしました。

 

2014年2月10日(月)の日経MJで茶寮 つぼ市製茶本舗が

紹介されました。

 

記事は堺の阪堺線の高須神社-妙国寺前間で

近年活発になってきている町家を活かした地域活性化の動きの

一つとして茶寮を取り上げています。

 

終盤に紹介されている町家を生かしたイベントとして

3月1日から4月6日まで開催される「堺七まち ひな飾りめぐり」には

茶寮も参加します。

 

このイベントは地域の町家25軒が各家に

ひな人形を飾るというもの。

是非、各町家に飾られたひな人形を見に

堺にお越しください。

 

 

 

 

 

2014年1月25日(土)の日本経済新聞にて、地域活性化の取組として、茶寮つぼ市製茶本舗が紹介されました。

2013年11月、堺市の「環濠都市区域」が国の「歴史的風致維持向上計画」に大阪府で初めて認定されました。弊社茶寮も、お客様へ安らぎと和を提供することを通じ、堺地域の更なる活性化に貢献できるように日々精進してまいります。今後とも、ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

茶寮つぼ市製茶本舗について、詳細はこちらをご覧ください。

平素よりつぼ市をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。誠に勝手ながら、弊社主催の講演会「利休塾」開催のため、下記日程でカフェを貸切とさせていただきます。

下記時間以外は、通常通りの営業となります。また、物販コーナーは講演会開催時間も含め、通常通り営業いたします。

ご来店のお客様につきましては、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

日時
2014年1月25日(土)14:30~16:00
場所
茶寮 1階カフェ ※物販は通常通り営業

 

茶寮 つぼ市製茶本舗が

情報番組「ぶらンチ」(毎日放送 毎週 火・木曜日 10:50~10:54)

取材を受けました。

 

「食べてみたい!体験してみたい!」スポットとして

茶寮を取り上げていただいたようです。

 

放送は、2014年1月9日(木)10:50~ の予定です。

是非ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

『茶寮 つぼ市製茶本舗』が

「おはよう朝日 土曜日です」(朝日放送 毎週土曜日 午前6:25~8:00)

取材を受けました。

 

「おめざめ!!ミサイルマン」のコーナーで

つぼ市の茶寮が紹介されます。

 

放送は2013年12月14日(土)の午前7:00過ぎとのことです。

是非、ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

ESSE(エッセ)2013年新年特大号[1月号増刊・2013年12月2日発売]で

つぼ市の利休抹茶あいすくりーむ が紹介されました。

 

 

紹介してくださったのは、美容家 君島十和子さん。

 

 

十和子さんが「おいしいだけでなく、原材料を確認し、美容と健康にいいものを

厳しい目でセレクト」(記事から抜粋)したスイーツのひとつとして

つぼ市の利休抹茶あいすくりーむを取り上げて下さっています。

 

 

 

 

 

 

 

11月17日(日) 「茶寮 つぼ市製茶本舗」に
BSジャパン『みんなのまち』(毎週火曜 夜10:54~11:24放送中)のスタッフの方が
取材に来られました。

 

この番組は伝統・歴史と新しさが共存する町、その町に生きる人々の様子を
ドキュメンタリー形式で紹介しておられます。

 

今回「チンチン電車の走るまち・堺」をテーマに取材されている中で、
つぼ市の茶寮にも来られたとのことです。

店舗2階から見えるチンチン電車が走る風景を撮影されたり、
社長にインタビュー取材をされたりしました。

 

放送は12月17日(火)の予定です。

是非、ご覧ください。
BSジャパン 『みんなのまち』
http://www.bs-j.co.jp/minnanomachi/

 

今月オープンいたしました茶寮つぼ市製茶本舗店頭にて、「堺現代陶芸 堺ゆかりの作家による作品展示」と題し、堺の土を使い、先人の技法を礎により制作された「堺焼」などの茶陶器の展示・即売を行います。

堺陶芸会に所属し、堺を中心に広く活動されている昼馬和代氏、本田山豊一氏、本田山豊光氏、ブライアン・マホニー氏、平林憲氏の五名の陶芸作家の方々の作品を展示いたします。

展示即売会の実施期間は、2013年11月15日~24日となっております。

ぜひ皆様お誘いあわせの上、お気軽にお越しください。

「堺現代陶芸 堺ゆかりの作家による作品展示」の様子です。
茶寮 つぼ市製茶本舗
電話:
072-227-7809
開店時間:
10:00~18:00(カフェは17:00まで)
(定休日 年内無休)

2014年1月5日より、営業時間を変更いたしました。詳細につきましては、こちらをご覧ください。(追記:2014年1月6日)

アクセス:
阪堺電車(チンチン電車)・神明町駅 徒歩1分

来る11月4日(月・祝)、 つぼ市製茶本舗は、お客様にゆっくりとくつろいでいただく「市中の山居」というコンセプトのもと、堺に古くからある町屋を改装して、新店舗を開店いたします。

堺創業のつぼ市が、戦争で唯一焼け残った「茶」の看板を創業の地に戻し、
茶寮 つぼ市製茶本舗』として、地域の皆様においしいお茶を提供していきたいと考えています。

弊社商品をご購入いただける物販スペースと、弊社オリジナルのスイーツを取りそろえた喫茶コーナーを展開してまいります。

是非一度、お立ち寄りください。心よりお待ちしております。

茶寮 つぼ市製茶本舗
住所:
大阪府堺市堺区九間町東1丁1-2
電話:
072-227-7809
開店時間:
10:00~18:00(カフェは17:00まで)
(定休日 火曜・年末年始) ※年内は休まず営業いたします

2014年1月5日より、営業時間を変更いたしました。詳細につきましては、こちらをご覧ください。(追記:2014年1月6日)

アクセス:
阪堺電車(チンチン電車)・神明町駅 徒歩1分

堺 北花田阪急にて開催されている催事「堺・泉州界隈おいしいお店」につぼ市製茶本舗が出店しております。

堺ゆかりの茶聖・千利休の名前を冠した煎茶「利休の詩」をはじめ、弊社製品を多数取り揃えて試飲・販売を行っております。

開催期間は10月16日(水)から10月22日(水)です。

会場の堺 北花田阪急へのアクセスは堺 北花田阪急・アクセスガイドをご覧ください。

ぜひ足をお運びください。心よりお待ちしております。

2013年9月25日の日本経済新聞・朝刊にて、11月開店予定の弊社新店舗「茶寮 つぼ市製茶本舗」が取り上げられました。

古民家を改装した店舗で、弊社オリジナルのスイーツを取りそろえた喫茶コーナー・弊社商品をご購入いただける物販コーナーを展開してまいります。

11月4日(月・祝)グランドオープンの予定です。つぼ市創業の地である堺の「本館」としてご愛顧いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

アクセス:阪堺電車(チンチン電車)・神明町駅 徒歩1分

 

2013年2月22日(金)に行われた

「グルメ女子が選ぶ!大阪発『お取り寄せ』ランキングイベント」(大阪産業創造館主催)

つぼ市の利休抹茶あいすくりーむがグランプリを受賞しました!

 

このイベントは、菓子・惣菜・調味料の3部門に29社が出品、

グルメ女性200名(20代~60代のモニター女性)に試食をしてもらい

「おいしい」「自宅用に買いたい」「贈答用に買いたい」という商品を

選んで投票してもらうというもの。

 

各部門毎に入賞5社と総合グランプリ1社が選ばれたのですが

利休抹茶あいすくりーむは参加29社の中の頂点・総合グランプリを獲得しました。

 

「利休抹茶あいすくりーむ」のご購入はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様へ

2013年2月14日

 

『黒烏龍茶ティーバッグ(40袋)』販売再開についてのお知らせ

 

 

昨年12月より『黒烏龍茶ティーバッグ200g(40袋)』を自主回収させていただいておりますことに

つきましては、多大なるご迷惑・ご心配をおかけし、まことに申し訳ございません。

 

使用している原料に食品衛生法の基準値を超える農薬が含まれている可能性があったため、

販売中止及び自主回収という措置をとらせていただいておりましたが、

このたび、販売を再開することになりましたので、再発防止に向けての対策と商品販売再開

についてのご案内をさせていただきます。

 

 

1.対象商品     『黒烏龍茶ティーバッグ 200g(40袋)』(JANコード:4571132711394)

2.再発防止策    国内外の検査機関で合計3回の残留農薬検査を実施し、

農薬が基準値を超えていないことが確認できた原料のみを使用します。

 

→ 黒烏龍茶の安全管理体制について

3.自主回収品との見分け方

販売再開後の商品は、パッケージがリニューアルされております。

自主回収品とはパッケージと賞味期限の日付で違いを

ご確認いただけます。

 

・賞味期限 : 2014年11月28日以降 [リニューアル版]

・パッケージ: 「程一彦氏」顔写真入り[リニューアル版]下写真参照

 

 

 

 

この度、弊社製品「生活良好 烏龍茶ティーバッグ」を自主検査したところ、一部製品から

農薬フィプロニルが基準値0.002ppmに対し0.009ppm検出されました。

 

通常のご使用にて飲用されることで健康被害を起こすことはございませんが

当該商品を自主回収させていただくことにしました。

 

お手元に下記の当該対象商品がございましたら、大変お手数ではございますが、お名前、

ご住所、電話番号を明記の上、現品を料金着払いにて、お送りいただきますようお願い

申し上げます。後日、弊社より代金を送付させていただきます。

 

お客様ならびに関係各位には多大なご迷惑およびご心配をおかけすることになり、

心より、お詫び申し上げます。

今後このような事態が再び発生することのないよう品質管理体制の一層の強化に努め、万全を

期す所存でございますので、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

※フィプロニルの人体への影響について

※お客様よりよくいただくご質問

 

2012年12月14日

株式会社つぼ市製茶本舗

 

【対象製品】

 

・「生活良好 烏龍茶ティーバッグ(52袋)」 JANコード:4901117136056

賞味期限:2012年12月15日〰2014年11月30日

 

 

[お問合わせ先]   TEL 0120-61-7187(フリーダイヤル)

[   開設日   ]    2012年12月14日 午前9時

[ 受付時間 ]    日・祝日を除く 午前9時から午後5時まで

※12月16日(日)はお受付させていただきます。

[ ご送付先 ]  〒592-0004 大阪府高石市高師浜1-14-18

㈱つぼ市製茶本舗

 

※お客様よりお知らせ頂きました個人情報は、本件の目的以外には一切使用いたしません。

 

