お茶のつぼ市|お茶へのこだわり

目利きにあり

長年にわたる全国の産地との信頼関係・一括購入
創業から160年以上、変わることのないお茶づくりの姿勢。

幕末の嘉永3年(1850年)、今の堺市堺区南旅篭町で創業を迎え、昭和20年(1945年)戦災により高石市高師浜へ移転。現在に至るまで長年にわたりお茶の産地や生産者と直接向き合い、よい茶葉が仕入れられる信頼関係を築き上げてきました。産地の情報がすぐ分かり、嘘、偽りのない良質の茶葉が仕入れることができるのは、お茶づくりに真摯な姿勢で取り組んできた歴史の深さの賜物なのです。

「茶葉の仕入れは、社長の谷本みずからが茶園へ訪れ、目利き。
その中から品質に優れた納得のできる1番茶を中心に、1年間の製造に必要な量をまとめて買い付けます。中間コストを抑えながら、品質に優れた茶葉を適切な価格で買い付けするため、出来るだけ問屋を介さず農協や茶園からの直接買い付けを心がけています。

荒茶の仕入れ→仕上げから袋詰めまで一貫して自社加工

つぼ市味へのこだわり

職人技にあり!風味を引き出す
仕上げ 職人技にあり!風味を引き出す
仕上げ 熟成にあり!土蔵囲いによる
熟 成

つぼ市味へのこだわり

目利きにあり!優れた茶葉の
選 定

つぼ市味へのこだわり

目利きにあり!優れた茶葉の
選 定

堺衆文化の会
こども食堂プロジェクト