平素は、弊社製造の製品をご愛顧賜り厚く御礼申し上げます。

この度、弊社が製造しております(販売者:日本伝統食品株式会社)「黒烏龍茶ティーバッグ(40袋)」

「コラーゲン入りインスタント黒烏龍茶(35g)」「黒烏龍茶入り麦茶ティーバッグ(22袋)」

「本物香ル烏龍茶ティーバッグ(30袋)」の、次回製造に使用される予定の原料を自主検査したところ

一部から農薬フィプロニルが基準値0.002ppmに対し0.025ppm検出されたため、販売を自粛させて

いただきます。

 

現在市場に出ております「黒烏龍茶ティーバッグ(40袋)」については、製品段階での国内検査を

実施しておりますが、これらからは一切、基準値を超える農薬は検出されておりません。

しかしながら、念のため、検査結果に問題の無い製品も自主的に回収させていただきます。

 

お手元に下記の当該対象商品がございましたら、大変お手数ではございますが現品を料金着払い

にて、お送りいただきますようお願い申し上げます。弊社より代金を送付させていただきます。

 

お客様ならびに関係各位には多大なご迷惑およびご心配をおかけすることになり、

心より、お詫び申し上げます。

今後このような事態が再び発生することのないよう品質管理体制の一層の強化に努め、万全を

期す所存でございますので、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

※フィプロニルの人体への影響について

※お客様よりよくいただくご質問

 

2012年12月12日

株式会社つぼ市製茶本舗

 

【対象製品】

 

・「黒烏龍茶ティーバッグ(40袋)」 賞味期限内のもの全て

(賞味期限:2014年10月28日以前のものになります)

 

・「コラーゲン入りインスタント黒烏龍茶(35g)」 賞味期限内のもの全て

(賞味期限:2013年10月28日以前のものになります)

 

・「黒烏龍茶入り麦茶ティーバッグ(22袋)」 賞味期限内のもの全て

(賞味期限:2013年10月28日以前のものになります)

 

・「本物香ル烏龍茶ティーバッグ(30袋)」 賞味期限内のもの全て

(賞味期限:2014年11月28日以前のものになります)

 

 

[お問合わせ先]  TEL 0120-61-7187(フリーダイヤル)

[ 開設日 ]      2012年12月13日 午前9時

[ 受付時間 ]    日・祝日を除く 午前9時から午後5時まで

※12月16日(日)はお受付させていただきます。

[ ご送付先 ]  〒592-0004 大阪府高石市高師浜1-14-18

㈱つぼ市製茶本舗   TEL 072-261-7181

※申し訳ありませんが料金着払いにてお願いいたします。

 

★お客様よりお知らせいただきました個人情報は、本件の目的以外には一切使用いたしません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弊社会長が大和川の付替え工事についての集まりに参加した際、
配布された大徳寺文書の抜粋の中に、「茶園」という文字を見つけました。
我孫子屋次郎という堺の豪商が文明三年(1471年)、
大徳寺に寄進した五箇荘(現在の堺市北区)の土地のことが説明されている中に
「茶園」の文字が見えます。

 
※「大徳寺文書」は臨済宗大徳寺派大本山大徳寺(京都市)が所蔵する中世・近世の古文書です。
内容は、ほとんどが大徳寺が中央や地方で獲得した土地・荘園にかかわる訴訟文書、寄進状、売券などで中世の法制史や経済史等の多くの研究資料となっているものです。

 

(大徳寺文書 1229号)

 

 

 

今では、この地区に茶畑があったことなど想像もつきませんが
500年以上前には確かに存在したことが、この記録からわかりました。
武野紹鴎や千利休、山上宗二などの有名な大茶人達が
これらの茶園の茶を喫していたことも想像に難くありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪スローフード協会様の食育情報紙「こちゃんと®」に
つぼ市が平成24年10月2日(火)に芦屋市立精道小学校で行った
お茶の食育授業の様子が掲載されました。

弊社社長が5年生に「お茶の淹れ方」を伝授したところ
試飲した子どもたちから「おいしい」と大絶賛していただいたという記事とともに
授業風景の写真がのっています。

今後も子どもたちに日本の伝統文化であるリーフのお茶のおいしさを知ってもらうために
機会があれば食育活動を続けていきたいと考えています。

 

 

 

 

 

2018年4月取得

ISO 9001とは、組織が品質マネジメントシステム(QMS: Quality Management System)を確立し、

文書化し、実施し、かつ、維持すること。

また、その品質マネジメントシステムの有効性を継続的に改善するために要求される規格です。

※茶寮は適用外です。

 

 

 

 

 

2009年6月取得

JAS制度は、

「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律(昭和25年法律第175号)(JAS法)」

に基づいて、農林物資の①品質の改善、②生産の合理化、

③取引の単純公正化及び④使用又は消費の合理化を図るため、

農林水産大臣が制定した日本農林規格(JAS規格)による検査に合格した製品に

JASマークをつけることを認める「JAS規格制度」と、

一般消費者の選択に資するために内閣総理大臣が制定した

品質表示基準に従った表示をすべての製造業者

又は販売業者に義務付ける「品質表示基準制度」の2つからなり、

これら2つの制度によって、農林物資の生産及び流通の円滑化、

消費者の需要に即した農業生産等の振興

並びに消費者の利益の保護に寄与することを目的としております。

 

 

 

 

 

 

 

2011年5月25日取得

飲食店や食品製造施設の事業者が日々行っている、

基本的な衛生管理やコンプライアンス(法令遵守及び社会倫理に適合した行動)

危機管理の積極的な取り組みを評価し、

一定水準以上にあると認められる施設を認証する制度です。

お茶は温度や光に変質しやすく他のにおいも付きやすい、デリケートなものなので保存の方法は注意してください。

・場所
涼しくてにおいの少ない冷暗所のようなところがオススメです。
火の気があるところや暖房が付いている部屋などは避けてください。
出し入れの際の温度差が少ないところに保管するほうがいいのですが、冷凍庫にいれておくのもお勧めです。このとき、他の食品のにおいが付かないようにきちんと密封しておいてください。
冷凍庫に保管している茶葉を使うときは常温に戻してから使うようにしたほうがいいでしょう。

・容器
できるだけ空気が触れないようにしておくことが大切です。
袋にいれて保管する場合は中の空気も抜いておくと香りが飛びにくく、味も変わりにくいです。
缶に入れて保管する場合も茶葉をそのまま缶に入れずに袋のままいれるほうが良いですが、茶筒に入れ替える場合は茶筒を袋に入れるとより鮮度が保てます。

・煎茶
一般的に、80℃~90℃ぐらいのお湯を使います。一度沸騰させたお湯を、冷めた湯のみに注ぐと、温度が下がるので、1、2回ひと休みさせたお湯を注ぐと渋みや苦味の少ないまろやかな味を楽しめます。
茶葉の量はお茶の種類によって違いますが、1人分は3g(軽く大さじ1杯)ぐらいの茶葉で、150~200mlぐらいのお湯が目安です。5人分ほどいれていただくときは、10g(大さじ2杯)ぐらいの茶葉に400~500mlぐらいのお湯で1~2分ほど出すのが目安です。

・玉露
玉露は旨みをよりしっかりと出すために、低い温度でじっくりと出すのが大切です。お湯の温度は60℃以下(人肌ぐらいに冷ましておくのがベスト)または氷水でいれても旨みがしっかりと出ます。茶葉の量は6g(山盛り大さじ1杯)ほどで50~70mlぐらいのお湯で2~3分ほど出すのが目安です。

・ほうじ茶・玄米茶・番茶
ほうじ茶・玄米茶・番茶は香りをしっかりと出すために沸きたてのお湯を使うのがオススメです。
茶葉は多めに使うほうが美味しくいれやすいので、大さじ1杯分ぐらい(茶葉が大きいので山盛りすくう)の茶葉で200mlぐらいのお湯で30秒~1分ほどが目安です。5人分ほどいれていただく時は、15g(大さじ3杯)ぐらいの茶葉に600~700mlぐらいのお湯で出すのが目安です。

お茶の樹は永年性の常緑樹で、比較的に温暖なところに多く分布しています。
はじめは幼木園で丹精をこめて肥料を施したり、害虫を防いだりして育てます。
収穫ができるのは苗を植えてから4年目頃からで、標準的な収穫量を得られるのは7~10年目頃です。
このときのお茶は力があるお茶といわれ、いいお茶が採れます。
10年を過ぎるとお茶の木は壮年期を迎え、その後も生産は続けられますが、栽培や管理方法には樹齢に合わせた工夫がされています。
18~20年目を迎えると生産力が落ちてくるので植え替えの時期に入ります。

お茶は生命力が強い植物で、葉を摘んでもまた新たに新芽が伸びてきます。
そのため、年に2~4回の収穫が可能なのです。八十八夜の頃に摘まれる一番茶から始まり、45日ごとに二番茶、三番茶、四番茶、と続きます。
ですが、お茶の葉は気温が上がり、日差しが強い気候になるとだんだんと硬くなってくるので、あとで摘まれたお茶ほど品質が低下するのは否定できません。

日本にお茶が導入され、喫茶が始まったのが平安の初期、大僧都永忠(だいそうずえいちゅう)が中国の留学から持ち帰り、嵯峨天皇(さがてんのう)に献じ奉ったのが確かな記録の最初といわれています。
当時、お茶はとても貴重だったので貴族などの上流階級の限られた人しか飲むことができなかったそうです。

遣唐使や中国への留学僧たちからお茶をもたらされた記録は少なくはありませんが、なかでも臨済宗(りんざいしゅう)の開祖・栄西禅師(えいさいぜんじ)が2度にわたる中国留学から本格的に宋式製茶法を導入して、お茶の樹の栽培から蒸し製法によるノウハウを伝え、日本で始めてのお茶についての書「喫茶養生記」を著しました。
このとき中国では抹茶の文化が盛んだったので、日本に初めて伝わったのはお抹茶でした。
その後。栄西禅師からお茶の種をもらい、栽培のノウハウなどを教えられた実質的なお茶の開拓者は明恵上人(みょうえしょうにん)です。
明恵上人は栄西禅師の教えの通りに栂尾に茶の種を播いて栽培をして、これらを元に全国各地に栽植をすすめました。
鎌倉時代の末期には闘茶(お茶の味を飲み分けて勝敗を決める遊び)が武士階級に浸透、茶寄合いなどが盛んになり、茶歌舞伎などの抹茶法(茶の湯)が急速に広まりました。
このとき、お茶は娯楽性の高いものでした。

九州では15世紀半ばに中国から移住して陶器を伝えた人々が、自分達が飲むために作った釜炒り茶が伝えられました。これは今も九州で作られている嬉野茶や青柳茶のルーツになっています。
15世紀後半から16世紀後半には今までの娯楽性の高いお茶の反面、禅の思想や俗世を離れた生き方を理想とするスタイルが生まれ、村田珠光(むらたじゅこう)、武野紹鴎(たけのじょうおう)、千利休によって新しいお茶のかたち、「侘び茶」が作られ、武士階級に流行し、現在の茶道として完成されていきます。
この侘び茶は京や堺の裕福な人々に受け入れられ、とくに堺の町衆の千利休は形にとらわれない自由な発想と美意識で「侘び茶」を完成させ、その後の茶の湯に大きな影響を与えただけでなく、織田信長や豊臣秀吉の茶頭としても活躍をしました。
千利休は今井宗久(いまいそうきゅう)、津田宗及(つだそうぎゅう)と友に天下三宗匠と呼ばれ、今も茶聖として称えられています。

江戸時代の初期、隠元禅師(いんげんぜんじ)により淹茶法(えんちゃほう)が伝えられ、釜炒りの茶の葉にお湯を注いで飲む方法が日本に広く普及し、これが日本茶の主流になりました。この頃から上流階級の人だけでなく、幅広い人々がお茶をのむようになっていたそうです。急須もこの時代から作られていました。

18世紀の後半、永谷宗円(ながたにそうえん)が初めて蒸し製の煎茶をつくり、伸煎茶(のびせんちゃ)の祖といわれています。
そして19世紀の前半に山本喜兵衛(やまもとかへい)が玉露の製法を発明したことによって、優れた技術が各地に広まりました。
現代のお茶はこうして育まれ伝えられてきているのです。

ところで、日本に最初に伝わった製茶法は現代の碾茶(抹茶の原料のお茶)の製法と同じなのだそうですよ。

・煎茶
日本茶の中で一番生産量が多いお茶です。煎茶は一番茶や二番茶ぐらいが良いお茶とされ、一番茶は八十八夜前後の4月中旬~5月中旬頃に作られます。一番茶はまろやかで香りがよく甘味のあるお茶が多くあり、二番茶はすこし渋みのあるお茶が多いようです。

・ほうじ茶
番茶などを焙じて作るのが一般的な焙じ茶で、一番茶を焙じたものは狐色で良質とされています。茎を焙じた雁ヶ音焙じ茶(北陸では棒茶とも言います。)もあります。

・番茶
西日本では川柳や青柳とも呼ばれるお茶で遅く(夏以降ぐらい)に摘んだお茶のことです。成長した茶葉を使うので、淡白でさっぱりとした、刺激の少ない味です。一般的には、焙じて香りがしっかりとあるものが多いです。(焙じ番茶)

・玄米茶
お茶に炒り米を混ぜたもので、香りの高いお茶です。炒り米は、白米を原料にしたものもあり、玄米よりも白米のほうが香りがしっかりと出ます。普通の玄米茶以外に、雁ヶ音玄米茶、抹茶入り玄米茶などもあります。

・玉露
玉露は日本茶の中で、高級茶に分類されます。八十八夜前後に、藁やカンレイシャで茶の樹を20日間ほど覆い、日光を遮ります。すると、お茶の葉に十分な栄養が蓄えられ、甘味(アミノ酸の一種であるテアニン)の豊富な茶葉ができるのです。味は甘くてコクがあり、青々しい香りがあります。

・冠せ茶(かぶせちゃ)
玉露と同じように覆いをしますが、その期間が短く(大体1週間~10日ぐらい)玉露と煎茶の中間にあたるようなお茶です。熱いお湯でもおいしく出せます。

・雁ヶ音(かりがね)
煎茶や玉露を仕上げる作業の工程で出てくる茎の部分を使ったお茶で、さっぱりとした味のお茶です。茎にはアミノ酸が多いのでうまみがしっかりとあります。

・抹茶(碾茶(てんちゃ))
抹茶は碾茶というお茶が原料です。玉露と同じように覆いをし、茶葉が少し大きくなったときに摘み取ります。その後、硬い部分を取り除いてから砕き、石臼などで細かくすると抹茶が出来上がります。

・玉緑茶
九州地方でよく飲まれているお茶で、製法は煎茶とほとんど変わりはありませんが、茶葉がくるっとカールした形になっているのが特徴です。釜炒り製と蒸し製があり、釜炒り製は「釜香(かまこう)」という独特の香ばしい香りがあり、さっぱりとした味わいと程よい渋みが特徴で、蒸し製は「ぐり茶」や「蒸しぐり茶」と呼ばれることもあり、薄い黄緑色でさっぱりとした味わいがあり、ほのかに甘味があるのが特徴です。

テスト

テスト

 

「第39回 堺まつり」2012年10月20日(土)〰21日(日)

の一環として行われた「利休のふるさと堺大茶会」。

 

その大仙公園会場の一画で

「お茶のある暮らし」フォトコンテスト2012の入賞作品をパネル展示しました。

 

ご観覧いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

2012年3月31日

お客様へ

つぼ市のお茶の安全性について
  

拝啓 春寒の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
平素は、つぼ市のお茶をご愛飲いただき、ありがとうございます。
さて、つぼ市では、2012年4月1日からの放射性物質 新基準値に伴い、お客様に安心して
お飲みいただける商品をお届けするために、下記の項目を実施しております。
 
 
 1.つぼ市では、「自社測定機」にて、原料または製品の放射性物質を検査し、
   安全性を確認しております。
  
 2.現時点までに報道のありました地域の原料は、一切使用しておりません。
 
 
 以上、これからもお客様に安心してご愛飲いただけるよう、全社一丸となり、努めて参る所存で
ございます。今後とも何卒変わらずご愛顧の程、お願い申し上げます。 
 

敬具

 
株式会社 つぼ市製茶本舗
代表取締役 谷本 順一
品質管理部 田村 健 

 

「あまから手帖」10月号に、知る人ぞ知る、リピーター多数の人気商品として

心斎橋大丸店 つぼ市製茶本舗の「抹茶あめ、ほうじ茶あめ、しょうが入り抹茶あめ」の3種類を紹介していただきました。

 

 

 

平凡社から出版された弊社会長の書籍「お茶のある暮らし」が

8月2日(木)日本経済新聞の「新刊ガイド」で紹介されました。

 

 

 

 

第2回「お茶のある暮らし」フォトコンテストご応募受付中です!

 

テーマ:「お茶とお菓子を楽しむやすらぎのひととき」

募集期間:2012年5月1日(火)〰8月19日(日)

 

テーマには「お菓子」が含まれていますが

ご応募は「お茶」だけが入っている写真でも大丈夫です。

 

 

携帯・スマホ部門も引き続き募集しています!

 

ふるってご参加くださいますようお願い申し上げます。

 

詳しい情報はこちらから

 

 

 

 

 

1993年に発行された、弊社会長の書籍「お茶のある暮らし」が文庫版になりました。

現在好評発売中です。

是非、お近くの書店などでチェックしてみてください。

 

「お茶のある暮らし」

著者:谷本陽蔵 出版社名:平凡社

 

素晴らしきお茶の世界

日本・中国・インド、そして世界に広がる茶の文化。

お茶の効用、選び方、手軽でおいしいいれ方、水や料理との関係、

そして歴史まで、最も身近な嗜好品・お茶の世界を縦横にめぐる。

解説=角山榮

 

工場直売店にて新商品の堺利休餅の予約店頭販売を今月から開始いたしました。

予約は随時受付、お渡し日は毎月第一週目の土曜日です。

毎月20セット限定でございますので、ぜひお早めにご予約をお願いいたします。

 

問い合わせ、お申し込みは下記よりお願いいたします。

 

つぼ市製茶本舗 工場直売店

TEL:072-261-7181


5月15日(火)、テレビで紹介していただいた堺利休餅。

                                              

5月23日(水)~27日(日)の堺市の春季文化財特別公開期間中、
堺伝統産業会館(DEN)で試験販売いたします。

                                                                              

 

★数量限定での販売となります。売り切れ次第、販売終了となりますのでご了承ください。

 

                                                           

商品名:「堺利休餅」 3個入り 787円(税込み)

 

                                                                           

販売場所:堺伝統産業会館 DEN (外観:上記写真) 

 堺市堺区材木町西一丁1-30 電話 072-227-1001 

アクセスはこちら→http://www.sakaidensan.jp/about/index.html

 

 

 

                                          

 

                                             

 

 

 

                                           

                                                      

 

5月15日(火)AM7:45~ 関西地域向け情報番組で、

ともに堺創業の老舗である和菓子司 河井堂慶長様とつぼ市製茶本舗が共同開発した

和菓子「堺利休餅」が取り上げられました。

                                                          

『抹茶を活かしたこれまでにない新しい和菓子作りで「利休のふるさと」堺の活性化を目指す試み』

として説明され、抹茶の風味を最大限に活かすために苦心した点などが紹介されました。

                                                             

                                                                              

 

嘉永三年に堺で創業したつぼ市製茶本舗と

同じく堺の老舗の和菓子司 河井堂慶長様が

「堺発!売れる名品づくり支援対象商品」の一つとして企画・開発途中の

「堺利休餅」。

                                                              

関西地域向けの情報番組で取り上げられることが決まり、

つぼ市製茶本舗は5月9日(水)の午後、取材を受けました。

放送は、5月15日(火)AM7:45~の予定です。

                                                           

2012年5月1日(火)の大阪日日新聞の「ローカル大阪経済」蘭に

つぼ市製茶本舗の記事が掲載されました。

 

大阪府職員ブログ「なんでござる」こころちゃん通信で、つぼ市が紹介されました。

茶業界初、大阪版食の安全安心認証の認証施設の紹介という掲載内容です。 

丁寧なインタビューに写真をおりこみ、

(その1)(その2)の2回に渡って、

とてもわかりやすく書いてくださっています。

是非、一度ご覧ください。

掲載記事は下記URLをクリック。

http://blogs.yahoo.co.jp/osakapref_blog/13019644.html

毎日新聞で発行している「なるほドリファミリ~4月号」のなるほドプレゼントコーナーにて

つぼ市の「侘び茶くるみ抹茶あめ」と「新芽の香り 深蒸し煎茶テトラパック」が掲載されました。

機械製造の約4倍の量の抹茶を使った贅沢な抹茶あめと、まろやかな味わいが人気の煎茶のセットを抽選で36名様にプレゼント!

詳しくは本日発行のなるほドリファミリ~をご覧ください。

 

2012年3月1日、利休の詩(白)が大阪産(もん)名品に認定されました。

 

大阪産(もん)名品は、大阪の特産品と認められる加工食品であることを示すマークです。

 

 

5月23日に桃山学院大学にて弊社会長の谷本陽蔵による

「喫茶の歩みと堺」についての講座があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桃山学院大学 2012年度 春学期

「堺の文化、技に触れる、味わう」

古代から中世、近世から近代、現代に及ぶ堺の歴史文化や伝統産業、市の重点施策である百舌鳥古墳群の世界遺産登録に向けた取り組みなどを学ぶ講座です。

また、堺観光のエクスカーションもあわせて、堺の観光魅力を再発見できる講座です。

 

受講料・・・全講座/10000円

1講座/1000円

会場・・・桃山学院大学(和泉市まなび野)

申込締切・・・5月11日(金)

講座・・・各回13時20分~14時50分(90分間)

申込・問合せ・・・桃山学院大学エクステンション・センター

TEL.0725-54-3131(代)

HP.http://www.andrew.ac.jp/extension-center/kouza/10.html

 

 

5/23(水)・「喫茶の歩みと堺」・・・谷本陽蔵(株式会社つぼ市製茶本舗)

人間が始めて茶なるものを飲んだという喫茶の歴史的経緯の中から、先人達が育み、築いてきた喫茶文化の歩みを振り返り、

先人達が遺した文化遺産、現代喫茶に与えた影響、先人達がもたらした数々の業績など、

フットプリンツを眺め大きく変革しつつある現代喫茶の行方と、わが国の喫茶史の中で、

茶の発信基地として大きく貢献した中世堺の茶及び茶人に就いて考える。

 

「お茶のある暮らしフォトコンテスト2011」に応募いただいた作品をトップページのフラッシュにて

10月31日まで表示をさせていただいたところ、大変好評でしたので、今月より一部の作品を再掲載をさせていただきました。

2011年11月16日

お客様へ

拝啓 ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のお引き立てを賜り、

ありがたく厚く御礼申し上げます。

この度、お客様により一層安心してご愛飲いただけますよう、自社にて「放射性物質測定装置」を

導入いたしました。

今後自社においても製造ロットごとに「放射性物質」の検査を行い、安全性を確認した商品を

お客様に提供いたします。

また、下記の事項も変わらず行っております。

  1. 2011年度産の静岡茶において、原料の放射性物質の自主検査を行い、
    安全性の確認をしております。
  2. 現時点で報道のあった、暫定規制値を超えた地域の原料は、一切使用しておりません。
  3. 国が安全と認めている地域の原料のみを使用しております。

 

お茶と放射能についての情報提供サイトのご紹介をさせていただきます。

  1. お茶の生産についてのQ&A(農水省)

http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/ocha_seisan_qa.html

  1. 食品と放射能Q&A

http://www.caa.go.jp/jisin/pdf/110530food_qa.pdf

これからも食品衛生法上問題がなく、お客様に、より安心でより良い商品をご提供し続けてまいります。

何とぞ今後とも変わらずご愛顧の程、お願い申し上げます。

敬具

 

株式会社 つぼ市製茶本舗

代表取締役社長 谷本 順一

品質管理部  田村 健

 

12月10日に「抹茶あめ生姜入り」が発売されました。

機械製造の約4倍の量の抹茶を使い、

少しほろ苦く仕上げた抹茶あめを生姜入りのあめで包む2層構造で

生姜と抹茶のどちらの風味も楽しんでいただけます。

つぼ市の抹茶をふんだんに使った生チョコレート。

リーガロイヤルホテル堺のオリジナル商品「香(かほり)ちょこ」が

11月19日付のサンケイリビング[高槻・茨木]で「ご当地スィーツ」として紹介されました。

この商品は「これぞ堺と呼べるお土産」としてリーガロイヤルホテル堺様が作られたチョコで、

開発時にはつぼ市も、よりチョコが美味しくなる抹茶を目指して、ブレンドや量を工夫しました。

 

11月18日、「利休侘び茶くるみほうじ茶あめ」が発売されました。

弊社人気の「香り利休ほうじ茶」をたっぷり使用した手練りあめです。

口にほおばると、ふんわりとほうじ茶の風味が広がります。

大好評をいただいております、「利休侘び茶くるみ抹茶あめ」ともども、

大阪堺のお土産としてもご利用くださいませ。

 

 

 

 

11月2日に高石小学校の生徒さんが、「つぼ市」にインタビューをしに来てくれました。

5人の生徒さんからたくさんの質問をしてもらい、数日後にお便りもいただきました。

高石小学校の皆さんありがとうございました。

 

東京で行われる「地方銀行 フードセレクション2011」に、つぼ市が出展することになりました。

ご来場の際は、是非、つぼ市のブースにお立ち寄りください。

「地方銀行 フードセレクション2011」

~「食」の力で、日本を元気に~

地域性豊かな安全で美味しい優れた食材を、多くのバイヤー様に

見て、触れて、試食していただく商談会

 

開催日時:平成23年11月1日(火)・2日(水) 10:00~17:00

会   場:東京ビッグサイト 東展示棟 東5・6ホール

〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1

 



 

平成23年10月24日から東京初の大阪物産展「浪速のええもん うまいもん 大阪百貨店」内に「堺産品展示販売コーナー」が設置されることになり、

つぼ市の商品が同コーナー内で販売されることになりました。

 

 

所在地:東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館1F

営業時間:10時~22時(無休、但し入居するビルが定める休館日は除く)

設置期間:平成23年10月24日~平成24年3月末(予定)

 

 

なお、24日(月)・25日(火)の二日間は店頭にて試飲のサービスをさせていただきます。

近くにお立ち寄りの際は、ぜひ足をお運びください。

10月15,16日、第38回「堺まつり」利休のふるさと堺大茶会大仙公園会場において、

「お茶のある暮らし」フォトコンテスト2011 入賞作品展を開催致しました。

ご観覧いただいた方、関係者の皆様、誠に有難うございました。

 

 

 

 

2011年7月1日~2011年9月15日まで募集をしていた「お茶のある暮らし」フォトコンテスト2011の結果が発表されました。

今回、一般部門119点、小学生部門11点のご応募をいただきました。

応募くださった皆様、まことにありがとうございます。

 

 

ニコンガレッジの芳賀先生による厳密な審査により8点、弊社社長による審査により2点、計10点の入賞が決定いたしました。

 

 

詳しい結果はこちらから

 

 

入賞作品は10月15日(土)、10月16日(日)に開催される「第38回「堺まつり」利休のふるさと」堺大茶会 大仙公園会場に展示をさせていただきます。

近くにお立ち寄りの際は、ぜひ足をお運びください。

なお、入賞作品は弊社ホームページのトップページのフラッシュにも

10月31日まで掲載しております。

一個人 「永久保存版 全国5つ星の絶品お取り寄せ帖」に特選利休の詩、鉄観音、凍頂が掲載されました。

 

目利きにあり

 

嘉永三年(1850年)、谷本市兵衛がつぼ市の屋号のもとに泉州堺に茶の貿易と茶問屋を創業いたしました。往時、堺は中世より栄えた商業、貿易の都市形態から工業都市への変革がはじまりつつある黎明期でありました。
 

出典:「住吉堺名所並ニ豪商案内記」 川崎源太郎/著(明治16年)

 

明治の初めには、堺商工会議所が設立されその創立当初の社員として、谷本市治良(市兵衛)の名が堺商工会議所100年史の中に見てとれ、すでに大きな商いを行なっていたことがうかがわれます。

 

昭和に入り戦渦のなか、空襲により堺の旧市街は灰燼に帰し、自慢の堺造りと呼ばれた三棟の土蔵を持つ大きな商家も焼け落ちてしまいます。
戦後、唯一焼け残った屋号の看板を胸に市治良はつぼ市の再興を誓います。昭和20年9月、戦争の傷跡も生々しく残る堺の街を後にし、本社を高石市に移転、操業を再開いたしました。
 

時代を経て昭和45年、わが国は高度経済成長期に入りました。
この頃、茶の消費が急激に伸び、国内の消費に需要が追いつかず、四代目当主の谷本陽蔵は台湾茶の輸入に踏みきります。このことが日本における烏龍茶ブームの走りとなりました。

その後も陽蔵は福建、台湾を度々訪れ中国茶の研究を続け、後に「中国茶の魅力」(柴田書店)や「お茶のある暮らし」(草思社)等の書物を著し、お茶の普及と啓蒙に力を注ぎました。

 

平成18年には、五代目谷本順一が、高まる食の安全性に対応する為、業界トップクラスの最新設備の工場(つぼ市第二工場)を建設。良質で安全、衛生的な製品づくりをめざし、ISO9001 認証、有機JAS認証も取得いたしました。
 

平成23年5月に業界初で大阪版食の安全安心認証を取得いたしました。そして、つぼ市は創業して160年以上を迎えこれは偏に、長年に渡る皆様方のご愛顧によるものと深く感謝いたしております。
これからもつぼ市は、ほんもののお茶づくりでお客様にやすらぎ、和、感動を提供しつつ200年企業をめざします。 

つぼ市の歴史 焼け跡からの再興

・煎茶 ・茎茶 ・玄米茶 ・ほうじ茶 ・麦茶 ・健康茶 ・中国茶 ・抹茶 ・その他
茶葉はグリーン ティーバッグはピンク 粉末・インスタントはイエロー で表示しております。

 

商品の購入はこちらから

煎茶

濃く出る老舗の抹茶入り緑茶TB 【JANコード】4967262010139
【商品名】濃く出る老舗の緑茶 ティーバッグ
【規格】1.8g×20p 【入り数】12
【説明】老舗の職人が原料にこだわった緑茶ティーバッグ。旨味が濃く、まろやかな味わいが特長。お茶の味わいがしっかり出るよう、三角ティーバッグを使用。
おいしく出せる緑茶TB 【JANコード】4967262011327
【商品名】おいしく出せる緑茶 ティーバッグ
【規格】4g×40p 【入り数】16
【説明】誰でも簡単に美味しくつくれる緑茶ティーバッグ。1箱40L分。
おいしく出せる京番茶TB 【JANコード】4967262005623
【商品名】おいしく出せる京番茶 ティーバッグ
【規格】5g×32p 【入り数】16
【説明】京都伝統の京番茶を簡単便利なティーバッグにしました。
【JANコード】4967262007771
【商品名】宇治抹茶入り緑茶 ティーバッグ
【規格】2g×52p 【入り数】12
【説明】アルミ個包装タイプの宇治抹茶をブレンドしたおいしい緑茶ティーバッグ
【JANコード】4967262010801
【商品名】お寿司屋の緑茶粉
【規格】150g 【入り数】20
【説明】おすし屋さんの「あがり」。お茶の旨み渋みもサッと出るおいしい緑茶粉。
はね出しづくり煎茶 【JANコード】4967262003988
【商品名】はね出しづくり煎茶
【規格】70g 【入り数】25
【説明】贈答用のお茶などから形が不揃いのためにはね出されたお茶。
やすらぎ家族 静岡緑茶 【JANコード】4967262005142
【商品名】やすらぎ家族 静岡緑茶
【規格】130g 【入り数】20
【説明】焙煎を強く、香り高いお茶。静岡県産茶葉使用。
嬉野玉緑茶 【JANコード】4967262003285
【商品名】嬉野 玉緑茶
【規格】100g 【入り数】20
【説明】あっさりした味わいでありながら深いコクがあり、香りもバツグンなお茶。
鹿児島煎茶 【JANコード】4967262003810
【商品名】鹿児島煎茶
【規格】100g 【入り数】20
【説明】鹿児島県産茶葉100%の深蒸し茶。
すごいぞ!カテキン。抹茶入り緑茶 【JANコード】4967262002516
【商品名】すごいぞカテキン!抹茶入り緑茶
【規格】150g 【入り数】20
【説明】カテキンたっぷりのサッとすぐ出る抹茶入り緑茶。
濃く出る宇治茶 【JANコード】4967262007078
【商品名】農家の自家用宇治茶
【規格】100g 【入り数】15
【説明】茎や細かい茶葉が適度に含まれた、まろやかさと濃さが調和されたお茶。
濃く出る静岡茶 【JANコード】4967262007085
【商品名】農家自家用の濃く出る静岡茶
【規格】100g 【入り数】15
【説明】静岡茶100%。独自の製法でコクのある味わいに仕立てたお茶。
きっちり仕上げた青柳 【JANコード】4967262003216
【商品名】青柳
【規格】250g 【入り数】20
【説明】ご家族の日常のお茶にオススメ。
香ばし薫る京番茶 【JANコード】4967262003773
【商品名】香ばし薫る京番茶
【規格】150g 【入り数】15
【説明】京の伝統的な番茶のひとつ。やわらかい味わいと芳しい香りが特徴。
カテキン粉末緑茶 【JANコード】4967262003728
【商品名】カテキン粉末緑茶
【規格】52g 【入り数】12
【説明】ダマになりにくい粉末緑茶。1袋で約100杯分。
【JANコード】4967262003414
【商品名】出来立て香る農家の緑茶
【規格】200g 【入り数】20
【説明】農家の方が普段飲むような荒茶仕立ての緑茶。
お徳用サイズ青柳 【JANコード】4967262003995
【商品名】お徳用サイズ 青柳
【規格】350g 【入り数】20
【説明】ご家族の日常のお茶としてオススメ。350gのボリュームサイズ。
新芽の香り 【JANコード】4967262003360
【商品名】新芽の香り
【規格】100g 【入り数】20
【説明】一番茶を100%使用した、こだわりのお茶。甘み豊かな深蒸し茶。
【JANコード】4967262007474
【商品名】静岡県産 初摘み芽茶
【規格】100g 【入り数】20
【説明】お茶の甘みが凝縮される芽茶を集めたお茶。
京都府産宇治茶 【JANコード】4967262005203
【商品名】京都府産 宇治茶
【規格】100g 【入り数】15
【説明】優良なお茶が取れることでも有名な京都府産100%使用の宇治茶。
福岡県産八女茶 【JANコード】4967262005210
【商品名】福岡県産 八女茶
【規格】100g 【入り数】15
【説明】高級茶で有名な福岡県産の八女茶100%。まろやかな甘みが特徴の緑茶。
深蒸し知覧茶 【JANコード】4967262008266
【商品名】知覧茶
【規格】100g 【入り数】15
【説明】鹿児島のやわらかな日差しを浴びたお茶は濃厚で豊かな味わいです。
とろあま緑茶 【JANコード】4967262007603
【商品名】とろあま煎茶
【規格】85g 【入り数】15
【説明】お茶本来が持つ甘味・うま味を最大限に引き出したとろりと甘く濃厚な味わいのお茶。

 

 

茎茶

【JANコード】4967262003391
【商品名】徳用かりがね
【規格】180g 【入り数】20
【説明】渋み、苦みが少ないかりがねにまろやかな深蒸し茶をブレンド。

 

玄米茶

徳用抹茶入り玄米茶 【JANコード】4967262003384
【商品名】徳用抹茶入玄米茶
【規格】230g 【入り数】20
【説明】二煎目もよく出る深蒸し茶を配合した宇治抹茶入り玄米茶。
きっちり仕上げた玄米茶 【JANコード】4967262003209
【商品名】玄米茶
【規格】250g 【入り数】20
【説明】きっちり手を抜かずに仕上げた玄米茶。
抹茶入り玄米茶TB 【JANコード】4967262002417
【商品名】徳用抹茶入り玄米茶 ティーバッグ
【規格】6g×40p 【入り数】16
【説明】「おいしく出せる」ことにトコトンこだわった抹茶入り玄米茶ティーバッグ。
濃く出る老舗の抹茶入り玄米茶TB 【JANコード】4967262010153
【商品名】濃く出る老舗の抹茶入り玄米茶 ティーバッグ
【規格】2g×20p 【入り数】12
【説明】老舗の職人がこだわった深むし茶葉と、香ばしさが引き立つよう細かく砕いた玄米を使用。

 

ほうじ茶

香りたつほうじ茶 【JANコード】4967262003964
【商品名】香りたつほうじ茶
【規格】120g 【入り数】20
【説明】大和茶100%。炒りたての香ばしさをお届けできるように少量ずつ生産。
国産ほうじ茶TB 【JANコード】4967262005913
【商品名】国産100%ほうじ茶 ティーバッグ
【規格】4g×30p 【入り数】16
【説明】炒りたて香るほうじ茶ティーバッグ。
一番摘みほうじ茶 【JANコード】4967262004428
【商品名】一番摘みほうじ茶
【規格】100g 【入り数】20
【説明】一番茶の若茎を使用し、旨みを引き出す浅炒りと香りを引き出す深炒りをブレンド。
【JANコード】4967262008532
【商品名】お徳用ほうじ茶ティーバッグ
【規格】2g×50p 【入り数】12
【説明】香り豊かに焙煎した一煎用ほうじ茶ティーバッグ。風味が抜けないアルミ個包装タイプ。
濃く出る老舗のほうじ茶TB 【JANコード】4967262010146
【商品名】濃く出る老舗のほうじ茶ティーバッグ
【規格】2g×20p 【入り数】12
【説明】老舗の職人がこだわったほうじ茶ティーバッグ。
旨味が濃く出るよう、三角ティーバッグにしました。

 

麦茶

【JANコード】4967262002165
【商品名】ペットボトル麦茶
【規格】12g×5p 【入り数】20
【説明】飲料水の入ったペットボトルに差し込むだけ。脱カルキ性に優れたパック紙使用。
ダイエット減肥麦茶TB 【JANコード】4967262002288
【商品名】ダイエット減肥麦茶 ティーバッグ
【規格】10g×18p 【入り数】12
【説明】体に優しい8種類の素材をブレンド。お湯出しでも水出しでもサッと出る健康茶。
黒豆麦茶TB 【JANコード】4967262003889
【商品名】おいしく出せる黒豆麦茶 ティーバッグ
【規格】8g×26p 【入り数】16
【説明】北海道産ひかり黒豆使用。甘みとコクの香ばしさが特徴の黒豆麦茶ティーバッグ。
高原六条麦茶TB 【JANコード】4967262004381
【商品名】高原六条麦茶 ティーバッグ
【規格】10g×34p 【入り数】20
【説明】国内産六条大麦使用。麦を一度蒸しているため、香りと甘みが違います。
ゴクゴク麦茶TB 【JANコード】4967262008273
【商品名】ゴクゴク香ばしい麦茶 ティーバッグ
【規格】8g×54p 【入り数】20
【説明】国産大麦100%!炒りたてにこだわり、香り・甘み・コクが芯から引き出された香ばしい味わいが特徴です。

 

健康茶

【JANコード】4967262005586
【商品名】はと麦茶 ティーバッグ
【規格】8g×24p 【入り数】20
【説明】香ばしいはと麦を100%使用し、ティーバッグにしました。
美身爽茶TB 【JANコード】4571132711349
【商品名】美身爽茶 ティーバッグ
【規格】8g×30p 【入り数】20
【説明】刺激が少なく、体に嬉しい10種類の素材を焙煎しブレンド。ご家族の水分補給に。
【JANコード】4967262002455
【商品名】ダッタンそば茶
【規格】150g 【入り数】15
【説明】冷やして飲んでもおいしい。ルチンが普通そばの約100倍で食物繊維も豊富。
【JANコード】4967262007450
【商品名】国産だったんそば茶
【規格】100g 【入り数】15
【説明】国産100%のダッタンそば茶。
黒豆茶T/B 【JANコード】4967262002622
【商品名】黒豆茶 ティーバッグ
【規格】12g×14p 【入り数】12
【説明】甘み豊かな北海道「ひかり黒豆」使用。
ごぼう茶 【JANコード】4967262008556
【商品名】ごぼう茶 ティーバッグ
【規格】1.5g×12p 【入り数】12
【説明】整腸作用のあるイヌリンと抗酸化作用のあるサポニンを含むごぼうをじっくり焙煎してまろやかな味わいのお茶に仕上げました。

 

 

中国茶

【JANコード】4571132711356
【商品名】プアール茶 ティーバッグ
【規格】3g×20p 【入り数】12
【説明】健康茶として人気のプアール茶をお手軽なティーバッグにした商品。
【JANコード】4967262007818
【商品名】コラーゲン入りジャスミン茶 ティーバッグ
【規格】5g×20p 【入り数】12
【説明】開花前のジャスミンをブレンドし、自然な花の香りを再現。コラーゲンエキス配合。
黒烏龍茶TB 【JANコード】4571132711394
【商品名】黒烏龍茶 ティーバッグ
【規格】5g×40p 【入り数】16
【説明】天然黒茶エキス製法によりポリフェノール量をアップ。1袋で約40L分。

 

抹茶

【JANコード】4967262010177
【商品名】匠利休抹茶
【規格】30g 【入り数】6
【説明】まろやかな味わいと香り立つ風味が特徴。茶道のお稽古や、お菓子作りなどに最適な抹茶です。

 

その他

こんがり玄米の素 【JANコード】4967262005906
【商品名】こんがり香ばしい玄米茶の素
【規格】50g 【入り数】20
【説明】国産米100%使用。好みのお茶を合わせてオリジナルの玄米茶をお楽しみください。
おいしくカテキングリンーティー 【JANコード】4967262003636
【商品名】おいしくカテキングリーンティー
【規格】150g 【入り数】16
【説明】甘さ控えめの味わいに仕上げたグリーンティーです。
抹茶あめ 【JANコード】4967262007597
【商品名】利休侘び茶くるみ抹茶あめ
【規格】70g 【入り数】15
【説明】機械製造の約4倍の抹茶使用。職人が手練りで作ったあめです。
ほうじ茶あめ 【JANコード】4967262008327
【商品名】利休侘び茶くるみほうじ茶あめ
【規格】70g 【入り数】15
【説明】昔ながらの製法でじっくり浅炒りにした香り立ちのよい「香利休ほうじ茶」をたっぷり使い、手練りで仕上げたこだわりのあめです。
【JANコード】4967262007740
【商品名】大麦若葉入り青汁
【規格】3g×30p 【入り数】8
【説明】5種類の国産野菜100%使用。溶けやすく飲みやすい青汁です。
【JANコード】4967262008228
【商品名】しょうが紅茶 ティーバッグ
【規格】2g×10p 【入り数】15
【説明】生姜40%配合!糸付き三角ティーバックを採用。抽出性もよく、生姜の香りが広がる紅茶です。

目利きにあり

日本茶の更なる普及と日本茶文化の継承を目的としたインストラクター制度。
日本茶についての専門的な知識や技術を持ったスペシャリストが、茶の歴史、栽培、製造、利用など、日本茶のもつ奥深い世界をご案内いたします。
つぼ市では13名(平成27年3月現在)のインストラクターが在籍し、「日本茶のおいしい淹れ方教室」などの各種イベントにおいて活躍中です。

つぼ市の日本茶インストラクター 活動実績

堺・観光ボランティア協会様お茶の淹れ方教室
芦屋市立浜風小学校様 お茶の淹れ方教室
芦屋市立精道小学校様 お茶の淹れ方教室
堺栄養士勉強会様  お茶教室

目利きにあり

お客様からいただいた、たくさんの励ましのお声の中から一部を、ご紹介いたします。

私が初めて「つぼ市」様のお茶にお会いしたのは、堺市泉北高島屋の催で、お茶を購入したのが始まり。買ったお茶が美味しくて、もう一度購入しようと思ったけれど茶葉を茶筒に入れて使っていて、袋を捨ててしまい商品名がわからない。とりあえず残りの茶葉を持って高石市のお店へ…お店の前で販売をされている中事情を聞いて頂いて、私の大好きなお茶探し。2~3種類試飲させて頂きましたが、違う…営業の方も不在であきらめかけた時、持って行った茶葉を工場の方が飲んで下さり「納屋衆」では…と試飲させて下さって「ピッタリ」見つかりました。たくさんの種類のお茶の中から飲んで商品を見つけられた方の知識やこだわり、プロの姿勢…本当に感動しました。何事も作業化され、愛情のない物が多い中、少しずつしか買い求める事しか出来ない私ですが、毎朝お茶を水筒に入れ職場に持っていき、大切に作られたお茶と愛情を頂きたいと思います。

福永由喜子 様

つぼ市さんのお茶は結婚して高石市に住居するようになってからですから、30年以上飲んでいます。その時以来、進物で利休のお茶、自分用にはちょっと徳用のお茶を飲んでいましたが、2年前から頒布会で新茶(全国)を毎月飲んでいます。友人や知人、姉妹におすそわけすると、とっても喜んでくれます。

神崎昭美 様

現在、私は吉祥寺に住んでおりますが、実家が高石で子供の時から飲んでいたのだと思います。はじめて“つぼ市”さんとして意識したのは市内の幼稚園に勤務し、おつかいでそちらの店頭でお茶を購入した時です。市内にこの様なところがあったのだと初めて知りました。結婚してこちらに住むようになり、数年前の中国茶ブームの折、たまたま読んでいた雑誌で中国茶に詳しいお茶屋さんとして紹介されており、なつかしい“つぼ市”という名と再び出会いました。そして帰省した時や通販でお願いするようになったのです。最近では、家の近くの大型スーパーで“黒烏龍茶”が販売されており見覚えのあるパッケージに…裏を見たら、やはり“つぼ市”の名が!!高石につぼ市さんがあることが自慢です。お店へ伺う時の、近づくにしたがい、あのだんだんとお茶の香りがする道すがらがすきです。これからも、おいしいお茶を宜しくお願いします。

徳永由美子 様

どのお茶も、とても美味しくいただいています。丁寧に作っておられるのが伝わってくるお茶です。これからもお世話になりたいと思っておりますので、益々、色んな事にチャレンジしながらも、昔からの大切な味を守っていて下さい。

和田利恵 様

食後のお茶のおいしさは、その時の食事をよりグレードアップさせるもの、又、至福のひとときです。人との集いの場にも“つぼ市”さんのお茶を持参、このお茶美味しいと喜ばれます。安全・安心が味にでていると思います。これからも、人の身体にやさしいお茶を作り続けて下さい。

chimam 様

貴社のお茶は、お茶の入れ方をよく知らない私が入れても香よく、おいしく飲めて本当に喜んでおります。

40代女性 様

目利きにあり

鑑定士六段が全国の茶産地に
自ら出向き品質の優れた茶葉の選定をしています。

毎年、5月の初旬頃になると鹿児島、三重、京都、静岡など、全国の茶園へ「茶鑑定士6段」の段位を持つ社長の谷本自らが出向きます。

そして茶園の状態を始め、生育状態や葉の色、香りを自分の目で確かめます。

その中から品質に優れた納得のできる1番茶を中心に、1年間の製造に必要な量をまとめて買い付けます。
お茶はとても繊細な農産物で、土壌や育て方、またその年の天候などの影響により、品質の良し悪しが大きく左右されます。たとえ隣り合う茶園であっても、お茶の木の生育が異なることがあるほどデリケートです。

そのため、良い茶葉を選ぶには経験を積み重ねた確かなプロの目と研ぎ澄まされた感覚が必要です。

つぼ市には、優れた茶葉を目利きできる鑑定士と、それを製品化できる熟練の職人たちがおり、良質でおいしいお茶をつくる事ができるのです。

目利きにあり

お茶の風味を引き出す仕上げ、ブレンド技術
お茶の風味を引き出し、品質を保つ「後火仕上げ」。

目利きにあり 茶を製品にする仕上げ工程で、茶葉に熱を加えて乾燥させ、品質を保ち、香りや味わいを引き出す「焙煎(火入れ)・乾燥」という重要な作業があります。お茶を焙煎・乾燥をする方法の中で、「先火(さきび)仕上げ」と「後火(あとび)仕上げ」があります。茎や粉などを含んだままの原料を先に焙煎・乾燥し、その後に取り除きお茶の形を整えたりする作業を「先火仕上げ」と言い、この「先火仕上げ」で加工した場合、作業経過とともに空気中の水分がお茶に吸着しやすく、細菌が増加する可能性があります。これに対し、つぼ市製茶本舗では、あらかじめ茎や粉を抜き、お茶の形を整えたうえで焙煎・乾燥を行う「後火仕上げ」を採用することにより、目利きにあり
焙煎後の作業時間が短時間で済み、余分な水分の吸着を防ぎ、より安定した品質と安全性が保てます。また、先にお茶を分類することにより、部位や特徴に応じた温度やタイミングで火入れができるため、風味などお茶の持ち味を最大限に引き出すことを可能にしました。

「焙煎(火入れ)・乾燥」は単にお茶を乾燥させるためだけではなく、品質保持と香味を引き出すとても重要な作業で、つぼ市製茶本舗では2名の火入れ師が活躍しています。火入れの温度や時間は、季節や天候、お茶の種類などを見極めながら、最適な温度と時間をその都度調整しております。
経験を積み重ねた「火入れ師」でしかできない職人技がつぼ市製茶本舗の味を作り上げております。

お茶をおいしく淹れるために特別な水は必要ありません。水道水は空気を取り込んでおり「活きた水」となっているため、つぼ市製茶本舗では、このご家庭の水道水で淹れたときに、最もお茶の味の要素がバランスよく引き出され、深いコクがでるようにお茶をブレンドしています。普段の暮らしのシーンでこそ、気軽においしいお茶を楽しんで頂きたいと願う、つぼ市製茶本舗ならではの方針です。

目利きにあり

土蔵囲いによる熟成
新鮮でおいしいお茶と熟成茶を提供するために。

つぼ市製茶本舗では、鮮度を保つため、お茶の摘採後、すぐにマイナスの冷凍庫に保管し、必要な時に必要な量を仕上げ、新鮮でおいしいお茶を提供することに日々努めております。
また、玉露、煎茶、抹茶といった特別なお茶は、約100年を経過した土蔵に囲い熟成を待ち、時間と手間をかけた深みのある熟成茶をお届けいたしております。

目利きにあり

目利きにあり

長年にわたる全国の産地との信頼関係・一括購入
創業から160年以上、変わることのないお茶づくりの姿勢。

幕末の嘉永3年(1850年)、今の堺市堺区南旅篭町で創業を迎え、昭和20年(1945年)戦災により高石市高師浜へ移転。現在に至るまで長年にわたりお茶の産地や生産者と直接向き合い、よい茶葉が仕入れられる信頼関係を築き上げてきました。産地の情報がすぐ分かり、嘘、偽りのない良質の茶葉が仕入れることができるのは、お茶づくりに真摯な姿勢で取り組んできた歴史の深さの賜物なのです。

「茶葉の仕入れは、社長の谷本みずからが茶園へ訪れ、目利き。
その中から品質に優れた納得のできる1番茶を中心に、1年間の製造に必要な量をまとめて買い付けます。中間コストを抑えながら、品質に優れた茶葉を適切な価格で買い付けするため、出来るだけ問屋を介さず農協や茶園からの直接買い付けを心がけています。

荒茶の仕入れ→仕上げから袋詰めまで一貫して自社加工

目利きにあり

徹底した衛生管理と安全品質への取り組みにあり!

「ISO9001」認証にあり!
業界トップクラスの工場 厳格な衛生管理・整備された作業マニュアル
「有機JAS」認証にあり!
有機以外の原料の混入のない設計設備工場
業界初!「大阪版食の安全安心認証制度」取得施設にあり!
衛生管理やコンプライアンス・危機管理の積極的な取組み。

たとえば夏場でも、お茶は本来お湯で淹れるのが基本です。しかし最近では冷水から淹れるタイプが人気となっています。手軽な反面お湯だしする必要がなく沸騰殺菌が行われていないため、万一製品に多量の細菌が付着していると冷水の中で細菌が繁殖する可能性があります。

つぼ市製茶本舗では、このような時代のニーズを踏まえ、より確実な安全性を追求するため、自社で菌検査を行える設備を導入し、また製造設備清掃マニュアルを設けるなど、厳しい基準を定め、「安全で安心な老舗の味」を提供することに努めております。

つぼ市製茶本舗では、平成21年4月に「ISO9001認証」を取得し、平成15年には本社工場、平成21年6月に「有機JAS認証」を取得いたしました。

「ISO9001」とは
お客様に満足していただけるように、日々継続的改善を繰り返し、よりよい商品を提供し続けていくための、会社の仕組みづくり、品質管理および品質保証に関する国際規格のことです。認証機関による厳しい監査があり、すべてクリアした企業にのみ認証されます。

「有機JAS認証」とは
農林水産大臣から許可を受けた認証機関が、各企業が使用している原料の収穫から商品になるまでの工程を検査し、認証する制度。使用する原料に対しては、種まきや植え付け前に2年以上(多年生作物は、最初の収穫前に3年以上)の間、化学的に合成された肥料や農薬を避けることを基本とし、徹底管理した土づくりを行った畑でのみ生産される野菜(お茶)を使用し、さらに加工する現場では、他の原料が少しでも混じることのないように設計された工場に対してのみ、認証を受ける資格。

「大阪版食の安全安心認証制度」とは
平成21年4月より、食品を調理・加工・販売を行っている事業者が、日々行っている衛生管理やコンプライアンス・危機管理の積極的な取組を評価し、一定水準以上にあると認められる施設を大阪府が認証する制度。

つぼ市製茶本舗・本社工場

 本社工場では、お茶の製造と充填、包装や出荷を行っております。原料や資材は、直接床に置かないことを基本として保管しております。

つぼ市製茶本舗 ・第二工場

 第二工場では、お茶のティーバッグ充填、商品の出荷を行っております。
2006年12月に完工。コンピューターによるオペレーション管理や衛生管理、環境管理などにより、衛生的で安全なお茶を生産しております。

工場入室前
作業着に着替えた後、エアーシャワーでゴミやほこりを飛ばします。さらにエアーシャワーでは取り除けなかった埃などを、粘着シートローラーで取り除きます。その後手洗い殺菌消毒を行ったあとに入室します。

制 服
つぼ市製茶本舗では、本社・第二工場共に、襟首まで長さのある帽子をかぶり、万が一頭髪が抜け落ちても、袖や足首で止まり、異物混入にならない構造の作業着を制服として採用しております。

テトラパックの製造
レーザーカッターによる熱光線で正確に立体を成形しております。原料に手を触れることがないため、衛生面と精工性において高い信頼性があります。

工場内通路
トラックのコンテナと搬入口が密着するドックシェルターを採用。工場内と外部とを繋ぐ通路は2重シャッターになっており、同時にあけることが不可能なため、外気や害虫などの侵入をしっかりと防ぎます。

商品搬出・搬入口
床コーナーの形状に曲面をつけ、清掃しやすく設計されています。このため毎日の清掃を無理なく行うことができ、清潔さを保ち続けることを可能にしました。

資材管理
工場内に置ききれない資材は、本社工場と同じく床に直接置かず、カート管理を基本とし、保管しております。

環境管理
本社工場・第二工場共に月1回定期的に生物環境調査を委託しており、衛生的な環境を保ち続けております。

少し熱めの湯でいれても渋みが少ない、まろやかな味わいです。

ブレンドや蒸し方、火入れの加減にこだわりました。

茶鑑定士六段の谷本順一が目利きした逸品です。

おもてなしに手土産におすすめの銘茶です。

 

 

このたび、6月30日より「つぼ市製茶本舗ホームページ」がリニューアルされましたので

お知らせいたします。

 

今回のリニューアルでは、新鮮で動きのあるホームページになるようにデザインも一新、

つぼ市の「今」がわかるWhat’s newや、詳しい商品説明の「商品のご案内」、

「おいしいお茶の淹れ方動画」など、

お客様に身近な暮らしの情報を充実させたホームページとなっております。

 

今後も季節のイベントやお得情報など、掲載情報も満載にしてまいりますので、

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

抹茶、緑茶、ハーブティー、紅茶、健康茶等をパウダー状にし、

さまざまな加工品にお使い頂けます。

貴社の商品力アップをお手伝いいたします。

■対象

菓子メーカー、食品メーカー

■今までいただきましたご要望を簡単にですが、ご紹介いたします。

・ケーキに抹茶を使いたいが、●●●な抹茶が欲しい。

・オリジナル菓子の開発に手を貸してほしい。

・ドリンク原料、サプリメント原料に使いたい。

・商材として仕入れたい。

原料一覧

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

加工例

 

 

 

 

 

 

 

あらゆるお茶をティーバッグ化します。

ティーバッグの素材や形も、数種類ご用意しております。

■対象

ホテル、ファミリーレストラン、各施設、ご家庭用

■今まで頂きましたご要望を簡単にですが、ご紹介いたします。

・客室用のお茶(ティーバッグ)をホテル専用品として作りたい。

・スーパーマーケットの専用品(プライベートブランド)でティーバッグを作りたい。

・ファミリーレストランのドリンクバーに提供するティーバッグ等を作りたい。

つぼ市が、貴社のブランドで販売する製品を製造いたします。

当社のお茶を貴社のブランド名で扱っていただくことが可能となります。

■対象

茶メーカー、デパートやスーパー等の量販店

 

発売以来、すでに30年近くが経ちました。

当店の深むし茶のなかでも一番人気のあるお茶です。

熱いお湯でさっと淹れてもしぶみが少なく,濃いめに出て、価格もとってもリーズナブル。

食事の時には熱い湯ですっきりと、お菓子と一緒になら少し湯さましして、まったりした味わいをお楽しみください。

家庭で職場で美味しさ大人気。

「暮らしの中のお茶の提供」を掲げる、つぼ市を代表する緑茶です。

若い方から年配の方まで、幅広い年代の女性に人気があるのは、この名の由来からでしょうか。

ふだん使いに、ちょっとした手みやげに、ひとつ上のさわやかな香り。

濃いめに淹れて若草色の水色を楽しみながら、女性ばかりの会話にもはなが咲きます。

一言で云うならば男のお茶とでも呼べそうな、力強い味わいの感じられる煎茶です。

強火仕上げで、余韻にはほんのり火の香が漂います。

お茶の持つ滋味がしっかり出ていて、真っ直ぐにつらぬく深い味わいを持っています。

深むし茶特有の濃厚な味わいに魅了され、あつあつの湯で渋茶を楽しむという豪気な女性のファンも・・・・・

 

岸朝子さんの日本の「食遺産」を始め、数多くの雑誌や出版物にもとり上げられてきた利休の詩は私たちつぼ市の看板のお茶です。

天皇陛下が堺にお越しになられた時おもてなしに使われたお茶も、この利休の詩でした。

千利休のふる里、堺に創業した老舗にとって、利休の名を冠するお茶は特別の想いれがあります。

味,香り、水色、どれをとっても上質でなければなりません。

利休の茶葉は、百年以上も経つと言われる古い土蔵のなかで、静かに熟成されるのを待っています。

覆掛けをした茶園で採れた、かぶせ茶の茎を使った茎茶です。

透明感のある緑色に出て、さわやかな甘みを持っています。

どんなお菓子にも良く合い、二煎目からは熱いお湯で淹れるとすっきりした味わいが得られます。

夏場には氷出しのお茶としても、おいしく召し上がっていただけます。

玉露は茶園に覆いをかけて日光を遮り,

茶葉に充分な栄養を貯えさせて旨みをひき出した高級茶です。

南宗寺玉露は透明感のある緑の水色で、見た目も鮮やか。

とろっとした旨みとさわやかな香りを楽しんでいただける玉露です。

ガラスポットに氷を入れ、その上から茶葉と水を注いだ氷出し玉露などとしてもおいしくお召し上がりいただけます。

小さな頃からのなつかしい記憶。

ご飯のときの香ばしい香り。

玄米茶のゆたかな風味はご飯をおいしくするおまじない・・・

花さがの玄米茶には、コシヒカリ米を使用。

味と香りのバランスを考えて、茶の葉の形状にもひと工夫。

健康志向から、海外のお客様の人気も高くなっています。

茶の湯を大成した「千利休」ゆかりの地・堺で、江戸時代に創業の「お茶のつぼ市」が、

新茶時期のご贈答用若茎茶を低温蔵で寝かせた原料を使用し、

昔ながらの「ほうじ茶専用の焙煎機」で丹念に浅炒りにしました。

甘みと香ばしさを追求したこだわりのほうじ茶をお楽しみくださいませ。

 

自家用として人気の抹茶です。

製菓の材料としてもお使いいただけます。

お薄茶向けです。

 

 

 

私達つぼ市製茶本舗は、お客様に「おいしい」という言葉をいただくために一生懸命お茶づくりに励んでいます。

そんな御茶屋の五代目主人がお茶をいただいた時のほっこりやおもてなしのこころを感じていただきたいためにおつくりした抹茶あめです。

熟練されたあめ職人が手練でしかできないほどの抹茶(機械製造の約4倍)を贅沢に使い仕上げました。(無香料・無着色)

国産天草を炊き上げた寒天を100%使用した、歯ごたえのある贅沢な味わいです。

つぼ市謹製の抹茶を加えて混ぜ合わせ、

仕上げに北海道産あずきのあんこをのせればできあがり。

百六十年以上の歴史を持つ老舗のおすすめの逸品です。

大阪・堺のおみやげ、季節のご進物などにもご利用くださいませ。

海外向け商品開発を行っております。

英語や中国語表示への対応も行うことができます。

■対象

商社

■今まで頂きましたご要望を簡単にですが、ご紹介いたします。

「アメリカで簡単に飲める煎茶を販売したい」

「外国の方でも飲める香ばしい緑茶を作りたい」

ドリンク原料としてのバルク卸販売をしております。

緑茶・ウーロン茶・健康茶・有機緑茶等を茶種・産地・焙煎度合いからお選びいただけます。

■対象

ドリンクメーカー

■今まで頂きましたご要望を簡単にですが、ご紹介いたします。

「●●産の■■茶でトレースできるお茶がほしい」

「安定生産するために仕入ルートとして取引したい」

原料茶葉からティーバッグ、粉末茶、グリーンティー、インスタントティーなど

幅広く取り扱いしております。

お客様のご意見・ご要望を元に、サンプルを作成し、ご提案させていただきます。

■対象

ホテル、レストラン、病院、オフィス等、大量にお使いになられる方

鹿児島煎茶

おいしいお茶の生育に適しているのは、温かい気候で昼夜の寒暖の差が

ほどよくある事が条件と言えます。

良質の水と空気、お茶畑に適した広大な大地が広がる鹿児島は、

まさに美味しいお茶が育まれる理想的な条件を満たしており、

生産量も 全国第二位を誇ります。

「鹿児島煎茶」 はJA鹿児島県経済連茶事業部の認可のもとで

取引された鹿児島茶葉を100%使用しております。


2015.08.28賞味期限のお茶の生産履歴
・生産履歴№ D9KDT

2015.08.28賞味期限のお茶の生産履歴
・生産履歴№ D91DT

2015.04.28賞味期限のお茶の生産履歴
生産履歴№ D52DT

 

2015.05.28賞味期限のお茶の生産履歴

・生産履歴№ D6ADT

2015.05.28賞味期限のお茶の生産履歴

・生産履歴№ D6SDT

2015.06.28賞味期限のお茶の生産履歴

・生産履歴№ D7 GDT

 

2015.06.28賞味期限のお茶の生産履歴

・生産履歴№ D7UDT

 

2015.07.28賞味期限のお茶の生産履歴

生産履歴№ D88DT

 

2015.07.28賞味期限のお茶の生産履歴

・生産履歴№ D8QDT

茶寮つぼ市製茶本舗特設ページ
店舗の詳細はこちらをご覧ください。
Facebook 茶寮つぼ市製茶本舗ページ
Facebookページを毎週更新中です。茶寮の最新情報にアクセスしてください!

googlemapで最寄駅(南海高師浜線 伽羅橋駅)からの道順を表示

 

 

平成23年5月25日に大阪版食の安全安心認証を受けました。

京阪神に暮らす、大人の女性のためのマガジン「Richer 4月号」 に

「老舗茶屋 五代目厳選 抹茶あめ」 が掲載されました。

水道水、「もっと飲んで」PR 弊社が取材協力しています。

 

 

 

 

 

昔から水道水については研究していましたが、高度浄水処理になってからは、あまり関係ないくらい水質がいいです。

しかし、我々日本人は本当に恵まれているのに なぜもっと身近なありがたさを感じないのか。

今回私も気づかされました。

毎日おいしい、安全な水をありがとうございます。

1月27日にk関西テレビ放送「よ~いドン!」の取材を受けました。

月亭八光(ハチミツ) さんが突然きまして、社内大パニック!!

お茶のために世界中を駆け巡り、無料の文化である日本のおもてなしの心を伝えているということで

会長が「人間国宝」に認定されました。

日本経済新聞記事

(平成20年2月28日)

千利休にちなみペット緑茶発売

つぼ市製茶本舗

日本茶製造・販売のつぼ市製茶本舗(大阪府高石市、谷本順一社長)は二十八日、同社初のペットボトル入り飲料「利休 一期一会(いちごいちえ)」=写真=を府内で発売した。

堺出身の茶人、千利休にちなんでネーミングした。

三百五十ミリリットル入りで一本二百円。

初年度の年間発売目標は三万六千本。

茶葉の配合を工夫し、加工技術を改良した結果、いれたての緑茶に近い味になったと判断して新規参入した。

茶葉は三重県産と鹿児島県産を配合。

粗い網の目でこし、抽出温度を下げ、抽出時間を長くした。

同社は江戸時代末期の一八五〇年に堺で創業した。

毎日新聞記事

(平成20年3月3日)

一番茶のみ使用

高級緑茶で堺の観光PR

製茶造販売の「つぼ市製茶本舗」(高石市)が、堺市の観光振興に一役買おうと、一番茶だけを使ったペットボトル入りの高級緑茶を発表した。

堺出身の茶人、千利休にちなみ「利休一期一会」と名付けた。

年間売り上げの2%を市に寄付する。

甘み成分などが豊富に含まれる国産の一番茶を使用。

低温で時間をかけて抽出しており、濃い味ながら渋みが少ないのが特徴。

350ミリリットル210円で、年間3マン6000本を出荷する予定。

利休の命日の2月28日に発売した。

現在は大阪や堺などの同社店舗だけ販売しているが、堺市内のコンビニエンスストアや空港売店などへの販路拡大を図っている。

同社は1850年、堺で創業し、太平洋戦争の戦災で高石に移った。

谷本順一社長(49)は「利休は知っていても、堺の人だったということはあまり知られていない。堺のPRのため、少しでも力になりたい。」と話している。

【花牟礼紀仁】

2月26日堺市役所にて「利休一期一会」の販売を記念して贈呈式が行われ、堺市の観光推進に尽力することを固く誓いました。

 

(毎日新聞/2008年1月29日発行より抜粋)

 

お茶~もてなしの心を込めて~

つぼ市製茶本舗(高石市)

 

「お茶の特徴をそのまま引き出すのに、大阪の水道水が適しているんですよ。」

水にお金をかける時代に、ちょっと意外な話を教えてくれたのは「つぼ市製茶本舗」の谷本順一社長(49) 。

幕末から続く老舗の5代目で、全国の産地に出かけ「これは」 と見込んだ茶葉を買う。

大阪の水に合ったお茶づくりを念頭に、茶葉選びやブレンドに磨きをかけている。

 

お茶の味にはあまみ、渋み、苦味といった要素があるが、水の硬度などでどの要素が強調されるかが変わってくる。

多くの人においしく飲んでもらうため、水道水でいれた時に各要素がバランスよく引き立つよう、ブレンドしている。

「(水道水の)蛇口から出るときに空気が交じり、水が生きるんです。」と谷本さん。

 

茶は5月ごろ 「一番茶」を積み、秋口まで計3、4回収穫期がある。

中でも一番茶は長期間養分を吸っているため、アミノ酸などが多く、夏以降に積まれる茶とは、甘みが格段に違う。

谷本さんが買い付けるのは、ほとんどが一番茶。

毎年5月、京都、静岡、九州各地の茶所を飛び回り、仕入れる。

 

買い付け時は、茶葉を湯にいれた状態で色、香り、味を見る。

一度に100品以上並んだ中から目当てを見つける。

味見はひとさじすくって口に含むだけ。感覚だけが頼りだ。

「体調が悪いとだめ。味覚が狂わないよう酒、たばこはもちろん、味の濃いものも食べません。」

ぺとボトルのお茶の普及で 、茶全体の消費者は増えたが、反面、急須を使ってお茶をいれる機会が減っている。

「お茶の間」 という言葉こそあれ、食後に家族が集まってお茶を飲む、という光景も少なくなった。

谷本さんは、こうした「日常のお茶(常茶)」 こそ大切にしたい、と話す。

 

取材の前、自ら緑茶をいれてくれた。

「お茶というのは、相対峙する人が心を込めていれるもの。お客さんには自分でお茶を出す、というのがうちの決まりなんです。」 と谷本さん。

「もてなしの心がこもったお茶であれば、味は二の次。」とも。

それだけに、ペットボトルの功績は認めつつも、渇きを癒すためだけの飲み物ではいけない、との危機感もある。

 

同社は幕末の1850年、堺で創業。

1945年、戦災にあって高石に移ったが、谷本さんの堺への思いは強い。

堺での新規出店の」検討や、本来のお茶の味を見直してもらえるような商品開発を進めている。

「千利休が完成した茶道は、ヨーロッパの茶文化にも影響を与えた。当時、その発信地となったのが堺。文化拠点としての地位を取り戻したい。」

【花牟礼紀仁】

真の顧客満足を求めて

 

1850年創業以来、かたくなに守り続けてきた品質。

そのお客様の立場に立った品質は日々変化し対応していくことが企業の使命と考えます。

食の安全、安心が特に求められている昨今、確実な安全性を追求し、安心していただける設備により今まで以上に、コンプライアンスはもちろん、より厳しい自主基準を設け「便利なだけじゃない、安全・安心 老舗の味」 を提供させていただくことに専念致しますので、より一層のご愛顧を心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

経営革新に関する計画

 

「経営革新に関する計画」として平成17年9月15日大阪府に承認されました。

 

 

 

(日経産業新聞/2004年12月21日発行より抜粋)

 

茶生産履歴 ネットで開示

つぼ市製茶 新サービス

 

日本茶製造販売のつぼ市製茶本舗(大阪府高石市、谷本陽蔵社長) は来年一月、煎(せん)茶など商品の生産履歴を同社のホームページで開示するサービスを始める。

原料として使った複数の茶葉の生産者の住所、品種などが見られる。

お茶は通常、多くの生産屋の茶葉をブレンドして作る。

使用した全茶葉の生産履歴を開示するのは珍しい。

一月十三日に全国のスーパー向けに販売する「鹿児島煎茶」 (百グラム入り、三百九十八円)でまず導入する。

商品に記載してある同社のホームページ(http://www.tsuboichi.co/jp) に原料に使った三百弱の各茶葉について品種、生産者の住所、入札日、入札番号、加工量を記載する。

将来は使用農薬などの情報開示も検討する。

同商品はまず六万本を出荷。

消費者は商品に記載してある賞味期限で、自分が購入した商品の履歴がどれかわかる仕組み。

二月には第二弾の商品を発売する。

同社はお茶を年間約千トン出荷するが、このうち「鹿児島」 など産地を指定している商品は三-四%で十数品種ある。

「来年中には産地指定の全商品でトレーサビリティー(生産履歴の追跡)を導入する」(谷本順一専務) としている。


堺衆文化の会
こども食堂プロジェクト